日曜日, 9月 25, 2022
ホームイベント「新しい年をイロトリドリの希望で灯す 年越し曼荼羅アート展」

「新しい年をイロトリドリの希望で灯す 年越し曼荼羅アート展」

2021年最後の糸かけ曼荼羅アートイベント開催!

年末をアートとともに過ごすイベント「新しい年をイロトリドリの希望で灯す 年越し曼荼羅アート展」を12月30日と31日の両日、東京・日本橋のCOREDO室町3で開催します。糸かけ曼荼羅アートの展示・販売、ワークショップ、他ジャンルのアーティストとのコラボレーションやパフォーマンスなど多岐にわたる内容で、充実した1日をお過ごしいただけます。
入場料は前売券500円、当日券700円。オリジナルのマスクをプレゼントいたします。

「新しい年をイロトリドリの希望で灯す 年越し曼荼羅アート展」のサブ画像1

一般社団法人 糸かけ曼荼羅協会(代表理事:吉川あい子)では、12月30日(木)〜31日(金)に東京・日本橋「COREDO室町3」の橋楽亭にて、年越し曼荼羅アート展を開催いたします。

「糸かけ曼荼羅」というまだまだ新しいジャンルのアートを軸に、さまざまなアートとのコラボレーション、108本の釘にリレー方式で糸をかけていく年越し曼荼羅マラソン、ワークショップ、作品や関連グッズの展示・販売など、さまざまな形で糸かけ曼荼羅に触れていただくとともに、それぞれが十人十色の希望を持って新しい年を迎えていただくモチベーションとなるイベントです。

文化庁 ARTS for the future!

「新しい年をイロトリドリの希望で灯す 年越し曼荼羅アート展」のサブ画像2

■日程
12月30日(木)〜31日(金)
11:00〜19:00(両日)

■会場
橋楽亭/囲案
東京都中央区日本橋室町1丁目5−5 COREDO室町3 3階
(アクセス)
・東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅直結
・JR総武線・横須賀線「新日本橋」駅直結
・東京駅からも徒歩圏内

■入場料
・前売券 500円 ※曼荼羅マスクおみやげ付
・当日券 700円 ※曼荼羅マスクおみやげ付(なくなり次第終了)
・小学生以下無料
・障害者手帳のご提示でご本人様無料

■チケット販売サイト
https://toshikoshi-mandala.peatix.com

■内容
・糸かけ曼荼羅アート展示・販売
・108ピン年越し曼荼羅マラソン(参加無料)
・ワークショップ(参加費8,000円)曼荼羅キーホルダー、曼荼羅バッグチャーム ※最終受付15:00

・アートパフォーマンス

「新しい年をイロトリドリの希望で灯す 年越し曼荼羅アート展」のサブ画像3_ワークショップで作る曼荼羅キーホルダーワークショップで作る曼荼羅キーホルダー

 

■参加アーティスト
・展示作品 協会公認インストラクター
・デコレーション 1/16 じゅうろくぶんのいち、白鳥紗也子(両日)
・LIVE演奏 カムアシビ(31日13:00予定)
・野菜曼荼羅室礼 林 聖子(30日11:30、31日16:30)
・書道パフォーマンス 北村 多加(30日14:30、31日11:30)
・曼荼羅染め HIMALAI(両日)
・DJ NaosisoaN イベントオリジナル音楽

「新しい年をイロトリドリの希望で灯す 年越し曼荼羅アート展」のサブ画像4

 

 

[糸かけ曼荼羅とは]
板に釘を打ち、その釘に色とりどりの糸をかけると、さまざまな幾何学模様やモチーフが浮かび上がってきます。
2010年代半ばから注目を集め始めた、まだまだ新しいジャンルのアートです。

「新しい年をイロトリドリの希望で灯す 年越し曼荼羅アート展」のサブ画像5

[一般社団法人糸かけ曼荼羅協会]
2017年、糸かけ曼荼羅普及を目的に設立。インストラクターの育成、材料の開発・販売、ワークショップやカルチャースクールでの開講、活動の一環として書籍『いろを楽しむ糸かけ曼荼羅』をトランスワールドジャパンより発刊。2021年には知育にも力を入れ、「九九かけ曼荼羅」も開発・発売。アートである糸かけ曼荼羅の普及活動とともに、さまざまな分野での活用も模索中。

「新しい年をイロトリドリの希望で灯す 年越し曼荼羅アート展」のサブ画像6

■本件に関するお問い合わせ
一般社団法人 糸かけ曼荼羅協会
contact@itokake-mandala.com

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments