土曜日, 2月 4, 2023
ホームイベント「IKERU NONOICHI 2022」11月11日(金)〜23日(水・祝)野々市市・北国街道周辺エリアで開催

「IKERU NONOICHI 2022」11月11日(金)〜23日(水・祝)野々市市・北国街道周辺エリアで開催

野々市の「歴史資源」「特産品」「災害時」「まちあるき」をクリエイティブにアップデート!

IKERU NONOICHI 実行委員会は、2022年11月11日(金)〜23日(水・祝)までの13日間、北国街道周辺エリアに新たな賑わいを創出するイベント「IKERU NONOICHI(イケル ノノイチ)2022」を開催します。

 

 「IKERU NONOICHI 2022」11月11日(金)〜23日(水・祝)野々市市・北国街道周辺エリアで開催のサブ画像1

「IKERU NONOICHI」は、「北国街道・野々市をIKERU(生ける・活ける・いける)」をコンセプトに2021年度に始動したプロジェクトです。第2回目となる今回は「歴史資源」「特産品」「災害時」「まち歩き」のアップデートがテーマ。歴史資源や公共施設等が集積する北国街道エリアを中心に、野々市の埋もれている地域資源や活動に光を当て、クリエイティブにアップデートして感性を刺激します。野々市に住まう人が地元の魅力を再発見でき、市外・県外の人々も「行ってみたい」「住んでみたい」と思えるような野々市を発信します。

 

  • IKERU NONOICHI 2022 開催概要

【タイトル】IKERU NONOICHI 2022
【テーマ】「歴史資源」「特産品」「災害時」「まちあるき」のアップデート
【会 期】2022年11月11日(金)~23日(水・祝)
【会 場】にぎわいの里ののいち カミーノ(石川県野々市市本町2-1-20)、国指定重要文化財 喜多家住宅(石川県野々市市本町3-8-11)、野々市市内の文化施設・協力店など
【IKERU公式サイト】https://ikeru.1no1nonoichi.com
【公式Instagram】https://www.instagram.com/ikerunonoichi
【主 催】(一社)野々市市観光物産協会
【共 催】IKERU NONOICHI 実行委員会、野々市市
【協賛・協力】(株)絹川商事、(株)チャンピオンカレー、(株)山岸建築設計事務所、中村酒造(株)、椿経友会、ボランティアガイドののいち里まち倶楽部、野々市市各種女性団体連絡協議会、野々市市商工会青年部、北国街道野々市の市実行委員会、(株)artness、おまめ舎、つきといと、(株)オリエンタルコンサルタンツ 等
【お問合せ】(一社)野々市市観光物産協会(IKERU NONOICHI実行委員会事務局)
TEL 076-248-7332  FAX 076-248-7316  info@nonoichi-kanko.jp

《4つの企画》

1.    歴史資源のアップデート:表出のかたち展
2.    特産品のアップデート:日本酒「猩々」と夜の特別展
3.    災害時のアップデート:ののいち湯気市(ゆげいち)
4.    まちあるきのアップデート:まちあるきデジタルスタンプラリー

※企画ごとに会場、開催日・期間が異なります
※新型コロナウイルスの感染拡大状況により、イベントの中止や内容を変更する場合があります。

 「IKERU NONOICHI 2022」11月11日(金)〜23日(水・祝)野々市市・北国街道周辺エリアで開催のサブ画像2_メイン会場の一つ、旧北国街道沿いにある「重要文化財 喜多家住宅」メイン会場の一つ、旧北国街道沿いにある「重要文化財 喜多家住宅」

 

  • IKERU NONOICHI 2022の見どころ

「IKERU NONOICHI 2022」は、「歴史資源」「特産品」「災害時」「まち歩き」をアップデートする4つの企画を実施します。
 

  • 1. 歴史資源のアップデート:表出のかたち展

北国街道・野々市宿の町並みに残る国指定重要文化財の「喜多家住宅」を会場に、10名の現代アート・工芸作家の作品を展示する展覧会です。建物は50年前まで酒造業を営んでいた重厚な商家の佇まいを今に伝え、2022年には酒蔵に残っていた酵母を頼りにかつて醸されていた日本酒が復刻されました。本展はその酵母のエピソードに着想を得て、事物や感情の変化を表現のテーマに活動する作家の作品を集めました。タイトルの「表出」には、物の内部、心の内面にあるものが、外に現れ出てくるという意味があります。ひっそりと残っていた酵母が日本酒を復活させたように、<表出のかたち展>は私たちを取り巻く今の状況から、改めて生命の輝きを捉え直すことを目指します。

表出のかたち展

【開催日】2022年11月11日(金)~23日(水・祝)
【時 間】9:30~16:30(最終入場16:00)
【会 場】国指定重要文化財 喜多家住宅(石川県野々市市本町3-8-11)
【料 金】入館料+アート鑑賞 大人1,000円(前売800円)、中高生500円、小学生以下無料
【出展作家】⻘⽊千絵、梶浦聖⼦、⽊⾕洋、クニト、國政サトシ、五⽉⼥晴佳、⾼橋直宏、⾕⼝智美、津守秀憲、平⽥昌輝(五⼗⾳順)
【キュレーター】高山健太郎(株式会社artness)

 「IKERU NONOICHI 2022」11月11日(金)〜23日(水・祝)野々市市・北国街道周辺エリアで開催のサブ画像3_(左から)青木千絵、國政サトシ、五月女晴佳、津守秀憲(左から)青木千絵、國政サトシ、五月女晴佳、津守秀憲

 「IKERU NONOICHI 2022」11月11日(金)〜23日(水・祝)野々市市・北国街道周辺エリアで開催のサブ画像4_(左)梶浦聖子、(中央)木谷洋、(右)クニト(左)梶浦聖子、(中央)木谷洋、(右)クニト

 「IKERU NONOICHI 2022」11月11日(金)〜23日(水・祝)野々市市・北国街道周辺エリアで開催のサブ画像5_(左)高橋直宏、(中央)谷口智美、(右)平田昌輝(左)高橋直宏、(中央)谷口智美、(右)平田昌輝

 

  • 2. 特産品のアップデート:日本酒「猩々」と夜の特別展

北国街道にぎわい創出プロジェクトにより、2022年に約半世紀ぶりに復活した日本酒「猩々(しょうじょう)」を楽しむ<日本酒「猩々」と夜の特別展>を11月11日(金)〜13日(日)の3夜限定で開催します。会場は「表出のかたち展」を開催中の国指定重要文化財「喜多家住宅」。3日間だけ開館時間を延長し、夜のアート鑑賞と作家・キュレーターによる作品解説、酒蔵当時の面影を残す土間空間での角打ち(酒屋の店頭で酒を飲む)スタイルで日本酒「猩々」と特製おつまみのペアリングをお楽しみいただきます。アペロ(食前酒)の後は、魅力的な飲食店が揃う野々市の街中へ出かけるのもおすすめです。

日本酒「猩々」と夜の特別展

【開催日】2022年11月11日(金)~13日(日)17:00〜20:00
【時 間】(1)17:00~18:30、(2)18:30~20:00(入場時間別の予約制、各回15名)
【会 場】国指定重要文化財 喜多家住宅(石川県野々市市本町3-8-11)
【料 金】2,000円(入館料+アート鑑賞+日本酒「猩々」・おつまみ付き)
【予 約】オンライン(Peatix)、電話でご予約ください
オンライン予約 >> https://ikeru-sake.peatix.com/view
TEL 076-248-7332(一社)野々市市観光物産協会(9:00-17:00、担当:中川)
【協 力】 中村酒造(株)、割烹 みや川 等

※日本酒「猩々」300mLボトルを1人1本ご用意
※お酒・おつまみは会場での飲食も、お土産としてお持ち帰りもできます
※参加は20歳以上の方に限ります
※お酒を飲まれる方のお車でのご来場はお断り致します
(ハンドルキーパー・運転代行、お酒の持ち帰りなどをご利用ください)
※新型コロナウイルス感染防止対策のため各回15名までの入場制限・予約制で開催します
(各回の定員に余裕があれば当日参加も受け付けます)
※詳細はチケット予約サイトをご覧ください

 「IKERU NONOICHI 2022」11月11日(金)〜23日(水・祝)野々市市・北国街道周辺エリアで開催のサブ画像6_復活した日本酒「猩々」を「喜多家住宅」でアートとともに楽しむ夕べ復活した日本酒「猩々」を「喜多家住宅」でアートとともに楽しむ夕べ

日本酒「猩々」について

国指定重要文化財の喜多家住宅の建物から、石川県立大学が酵母を採取・培養し、中村酒造株式会社が野々市の水、野々市でとれた酒米「五百万石」を使って仕込んだ日本酒です。喜多家は江戸末期から酒造業を営み、白山の伏流水を使う「猩々」は地元で広く愛されていましたが、大手メーカーとの競争激化に伴い1975年(昭和50年)頃に生産を終了し、酒造業も廃業。約半世紀ぶりに産学官の連携で復活した「猩々」は、純米酒ながら精米歩合を低くした仕様で純米吟醸酒に近い、すっきりとした飲みやすい味わいです。

 「IKERU NONOICHI 2022」11月11日(金)〜23日(水・祝)野々市市・北国街道周辺エリアで開催のサブ画像7_(左)座敷、(中央)板敷のオエの間と奥の酒造場へ続く土間、(右)酒造場(左)座敷、(中央)板敷のオエの間と奥の酒造場へ続く土間、(右)酒造場

 

  • 3. 災害時のアップデート:ののいち湯気市(ゆげいち)

思いがけず起こる地震や水害などの災害に備え、いざという時に少しでも心の余裕が持てるように、防災訓練はとても大切です。「IKERU NONOICHI 2022」では、<ののいち湯気市>と題し、温かい湯気が上がる豚汁の炊き出し(無料ふるまい)、薪割りと焚き火、地震体験車・給水車・仮設段ボールベッドなどの見学・体験、防災グッズの販売など、大人も子どもも気軽に参加できる防災イベントを実施。市民が主体となり、災害時の生活を助ける防災体験を通して、非常時でも豊かさを失わない、安心して住みやすい、野々市のアップデートを図ります。無料の炊き出しと、キッチンカーなどによる有料販売で温かい食事や飲み物も楽しめます。

ののいち湯気市(ゆげいち)

【開催日】2022年11月19日(土)・20日(日)
【時 間】11:00〜16:00
【会 場】にぎわいの里ののいち カミーノ(石川県野々市市本町2-1-20)
【料 金】入場無料 ※豚汁の無料ふるまい ※ハイゼックス炊飯体験(レトルトパウチ付き)500円
【協 力】 無印良品 野々市明倫通り、野々市市商工会青年部、(株)米屋、(株)チャンピオンカレー、NHK金沢放送局、(株)BSAウッドペッカー、金沢工業大学 防災・減災プロジェクトSoRA、NPO法人 石川県救助犬協会連合会、野々市市 等
【体験・展示】ハイゼックス炊飯、手作り防災グッズ、給水車、段ボールベッド 等
【飲食・物販】無印良品(防災グッズ)、&sand(キッチンカー)、つるぎ 蛸佐ん(たこ焼き)、鳥串たまや(焼き鳥)六星(みたらし団子)、HUG mitten WORKS(チャイ、マフィン、ベーグル)、ひらみゆき農園(キッチンカー) 等

 「IKERU NONOICHI 2022」11月11日(金)〜23日(水・祝)野々市市・北国街道周辺エリアで開催のサブ画像8_災害時に役立つ防災グッズやアウトドア術、炊き出しなどを体験災害時に役立つ防災グッズやアウトドア術、炊き出しなどを体験

 

  • 4. まちあるきのアップデート:まちあるきデジタルスタンプラリー

日常を楽しむ<IKERU暮らしのスタンプラリー>、非日常を楽しむ<IKERU NONOICHI 2022デジタルスタンプラリー>の2つのスタンプラリーを実施します。デジタルスタンプラリーには、観光プラットフォームアプリ「ののぷらっと」を使用します。「IKERU NONOICHI 2022」の情報や野々市の暮らしが楽しくなる情報も配信予定です。

 

◆IKERU暮らしのスタンプラリー

 「IKERU NONOICHI 2022」11月11日(金)〜23日(水・祝)野々市市・北国街道周辺エリアで開催のサブ画像9_デジタルスタンプラリーは専用アプリを無料ダウンロードしてくださいデジタルスタンプラリーは専用アプリを無料ダウンロードしてください

Instagramで紹介するおすすめスポットを巡る、野々市での暮らしを楽しむスタンプラリーです。おすすめスポット4ヶ所以上をコンプリートされた方には、野々市にちなんだ景品をプレゼントします。

【開催日】2022年11月1日(火)〜30日(水)
【時 間】時間指定なし
【スポット】野々市のおすすめ施設・店舗など6〜9件予定
公式Instagramでスポットの魅力を紹介します https://www.instagram.com/ikerunonoichi
【アプリ】「ののぷらっと」をダウンロードしてください

◆IKERU NONOICHI 2022スタンプラリー

<表出のかたち展> <日本酒「猩々」と夜の特別展> <ののいち湯気市>の3つの企画を巡る、新しい野々市を体感するスタンプラリー。2つ以上のイベントに参加してコンプリートされた方には、IKERU NONOICHIにちなんだ景品をプレゼントします。

【スポット】

<表出のかたち展>

【期 間】2022年11月11日(金)〜23日(水・祝)9:30〜16:30(最終入場16:00)
【会 場】国指定重要文化財 喜多家住宅(石川県野々市市本町3-8-11)

<日本酒「猩々」と夜の特別展>

【期 間】2022年11月11日(金)〜13日(日)17:00〜20:00(入場時間別の予約制)
【会 場】国指定重要文化財 喜多家住宅(石川県野々市市本町3-8-11)

<ののいち湯気市>

【期 間】2022年11月19日(土)・20日(日)11:00〜16:00
【会 場】にぎわいの里ののいち カミーノ(石川県野々市市本町2-1-20)
【アプリ】「ののぷらっと」をダウンロードしてください

「ののぷらっと」ダウンロード >>

iPhone https://applion.jp/iphone/app/1577327965
アンドロイド https://applion.jp/android/app/com.co.rands.purari.nonoichicity
※アプリのダウンロードは無料です
※スタンプラリーは各会場でQRコードの読み取りが必要です
 

  • 広報画像について

プレスリリースに掲載された画像を広報用にご提供いたします。
高解像度の画像をご希望の方は野々市市観光物産協会までお問い合わせください。
 

  • 記者発表・内覧会

11月10日(木)に記者発表会と内覧会(招待)を開催し、<表出のかたち展><日本酒「猩々」と夜の特別展>をご案内します。取材に関するお問い合わせは、野々市市観光物産協会までお問い合わせください。

【日 時】11月10日(木)記者発表会15:30〜、内覧会16:00〜
【会 場】国指定重要文化財 喜多家住宅
【お問合せ】(一社)野々市市観光物産協会(IKERU NONOICHI実行委員会事務局)担当:中川
TEL 076-248-7332  FAX 076-248-7316  info@nonoichi-kanko.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments