金曜日, 9月 30, 2022
ホーム人物The 5 Of My Life - A Dare Jennings Podcast

The 5 Of My Life – A Dare Jennings Podcast

デウス 初のポッドキャスト

デウス エクス マキナ ブランド創設者 デア・ジェニングスが語る人生で大事な5つ

The 5 Of My Life - A Dare Jennings Podcast のサブ画像1

これはデウスブログ初の、音声のみの投稿です。みんなにとっても画期的な日なので、デウスの革命家たちについて話すのがよいと考えました。しかしポッドキャストを聞いていただく前に、番組と司会のナイジェル・マーシュについて少し背景説明しておくべきだと思いました。
ナイジェル・マーシュは非常に創造的な探求をしていることで有名です。「Fat, Forty and Fired」、「Overworked and Underlaid」、そして「Fit, Fifty and Fired-Up」という3冊の本の著者というだけでなく、彼はEarth Hourの共同創設者、そしてSydney Skinnyの創設者でもあります。「Fat, Forty and Fired」は現在、人気TV番組として制作中です。ナイジェルはもう一つの顔として、30年以上、TVCM業界での経験があります。これまで大企業(マクドナルド、キヤノン、ペプシ、P&G、バージン、マーズ、フィアット、コルゲート)から政府、そして地方の企業まで様々な団体と仕事をしてきた経歴があります。大企業の困りごとから社会問題まで(エイズ、飲酒運転、喫煙、気候変動)、ナイジェルは想像しうるほとんどの業界で戦略的アドバイスと驚異的な結果を提供し続けてきました。ではなぜこの素晴らしい経歴についてポッドキャストでエピソードにしないのでしょう?
「人生で5つの大事なもの」
ナイジェルは著名人に、好きな映画、書籍、歌、場所、持ち物、そしてそれぞれにまつわるストーリーについて聞きます。今週のエピソードには、我らがリーダー、デア・ジェニングズが選ばれました。
「象徴的なブランドを1つ作るだけでも優れた実績なのに、MAMBO、ファントムレコード、デウスエクスマキナ、と3つも作れるのは、もはや天才の領域です。オーストラリアの鬼才、デア・ジェニングズの世界にようこそ」

では番組をお楽しみください!
こちらのリンクからポッドキャストをご視聴いただけます。※英語版でのご提供となります。

The 5 Of My Life – A Dare Jennings Podcast 人生で5つの大事なもの/  デア・ジェニングス 
https://jp.deuscustoms.com/blogs/news/the-5-of-my-life-a-dare-jennings-podcast

 Dare Jennings  デア・ジェニングス /デウス エクス マキナ 創設者 
1950年、オーストラリア・シドニー出身。’84年に地元シドニーにてサーフアパレル「マンボ」を立ち上げる。タックウェル氏いわく「ここ40年のポップカルチャーを牽引してきた人物」。マンボ、ファントムレコード 経て、2006年にデウス エクス マキナを設立。趣味はバイク、サーフィン、サイクリング。親日家でもあり、日本のカスタムバイクシーンも大好きで深く興味を持っている。

 

【Deus Ex Machina 公式 アカウント】

 

Online Store https://jp.deuscustoms.com/

Instagram @deusresidence https://www.instagram.com/deusresidence/?hl=ja

LINE @deus_ex_machina https://lin.ee/KfSOR0M

Twitter  @deus_japan https://twitter.com/deus_japan

 

デウス エクス マキナ 浅草 https://jp.deuscustoms.com/pages/store-list

℡ 03-6284-1749 〒131-0033 東京都墨田区向島1-2-8 東京ミズマチ® ウエストゲート5.

10am- 7pm 年中無休

 * 店舗前に無料駐輪場有り。店舗利用者限定/ 敷地内は歩行者の方もいますのでエンジンを切ってお越しください。

 

 

ABOUT 

ラテン語で ”機械仕掛けの神“ を意味するデウス・エクス・マキナは、

2006年にオーストラリアで誕生しました。ブランド哲学である ”クリエイティビティな文化を讃える”は バイク、サーフィンカルチャーから派生し、現在ではアート、スノー、音楽、サイクルなど、旗艦店の有る世界12ヵ国より独自のカルチャーが発信されています。

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments