木曜日, 9月 29, 2022
ホームイベント松竹が手がける芸術祭「アートコネクト東銀座」展示企画 第二弾 プロジェクションマッピングのプレミア上映会が12月20日(月)に開催決定!

松竹が手がける芸術祭「アートコネクト東銀座」展示企画 第二弾 プロジェクションマッピングのプレミア上映会が12月20日(月)に開催決定!

巨大造形アーティスト・三橋玄による空中に浮かぶ全長約7mの竹アートに映し出す、クリエイティブカンパニーCOLORs CREATIONの光と和の映像美がついに解禁!

松竹株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 迫本 淳一)が運営する東銀座エリアマネジメントプロジェクトは、銀座松竹スクエアにて開催中の「アートコネクト東銀座」において、展示企画第二弾・プロジェクションマッピングインスタレーション「月の音 風の光」のプレミア上映会を12月20日(月)17:00に開催する運びとなりました。プレミア上映会では、本作品の初回上映のほか、作品の音楽に使われた和楽器の生演奏が楽しめる、初日限りの「オープニングスペシャルセレモニー」や、特別な飲食ブースを展開します(観覧無料・一般参加可)

松竹が手がける芸術祭「アートコネクト東銀座」展示企画 第二弾 プロジェクションマッピングのプレミア上映会が12月20日(月)に開催決定!のサブ画像1_プロジェクションマッピング 展示イメージプロジェクションマッピング 展示イメージ

竹を使って巨大造形を作る三橋玄(ミツハシ ゲン)と、国内外でプロジェクションマッピングの企画演出を手掛けてきたCOLORs CREATIONのクリエイティブディレクター・石多未知行(イシタ ミチユキ)が、本作品で初のコラボレーション。宙に浮かぶ、全長約7mの巨大な竹アートのスクリーンに、東銀座の魅力である歴史や文化、和をモチーフにしたオリジナルの映像作品が映し出されます。

◆作品紹介
<タイトル>
プロジェクションマッピングインスタレーション「月の音 風の光」

<アーティスト>
COLORs CREATION × 三橋 玄

<展示日時>
2021年12月20日(月)〜28日(火) 毎日17:00〜21:00 
※時間内常設上映 鑑賞無料

<展示内容>
満月から新月の期間だけの特別なデジタルアートインスタレーション。
竹アーティスト三橋玄が創作する「竹」という自然素材の柔らかくも力強い造形に映像が彩りを与え、
ゆったりとした時間と空間を生み出します。都会の喧騒の中で、月や森、海や空を見るように、この作品と空間に向かい合いながら、自然のゆらぎ、文化や歴史という年輪を感じて下さい。

*特別企画・立体音響の無料体験も実施!
株式会社松竹映像センターが制作する、「月の音 風の光」の世界観に合わせた、「竹」楽器と自然の音で構成する立体音響も、会場にて配信いたします。ご自身のスマートフォンとイヤフォンで、音に“触れる”体験をお楽しみいただけます。(和楽器演奏: 尺八・長谷川将山、篠笛・玉置ひかり)
※YouTubeの視聴リンクにアクセスすることで体験いただけます。

◆アーティスト紹介
石多 未知行/総合企画演出、プロデュース

松竹が手がける芸術祭「アートコネクト東銀座」展示企画 第二弾 プロジェクションマッピングのプレミア上映会が12月20日(月)に開催決定!のサブ画像2_石多 未知行石多 未知行

クリエイティブディレクター、空間演出家、映像クリエイター、
東京芸術大学非常勤講師
映像を使った特殊な空間演出を国内外で多数手がける。2011年よりプロジェクションマッピング協会を立ち上げ、アジア最大級の国際大会「1minute Projection Mapping  competition」をプロデュースするなど、日本のプロジェクションマッピング業界を牽引してきた第一人者。数多くの国際大会の審査員も務める。アーティストの視点を持った企画プロデューサー・演出家として、様々な個性的プロジェクトを多数手掛けている。

カラーズクリエーション株式会社

松竹が手がける芸術祭「アートコネクト東銀座」展示企画 第二弾 プロジェクションマッピングのプレミア上映会が12月20日(月)に開催決定!のサブ画像3_カラーズクリエーション株式会社カラーズクリエーション株式会社

世界中で活躍する多彩なクリエイターやアーティストが集結したクリエイティブカンパニー。クリエイターの個性を最大限に生かし、プロジェクトに最適化したチーム編成で、最高品質のクリエイティブを生み出している。
ホームページ▶https://colors-creation.com

三橋 玄

松竹が手がける芸術祭「アートコネクト東銀座」展示企画 第二弾 プロジェクションマッピングのプレミア上映会が12月20日(月)に開催決定!のサブ画像4_三橋玄三橋玄

2005年から「いのちのかたち」をテーマに竹の巨大造形を作り続けている。地域や文化、歴史をテーマにした様々なイベントでのアートやモニュメント制作、「フジロックフェスティバル」などの野外フェスの会場やステージ、店舗や公共空間の装飾などを幅広く手掛ける。竹林の整備や竹の多様な利用研究、竹林空間の活用などにも取り組み、地域活性化などの事業に多く参画。

松竹が手がける芸術祭「アートコネクト東銀座」展示企画 第二弾 プロジェクションマッピングのプレミア上映会が12月20日(月)に開催決定!のサブ画像5_三橋玄 作品実績三橋玄 作品実績

松竹が手がける芸術祭「アートコネクト東銀座」展示企画 第二弾 プロジェクションマッピングのプレミア上映会が12月20日(月)に開催決定!のサブ画像6_三橋玄 作品実績三橋玄 作品実績

◆12月20日(月)17:00〜 オープニングスペシャルセレモニー 出演ゲスト
玉置ひかり

松竹が手がける芸術祭「アートコネクト東銀座」展示企画 第二弾 プロジェクションマッピングのプレミア上映会が12月20日(月)に開催決定!のサブ画像7_玉置ひかり玉置ひかり

やわらかく、心にしみる音色を奏で、歌舞伎囃子で古典を学んでいる玉置ひかりが、その篠笛の音色を、より身近に、日常に聴いていただけるよう幅広く活動している。

1995年8月30日生。11歳より笛を望月美沙輔に師事。長唄三味線を杵屋三澄那に師事。 2015年青山財団奨学生。 2017年市川市文化振興財団新人演奏家コンクール優秀賞受賞。 2018年皇居内桃華楽堂に於いて、御前演奏の栄誉を賜る。 同年3月東京芸術大学邦楽科卒 。東京藝術大学音楽学部邦楽科に在学中、浄観賞・安宅賞・アカンサス音楽賞を受賞。

佐藤公基

松竹が手がける芸術祭「アートコネクト東銀座」展示企画 第二弾 プロジェクションマッピングのプレミア上映会が12月20日(月)に開催決定!のサブ画像8_佐藤公基佐藤公基

東京都下町根岸出身。民謡一家の長男として生まれ、幼少より家族に手ほどきを受け舞台活動を始める。

2018年 演歌歌手 "藤あや子" の専属尺八を務める。同年、女性和楽器ユニット「SAKURA J SOUNDS」のファーストアルバム「CHERRY BLOSSOM」のサウンドプロデューサーを務める。2020年 和楽器パフォーマンス集団「桜men」としてavexよりメジャーデビュー。和・洋楽などジャンル問わず、数多くの楽曲・アルバムをリリースしコンサートやレコーディングなど国内外で活動中。
 

【イベント概要】
タイトル: アートコネクト東銀座
場所:銀座松竹スクエア 1階プラザ内にて
      (東京都中央区築地1丁目13-1 ※東京メトロ日比谷線 東銀座駅 徒歩3分)
日時:<プロジェクションマッピング>2021年12月20日(月)〜28日(火)17:00〜21:00
   <オープニングスペシャルセレモニー付きプレミア上映会(鑑賞無料 一般参加可)>
   2021年12月20日(月)17:00〜17:35
   出演ゲスト:玉置ひかり、佐藤公基

主催:東銀座エリアマネジメントプロジェクト(松竹株式会社)
       108 ART PROJECT(事務局:株式会社山下PMC)
協力:プロジェクションマッピング協会
文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業
イベント紹介WEBサイト:https://www.higashiginza-area.com/event/
東銀座エリアマネジメントプロジェクト 公式インスタグラム(@ higashiginza_guide)

====<参考>銀座松竹スクエアで同時開催中のイベント====
■「アートコネクト東銀座」展示企画第一弾

アートオブジェ「川の橋、そして時々滝 ~銀座の今昔~」 原倫太郎+原游
2021年12月3日(金)〜 好評展示中
■ウィンターイルミネーション
2021年12月3日(金)〜 2022年2月中旬(予定) ※毎日15:30より点灯

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments