月曜日, 9月 26, 2022
ホームイベント障害を持った子どもたちにアートの機会を提供するEraflewが、10月9日から東京藝術大学の学生と子どもたちでアート共創プロジェクトを開始

障害を持った子どもたちにアートの機会を提供するEraflewが、10月9日から東京藝術大学の学生と子どもたちでアート共創プロジェクトを開始

パナソニックとロフトワーク、カフェカンパニーが運営する「未来をつくる実験区 100BANCH」で活動するEraflew(運営:株式会社エラフルー https://eraflew.co.jp/)は、10月9日(土)渋谷区千駄ヶ谷にて、〜障がい児×東京藝大生で共創アートをつくろう!!〜第一弾『段ボールタウンにえのぐをぶちまけろ!!』を開催します。

障害を持った子どもたちにアートの機会を提供するEraflewが、10月9日から東京藝術大学の学生と子どもたちでアート共創プロジェクトを開始のサブ画像1

Eraflewは生まれつき障害などのハンディキャップを患ったことによる「やりたくてもできない」を0にするということを目指し、障害を持った子供たちの障害を持っているが故にアトリエ教室でアートができないという課題に取り組んでいるプロジェクトです。

今回のイベントはその一環で、思うがままに絵を描いたり、絵の具をぶちまけたり、そんな「やりたくても家庭ではできない」ことができる場をアートイベントを通して提供します。

現代のコロナ禍で宅配の需要が伸びている中、大量に消費されている段ボール。そんな段ボールを再利用して作られたダンボールタウンを舞台に、障害を持ったお子さんには自由に落書きをしてもらいます。

そのカラフルにペイントされた素材を用いて、東京藝術大学の学生が段ボールアート作品を創作。子どもたちと藝大生の華麗なコラボ作品を作り出します。
 

  • イベント概要

『段ボールタウンにえのぐをぶちまけろ!!』

【日時】10月9日(土)10:00~18:00(各回1時間)

【会場】東京都渋谷区千駄ヶ谷1-7-4 ヒルトップスクエア千駄ヶ谷 地下1F

【参加料】お子様一人当たり2500円

【主催】株式会社エラフルー

【ご予約】https://forms.gle/KeoDdHD3uYHoB41Y8

◯イベントの流れ

STEP①:大人の背丈くらいのダンボールハウスが複数用意

障害を持った子どもたちにアートの機会を提供するEraflewが、10月9日から東京藝術大学の学生と子どもたちでアート共創プロジェクトを開始のサブ画像2

ダンボールを用いて、大人の背丈くらいのダンボールハウスを複数制作。子供達の目の前には、ダンボールによるミニチュアタウンが広がります。街のあちこちに落書きをしたい、巨人となって街に繰り出したい、そんな普通なら叶えられない夢を叶えられるイベントです。

STEP②:自由な感性でダンボールタウンに色を塗ろう

障害を持った子どもたちにアートの機会を提供するEraflewが、10月9日から東京藝術大学の学生と子どもたちでアート共創プロジェクトを開始のサブ画像3_イベント会場イベント会場

イベントを通して、思うがままに絵を描いたり、絵の具をぶちまけたり、そんな「やりたくても家庭ではできない」ことができる場を子供たちに提供します。

様々な画材(スプレー・ブラシ・ローラー・スポンジ・バケツ・毛糸・霧吹きなど)を用いることにより、常識に囚われない子供たちの感性を存分に発揮してもらえるよう計画しています。

STEP③:東京藝大生による共創

障害を持った子どもたちにアートの機会を提供するEraflewが、10月9日から東京藝術大学の学生と子どもたちでアート共創プロジェクトを開始のサブ画像4

東京藝術大学の学生が、子供たちによって作られた作品素材を一つの『芸術』へと昇華します。子供たちの自由な感性とプロ集団の技術が出会ったとき、どのような化学反応が生まれるのでしょうか。ぜひお楽しみに!

STEP④:展示

障害を持った子どもたちにアートの機会を提供するEraflewが、10月9日から東京藝術大学の学生と子どもたちでアート共創プロジェクトを開始のサブ画像5_展示会場展示会場

完成した作品はHIBICA神宮前にて一般公開。誰もが芸術に触れられる場を作り出します。
※詳細は弊社SNSにて告知 https://twitter.com/Eraflewinc
 

  • 株式会社エラフルーについて

障害を持った子どもたちにアートの機会を提供するEraflewが、10月9日から東京藝術大学の学生と子どもたちでアート共創プロジェクトを開始のサブ画像6

私たちが実現したい未来は、生まれつきハンディキャップを患ったことによる「やりたくてもできない」ことを0にすることです。

これは、障がい者のような生まれつきの先天的なハンディキャップを患ったことによって、ハンディキャップを患っていない人ができる選択を、障害を持つ子供も選択できるようにすることを意味します。

特別支援学校に通学する小学生もアトリエに行きたい、ディズニーで働きたい、地元の友達と遊びたいなど、「やりたい」ことはたくさんあります。しかし、先天性の障害を持って生まれたことにより、それらの選択を諦めざるを得ない状況がこの社会にはあります。

それらの障害を持って生まれたことによって、「やりたくてもできない」という状況を100年先には0にする未来を私たちの活動を通じて実現します。

公式サイト:http://eraflew.co.jp
Twitter:https://twitter.com/Eraflewinc
Instagram:https://instagram.com/eraflew.inc
 

  • 未来をつくる実験区「100BANCH」について

障害を持った子どもたちにアートの機会を提供するEraflewが、10月9日から東京藝術大学の学生と子どもたちでアート共創プロジェクトを開始のサブ画像7

「100年先の世界を豊かにするための実験区」というコンセプトのもとに、 これからの時代を担う若い世代とともに新しい価値の創造に取り組む活動です。 再開発の進む渋谷川沿いの倉庫を1棟リノベーションして作られた空間で、 1階はカフェ・カンパニーが企画・運営する未来に向け新たな食の体験を探求するカフェ「WIRED SHIBUYA」、 2階は35歳未満の若いリーダーのプロジェクトを推進するアクセラレーションプログラム「GARAGE program」などがメインで行われるワークスペース「GARAGE」、 3階はパナソニックが次の100年を創り出すための未来創造拠点であり、 夜や休日にはワークショップやイベント、ライブ配信が行われるコラボレーションスペース「LOFT」から構成されています。 

ホームページ: https://100banch.com/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments