火曜日, 10月 4, 2022
ホーム商品サービス【YUGEN Gallery】墨絵アーティスト・西元祐貴 国内初となる公式墨絵ジークレー作品をオンライン販売開始

【YUGEN Gallery】墨絵アーティスト・西元祐貴 国内初となる公式墨絵ジークレー作品をオンライン販売開始

武士や馬などの人気モチーフを数量限定・マルチサイズで販売

株式会社ジーン(本社:東京、代表取締役社長:林田洋明、以下当社)は、現代アート作品を取り扱うギャラリー「YUGEN Gallery」(https://yugen-gallery.com/ )の公式サイトにて墨絵アーティスト・西元祐貴の公式墨絵ジークレー作品を販売開始いたします。

【YUGEN Gallery】墨絵アーティスト・西元祐貴 国内初となる公式墨絵ジークレー作品をオンライン販売開始のサブ画像1

 

YUGEN Galleryにて2022年5月11日(水)〜2022年5月16日(月)の期間に開催され、大盛況のうちに終了した西元祐貴の展覧会“飛墨 HISUMI”。

そこで展示された作品のほか、期間中にVIP限定で開催されたライブペイントで描かれた墨絵作品「無限龍」など、新たに描き下ろした新作を含む全12点の墨絵ジークレー作品を、2022年7月6日(水)よりYUGEN Gallery公式サイトにて販売を開始しました。

今回販売される墨絵ジークレー作品(アーティスト公式認定)は、YUGEN Galleryでの独占販売となります。
展覧会開催期間中にお越し頂いた方やお越し頂けなかった方、全ての方がオンラインギャラリー上で作品を鑑賞・購入して頂くことが可能です。
 

  • 現代の墨絵アーティスト・西元祐貴の作品がついに販売開始

これまで美術館や展覧会でしか鑑賞することができなかった、西元祐貴の墨絵作品を今回、YUGEN Galleryにてアーティスト公認のジークレー作品として数量限定で販売開始いたします。

西元祐貴自身が監修・署名した、最高級素材によるミュージアムクオリティの作品を所有することができるようになりました。ぜひ、この機会に、ご自宅やオフィス、公共施設などの身近な場所で西元祐貴作品の持つエネルギーを感じてください。
 

  • 本物の”存在感”を忠実に再現したジークレー作品

今回、販売される作品は「ジークレー(Giclee)」と呼ばれる最新の複製技術で制作されています。作品原本のデジタルデータを最高品質の和紙に高精細かつ広色域で再現。本物の墨絵が持つ深い陰影・濃淡を余すことなく感じることができます。また保存性の高さも特長で、良好な環境であれば100年以上に渡り品質を維持することができます。アーティスト自身が監修を行い、プリント技術者と共同で作品として仕上げた逸品です。
 

  • 美麗な額装とマルチサイズでのご提供

【YUGEN Gallery】墨絵アーティスト・西元祐貴 国内初となる公式墨絵ジークレー作品をオンライン販売開始のサブ画像2_※ 左から時計回りに「大」「中」「小」「中・アブストラクト」※身長160cm(女性)、身長175cm(男性)※ 左から時計回りに「大」「中」「小」「中・アブストラクト」※身長160cm(女性)、身長175cm(男性)

販売するジークレー作品は、それぞれ格調高い額装を施した形でご提供いたします。熟練のクラフトマンが1点ずつ手作業で仕上げ、裏面には西元祐貴自身による直筆の署名が入ります。サイズは最大で3つのバリエーションから選ぶことができます。飾るシチュエーションに最適なサイズをお選びください。
 

【YUGEN Gallery】墨絵アーティスト・西元祐貴 国内初となる公式墨絵ジークレー作品をオンライン販売開始のサブ画像3_※ 左から「大」フレーム、「中・小」フレーム、「中・アブストラクト」フレーム、西元祐貴・直筆署名※ 左から「大」フレーム、「中・小」フレーム、「中・アブストラクト」フレーム、西元祐貴・直筆署名

<墨絵作品サイズ>

大サイズ 縦168.5 cm x 横113.5cm/約12.8kg
中サイズ 縦84.1cm × 横59.4cm/約9.7kg
小サイズ 縦42cm × 横29.7cm/約3.8kg

<墨絵作品サイズ・アブストラクト作品>

中サイズ 縦84.1cm × 横59.4cm/3.7kg

※上記サイズは墨絵部分のサイズです。
※上記サイズは縦長の作品の場合です。横長の作品の場合、縦横のサイズが入れ替わります。
※作品ごとに選べるサイズが異なりますのでご注意ください。
 

  • 販売作品ハイライト

 

【YUGEN Gallery】墨絵アーティスト・西元祐貴 国内初となる公式墨絵ジークレー作品をオンライン販売開始のサブ画像4_■  MUSASHI(2022)■ MUSASHI(2022)

【YUGEN Gallery】墨絵アーティスト・西元祐貴 国内初となる公式墨絵ジークレー作品をオンライン販売開始のサブ画像5_■  雲龍(2017)■ 雲龍(2017)

【YUGEN Gallery】墨絵アーティスト・西元祐貴 国内初となる公式墨絵ジークレー作品をオンライン販売開始のサブ画像6_■  馬(2022)■ 馬(2022)

【YUGEN Gallery】墨絵アーティスト・西元祐貴 国内初となる公式墨絵ジークレー作品をオンライン販売開始のサブ画像7_■  侍(2022)■ 侍(2022)

 

  • ご購入について

下記の西元祐貴・作品販売ページよりご購入いただけます。

お支払い方法は、クレジットカード、銀行振込、分割払い(提携クレジット会社)をお選びいただけます。詳しくは下記ページをご参照ください。

西元祐貴・作品販売ページ

https://yugen-gallery.com/ja/exhibition/yukinishimoto-hisumi/
 

  • 西元祐貴について

【YUGEN Gallery】墨絵アーティスト・西元祐貴 国内初となる公式墨絵ジークレー作品をオンライン販売開始のサブ画像8

西元祐貴は、いま国内外で最も注目を集める墨絵アーティストです。伝統的な技法に捕われず、大胆さと繊細さを持ち合わせたタッチで「躍動感」「力強さ」を追求した作品を展開しており、龍や侍などの古典的なモチーフから、スポーツ選手やミュージシャンなどの斬新なモチーフを描いています。

全国の美術館や展覧会での作品発表のほか、昨年は東京2020パラリンピック公式プログラムやNHK紅白歌合戦での舞台背景など、様々な分野とのコラボレーションなど、型に嵌らない活動スタイルで世界を舞台に活躍中です。
 

  • YUGEN Galleryについて

【YUGEN Gallery】墨絵アーティスト・西元祐貴 国内初となる公式墨絵ジークレー作品をオンライン販売開始のサブ画像9

株式会社ジーンの運営する現代アートギャラリーです。当社オフィスに併設されるオフラインギャラリーとオンラインギャラリー(公式サイト)から構成され、現代アートの販売・プロモーションを実施するためのプラットフォームとして機能します。オンラインギャラリーについては、日本語、英語、中国語のマルチリンガルに順次対応予定となっており、国内現代アート作品・作家のプロモーション、作品販売をグローバルに展開してまいります。

【YUGEN Gallery 概要】

■名称   :YUGEN Gallery(読み:ユーゲンギャラリー)
■住所   :東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル3F(株式会社ジーン併設)
■開館日  :不定期(展覧会開催期間のみ)
■開館時間 :平日14時〜19時/土日祝13時〜19時
展覧会により異なる場合があります
■公式サイト: https://yugen-gallery.com
■公式SNS:
Twitter: https://twitter.com/YUGEN_Gallery
Instagram: https://www.instagram.com/yugengallery.tokyo
Facebook: https://www.facebook.com/yugengallery.tokyo
 

  • 株式会社ジーンについて

【YUGEN Gallery】墨絵アーティスト・西元祐貴 国内初となる公式墨絵ジークレー作品をオンライン販売開始のサブ画像10

当社はインターネット広告を活用したデジタルマーケティング支援、各種コンサルティングサービスの提供のほか、現代アートギャラリー「YUGEN Gallery」の運営、湘南エリアの情報サイト「湘南人」などのメディア運営、出版事業(ジーンブックス)を行っています。

【株式会社ジーン 企業概要】

■代表者  :代表取締役 林田洋明
■設立   :2016年12月8日
■決算期  :6月
■資本金  :1億円(2021年10月現在/資本準備金含む)
■売上高  :15億7,600万円(2021年6月期)
■公式サイト:https://jeane.jp/
■公式SNS:
Twitter: https://twitter.com/jeaneinc
Instagram: https://www.instagram.com/jeaneincjp
Facebook: https://www.facebook.com/jeaneincjp
■所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-19
東建インターナショナルビル3F
■問い合わせ先:
メール:info@jeane.jp
電話:03-6380-6165
FAX:03-6380-6215
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments