日曜日, 9月 25, 2022
ホームイベント神戸ウォーターフロント アートプロジェクトが始動!神戸ポートタワー プロジェクションマッピング1月14日(金)より開始

神戸ウォーターフロント アートプロジェクトが始動!神戸ポートタワー プロジェクションマッピング1月14日(金)より開始

~高さは最大80m!港や鯉、アジサイなど神戸ゆかりのモチーフがキャンバスに見立てたタワーを彩る~

 神戸市と神戸ウォーターフロント開発機構は、神戸ポートタワーのリニューアルにあたり、神戸ウォーターフロントエリア全体の魅力を発信するために、2022年1月から2023年春にかけて神戸の街とアートを掛け合わせた「神戸ウォーターフロントエリアアートプロジェクト」を実施します。
 本プロジェクトの幕開けとして、神戸ポートタワーをアートのキャンバスに見立てたプロジェクションマッピングを
1月14日(金)より開催します。

神戸ウォーターフロント アートプロジェクトが始動!神戸ポートタワー プロジェクションマッピング1月14日(金)より開始のサブ画像1

  • 最大80m※のプロジェクションマッピングは迫力満点!

 待ち合わせする人、デートする人、散歩する人など神戸を行き交う様々な人達を、60年近く見守ってきた神戸の象徴ともいえるポートタワーを、アートのキャンバスに見立たプロジェクションマッピングを行います。
 第一弾のプロジェクションマッピングコンテンツは「One and only」と題して、神戸のアート性・多様性を表現します。市民の花 アジサイ、フィッシュ・ダンスの鯉、港や街並みなどの神戸ならではのシーンや、縦長の投影面を活かした高さ70mの巨大なマネキンが出現するなど、世界観が次々と変わるコンテンツとなります。映像制作はシムディレクト・タケナカが担当し、国内外で活躍する作家BAKIBAKIの伝統とストリートカルチャーの融合を体現した「BAKI柄」を加えたグラフィックシーンも登場予定です。
 プロジェクションマッピング以外にも、昼間はポートタワーの形状を活かしたグラフィック、夜間はライティングを実施し、リニューアル期のみに登場する様々な演出を楽しんて頂きます。
 約1年を通じて行うプロジェクションマッピング、第二弾以降のコンテンツにもご期待ください。

※2022年1月14日からの段階では投影面は高さ40m程度、2022年2月頃に高さ80m程度の投影範囲となる予定です。
 

  • プロジェクションマッピング概要

神戸ウォーターフロント アートプロジェクトが始動!神戸ポートタワー プロジェクションマッピング1月14日(金)より開始のサブ画像2

■プロジェクションマッピング実施概要
実施期間 :2022年1月14日(金)~2023年春(第1弾コンテンツ「One and only」は、2022年春まで)
投影時間 :19:00~22:00、毎時0分・30分の計7回、1回あたり約6分間
※足場ライトアップ時間は、日没~23:30

■シムディレクト・タケナカ プロフィール
シムディレクトは、1926 年から映写機メーカーとしてスタートしたタケナカから派生した企画・プロデュース集団。 シムディレクトのプロデュース力、タケナカの高度な映像技術力とコンテンツ制作力を掛け合わせ、 スペース価値創造を追及する、 Real & Virtual Experience Provider 。

■BAKIBAKI プロフィール
1978年大阪生まれ。 2003年京都市立芸術大学卒業。日本古来の文様をアップデートしたシグネチャーの『BAKI柄』は伝統とストリートカルチャーの融合を体現。その活動は壁画を軸に全国各地/世界13カ国でライブペインティングやワークショップを展開している。2021年より大阪・淀川区の壁画プロジェクト"淀壁"を発足、2025年の大阪万博に向けて地域活性化に注力している。http://bakibaking.com/
 

  • 神戸ウォーターフロント アートプロジェクトの今後

 神戸ポートタワーのリニューアルを契機に、2022年1月から2023年春にかけて街とアートを掛け合わせた「神戸ウォーターフロント アートプロジェクト」を実施します。
 本プロジェクトでは、神戸ポートタワーのプロジェクションマッピングだけでなく、今後、海外アーティストを起用した大規模アートイベントや、神戸在住の方々を巻き込んだ参加型アートイベントなどの様々な取り組みを行う予定です。

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments