土曜日, 12月 10, 2022
ホームイベント【7/16開幕!愛知・瀬戸】国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業/特別展「ホモ・ファーベルの断片 ―人とものづくりの未来―」

【7/16開幕!愛知・瀬戸】国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業/特別展「ホモ・ファーベルの断片 ―人とものづくりの未来―」

2022年7月16日(土)~10月2日(日) 愛知県陶磁美術館で開催!

素材・技・記憶から紡ぎ出される「東海陶芸の現在」を見よ

 

  • 気鋭の作家36名による、東海地域の大規模な現代陶芸展!

【7/16開幕!愛知・瀬戸】国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業/特別展「ホモ・ファーベルの断片 ―人とものづくりの未来―」のサブ画像1

 フランスの哲学者アンリ=ルイ・ベルクソンは、道具のための道具を製作すること、あるいはその製作に変化をこらしていく能力(創造性)が人の知性の本質であると指摘し、創造性をもつ人をホモ・ファーベル(工作人)と定義しました。

 やきものはその原初を辿れば、人が知性の本質に従って創造した道具であり、今なお人の営みにあわせてつくり続けられています。なかでも現代陶芸は、作り手の自由な意思行為にもとづく造形として展開され、時代を映す多様なあり方を示していることから、「ホモ・ファーベルの断片」として捉えることができます。

 東海地域には豊富な天然資源があり、ありとあらゆるやきものをつくり出して人々のくらしを密に支えてきました。本展では人の創造性をテーマに、創造の前提となる「素材」、培われてきた「技」、形成されてきた「場」に焦点を当てます。この3つの観点から、当地域の現代陶芸を紹介し、人とものづくりの関係性を再考します。

【詳細URL:https://www.pref.aichi.jp/touji/exhibition/2022/t_homofaber/index.html
 

  • 国際芸術祭「あいち2022」と同時期開催の連携企画事業。イベントには片岡真実監督も出演!

 本展は愛知県の誇る歴史、地場産業、伝統文化の再発見をコンセプトの一つに掲げている国際芸術祭「あいち2022」と同時期に開催し、この地域の陶磁文化を国内外に発信していきます。
 7月16日(土)13時からの記念シンポジウムには、7月30日(土)の開幕が迫る国際芸術祭「あいち2022」の芸術監督である片岡真実氏も出演いたします。

■記念シンポジウム


パネラー:
 片岡真実氏(森美術館館長/国際芸術祭「あいち2022」芸術監督)
 内田鋼一氏(陶芸家/造形作家/アートディレクター、本展参加作家)
 佐藤一信(愛知県陶磁美術館館長)
日時:7月16日(土) 午後1時から午後2時30分まで
会場:本館地下1階講堂
定員:100名(事前申込不要、当日先着順、聴講無料)
 

  • 主な展示作品

■第Ⅰ章 「創造の源泉 ―素材―」

やきものづくりの原点となる素材(土・釉薬・焼成)の観点から9名の作家を紹介します。
植松永次 奥直子 加藤清之 桑田卓郎 柴田眞理子 田中陽子 田中良和 横田典子 吉川正道 渡邉太一郎

【7/16開幕!愛知・瀬戸】国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業/特別展「ホモ・ファーベルの断片 ―人とものづくりの未来―」のサブ画像2_《Untitled》 桑田卓郎 2016 ©TakuroKuwata《Untitled》 桑田卓郎 2016 ©TakuroKuwata

【7/16開幕!愛知・瀬戸】国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業/特別展「ホモ・ファーベルの断片 ―人とものづくりの未来―」のサブ画像3_田中良和 《Seinan》 2020年 撮影/野田耕一 「ヤモリ・プロジェクト#2 in 瀬戸」より田中良和 《Seinan》 2020年 撮影/野田耕一 「ヤモリ・プロジェクト#2 in 瀬戸」より

【7/16開幕!愛知・瀬戸】国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業/特別展「ホモ・ファーベルの断片 ―人とものづくりの未来―」のサブ画像4_奥 直子 《ぬえ》(部分) 2021年奥 直子 《ぬえ》(部分) 2021年

 

 

【7/16開幕!愛知・瀬戸】国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業/特別展「ホモ・ファーベルの断片 ―人とものづくりの未来―」のサブ画像5_横田典子 《ツチ・ビト―輪―》 2021年 撮影/横山将基横田典子 《ツチ・ビト―輪―》 2021年 撮影/横山将基

■第Ⅱ章 「 ars (アルス) ―技法/技術―」

東海地域に根ざす技法、あるいは先端の技術という観点から16名の作家を紹介します。
伊藤雅風 伊藤秀人 井戸真伸 小形こず恵 加藤孝造 清水潤 鈴木藏 鈴木徹 田上知之介 樽田裕史 長江重和 林恭助 前田正剛 水野教雄 森克徳 山浦陽介

【7/16開幕!愛知・瀬戸】国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業/特別展「ホモ・ファーベルの断片 ―人とものづくりの未来―」のサブ画像6_《霧染鉢「酔芙蓉」》 小形こず恵 2019 写真:大石智久《霧染鉢「酔芙蓉」》 小形こず恵 2019 写真:大石智久

 

 

【7/16開幕!愛知・瀬戸】国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業/特別展「ホモ・ファーベルの断片 ―人とものづくりの未来―」のサブ画像7_井戸真伸 《hanahana》 2005年デザイン 撮影/浅井美光井戸真伸 《hanahana》 2005年デザイン 撮影/浅井美光

 

【7/16開幕!愛知・瀬戸】国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業/特別展「ホモ・ファーベルの断片 ―人とものづくりの未来―」のサブ画像8_伊藤雅風 《黒泥 茶銚》 2020年伊藤雅風 《黒泥 茶銚》 2020年

 

【7/16開幕!愛知・瀬戸】国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業/特別展「ホモ・ファーベルの断片 ―人とものづくりの未来―」のサブ画像9_前田正剛 《鉄絵掛分釉描花生「食物連鎖」》 2022年前田正剛 《鉄絵掛分釉描花生「食物連鎖」》 2022年

【7/16開幕!愛知・瀬戸】国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業/特別展「ホモ・ファーベルの断片 ―人とものづくりの未来―」のサブ画像10_山浦陽介 《白尖》 2020年山浦陽介 《白尖》 2020年

■第Ⅲ章 「場 ―記憶/原風景―」

人々が集うことで形成されてきた「場」や、場に刻まれた「記憶原風景」に着目し、11名の作家を紹介します。
安藤正子 伊藤慶二 岩村遠 内田鋼一 川田知志 酒井智也 戸田守宣 中田ナオト 松永圭太 松藤孝一

【7/16開幕!愛知・瀬戸】国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業/特別展「ホモ・ファーベルの断片 ―人とものづくりの未来―」のサブ画像11_安藤正子 《パイナップルⅡ》 2020年 撮影/城戸 保安藤正子 《パイナップルⅡ》 2020年 撮影/城戸 保

【7/16開幕!愛知・瀬戸】国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業/特別展「ホモ・ファーベルの断片 ―人とものづくりの未来―」のサブ画像12_酒井智也 《Re Collection series》 2021年酒井智也 《Re Collection series》 2021年

 

 

【7/16開幕!愛知・瀬戸】国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業/特別展「ホモ・ファーベルの断片 ―人とものづくりの未来―」のサブ画像13_川田知志 《瀬戸風景2022》 2022年 協力/株式会社エクシィズ、杉浦製陶株式会社  ※現在制作中!川田知志 《瀬戸風景2022》 2022年 協力/株式会社エクシィズ、杉浦製陶株式会社 ※現在制作中!

 

  • 開催概要

展覧会名:国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業/特別展「ホモ・ファーベルの断片 ―人とものづくりの未来―」
会期:2022年7月16日(土)~10月2日(日)
会場:愛知県陶磁美術館 本館1階 第1・第2・第7・第8展示室、南館、古窯館、芝生広場
休館日:毎週月曜日(ただし7月18日(月・祝)、9月19日(月・祝)は開館、7月19日(火)、9月20日(火)は休館)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
※ただし、7月16日(土)は開会式のため、本館の観覧は午前11時から
観覧料:一般 900円(720円)、高大生 700円(560円)
*( )内は20名以上の団体料金
* 中学生以下無料
国際芸術祭「あいち2022」現代美術展チケット(1DAYパス、フリーパスいずれも可)を持参の方は、本展の観覧料が100円引きとなります。また、本展の使用済観覧券を国際芸術祭の各会場にある直営チケット売場等でご提示の場合に限り、 国際芸術祭「あいち2022」現代美術展の会期中販売券が100円引きとなります。
そのほか、各種割引制度があります。詳細は県陶磁美術館の公式Webページでご確認又はお問合せください。
https://www.pref.aichi.jp/touji/use_guidance/

主催:愛知県陶磁美術館、中日新聞社
後援:愛知県教育委員会、愛知高速交通株式会社(リニモ)
助成:一般財団法人地域創造、公益財団法人アイスタイル芸術スポーツ振興財団
協力:株式会社エクシィズ、杉浦製陶株式会社
HP:https://www.pref.aichi.jp/touji/exhibition/2022/t_homofaber/index.html
 

  • お問い合わせ

愛知県陶磁美術館 学芸課
〒489-0965 愛知県瀬戸市南山口町234番地
TEL : 0561-84-7474 FAX : 0561-84-4932
担当:入澤聖明、佐久間真子

  • ご掲載に関するお願い

本プレスリリースに掲載の画像は、かならずキャプションを添えてご利用ください。また、報道機関の方向けに、高精細の広報用の画像をご用意しております。ご希望の方は、上記担当までお問い合わせください。

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments