金曜日, 9月 30, 2022
ホームイベント自然と信仰、歴史と文化が息づく 和歌山県『紀南』を舞台にした芸術祭 「紀南アートウィーク2021」特別企画水墨画でオリジナル神様を描くワークショップを開催 2021年11月20日(土)、21日(日)

自然と信仰、歴史と文化が息づく 和歌山県『紀南』を舞台にした芸術祭 「紀南アートウィーク2021」特別企画水墨画でオリジナル神様を描くワークショップを開催 2021年11月20日(土)、21日(日)

自然と信仰、歴史と文化が息づく 和歌山県『紀南』を舞台にした芸術祭 「紀南アートウィーク2021」特別企画水墨画でオリジナル神様を描くワークショップを開催 2021年11月20日(土)、21日(日)のサブ画像1

 アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)は、この度、紀南アートウィーク実行委員会主催の、紀南地域ゆかりのアーティストや国際的アーティストの作品を展示するプロジェクト「紀南アートウィーク2021」開催に合わせ、東京のアトリエ教室 Visions Palette“ビジョンズパレット”(東京都目黒区)とのコラボレーションで、水墨画でオリジナルの動物の神様を描くアート体験が楽しめるワークショップを実施いたします。

◆ワークショップ「墨で描く『オリジナル神様』」
古来より万物の創造主が隠れ宿るとされる、紀伊山地。そんな山々に囲まれて暮らす子供たちに「ジブンの周りには、どんな神様がいたら面白いだろう?」と思いを巡らせ、水墨画で表現してもらうアート体験型ワークショップ。アドベンチャーワールドの動物たちに刺激を受けながら、動物をモチーフにした「オリジナルの神様」を、紀伊特産の墨「松煙墨(しょうえんぼく)」を使って描きます。制作した水墨画は、後日1枚1枚屏風にコラージュし、アートウィーク期間中(11月27日(土)、28日(日))「来迎寺」に展示される予定です。

開催日  2021年11月20日(土)、21日(日) 2日間
開催時間 ①午前11時00分~ ②午後1時00分~
     ③午後2時00分~  ④午後3時00分~
所要時間 30分間
開催場所 センタードーム 滝のある広場
対象   和歌山県にお住まいの小学生以下のお子様
※和歌⼭県在住であることを証明できる⾝分証明書(運転免許証、健康保険証、公共料⾦⽀払い証明書など)をご持参ください。
定員   各回15名
参加費  1,000円/名
※イベント料金のみでアドベンチャーワールドへご入園いただけます。
※イベントチケットで参加されるご本人様と保護者2名(計3名)までがご入園可能です。
※ご入園時、入園ゲートにてPeatixのチケット画面と、和歌⼭県在住であることを証明できる⾝分証明書をご提示ください。
※ワークショップでは水墨画を2枚制作。1枚は展示用、1枚をお持ち帰りいただけます。

申し込み方法 Peatixにてチケット販売 https://kinanpalette.peatix.com/
主催         Visions Palette "ビジョンズパレット” https://www.visions-palette.com

POINT①:東京のアトリエ教室「Visions Palette“ビジョンズパレット”」のアーティストスタッフが指導!
ワークショップを行うのは、東京のアトリエ教室Visions Palette“ビジョンズパレット”のアーティストスタッフたち。「うまさより、じぶんらしさをのばす」というコンセプトで目黒・世田谷で人気の教室。東京藝術大学などで学んだ現役の若きアーティストでもあるスタッフたちが、描く人の個性を引き出し、褒めて伸ばす指導で制作をサポートします。

自然と信仰、歴史と文化が息づく 和歌山県『紀南』を舞台にした芸術祭 「紀南アートウィーク2021」特別企画水墨画でオリジナル神様を描くワークショップを開催 2021年11月20日(土)、21日(日)のサブ画像2

POINT②紀州の名産「松煙墨(しょうえんぼく)」で描く!
1000年以上前からつくられている、日本最古の墨「松煙墨」。独特の淡いにじみや色合いの美しさが特長な希少品。今回のワークショップでは、その原料となる赤松の煤を日本で唯一製造されている、田辺市鮎川墨工房「紀州松煙」さんご提供の「紀州墨」とカラーの「彩煙墨」を使います!

自然と信仰、歴史と文化が息づく 和歌山県『紀南』を舞台にした芸術祭 「紀南アートウィーク2021」特別企画水墨画でオリジナル神様を描くワークショップを開催 2021年11月20日(土)、21日(日)のサブ画像3

POINT③ 完成した水墨画は来迎寺に展示!
完成した水墨画は、1枚1枚屏風にコラージュ。アートウィーク期間中(11月27日、28日)に白浜湯崎の来迎寺に展示される予定です。

自然と信仰、歴史と文化が息づく 和歌山県『紀南』を舞台にした芸術祭 「紀南アートウィーク2021」特別企画水墨画でオリジナル神様を描くワークショップを開催 2021年11月20日(土)、21日(日)のサブ画像4

〈お願い〉
・当日は、自宅で検温し体調を確認いただき、マスク着用の上お越しください。
・水墨画を制作しますので、汚れてもいい服装でお越しください。
・ご兄弟での参加の場合も、お一人ずつ制作なさる場合は人数分お申し込みください。

自然と信仰、歴史と文化が息づく 和歌山県『紀南』を舞台にした芸術祭 「紀南アートウィーク2021」特別企画水墨画でオリジナル神様を描くワークショップを開催 2021年11月20日(土)、21日(日)のサブ画像5

◆紀南アートウィーク2021開催概要 https://kinan-art.jp/
日程:2021年11月18日(木)- 28日(日)<計11日間>
会場:和歌山県紀南地域 田辺市・白浜町内各所
入場料:入場無料 ※会場によって別途入場料が必要な場合があります。
主催:紀南アートウィーク実行委員会
総合プロデューサー:藪本 雄登
アーティスティック・ディレクター:宮津 大輔 

◆展示エリア: 和歌山紀南地域
①高山寺             ⑤白浜駅前・真珠ビル
②南方熊楠顕彰館         ⑥アドベンチャーワールド
③田辺駅前商店街         ⑦南紀白浜空港
④川久ミュージアム(ホテル川久) ⑧白浜町内複数個所に展示する作品あり

※パーク内で展示予定の作品 

◆紀南アートウィーククラウドファンディングについて https://motion-gallery.net/projects/kinan_artweek2021
紀南アートウィークは和歌山紀南地域の素晴らしさとその価値を10か年計画として全世界に地道に発信し、持続可能なアートプロジェクトのあり方に挑戦いたします。最初の一歩にあたる今回の紀南アートウィークを成功させるため、クラウドファンディングによる支援を呼びかけています。
募集期間 2021年10月1日(金)~11月16日(火)
目標金額 1,500,000円

 

自然と信仰、歴史と文化が息づく 和歌山県『紀南』を舞台にした芸術祭 「紀南アートウィーク2021」特別企画水墨画でオリジナル神様を描くワークショップを開催 2021年11月20日(土)、21日(日)のサブ画像6

アドベンチャーワールド「SDGs宣言・パークポリシー」https://www.aws-s.com/parktheme-sdgs/
アドベンチャーワールドは、「こころにスマイル 未来創造パーク」として、すべての生命にSmile(しあわせ)が
溢れる豊かな未来の地球の姿をパークで体現します。パークという”小さな地球”を通して、関わるすべての人の
人生が豊かになるように、動物たちの生命がずっとつながっていくように、自然や資源が循環し再生するように、
未来のSmileを創り続けていきます。

SDGsについて
SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことです。社会が抱える問題を解決し、世界全体で2030年をめざして明るい未来を作るための17のゴールと169のターゲットで構成されています。2015年9月、ニューヨーク国連本部において193の加盟国の全会一致で採択された国際目標です。

自然と信仰、歴史と文化が息づく 和歌山県『紀南』を舞台にした芸術祭 「紀南アートウィーク2021」特別企画水墨画でオリジナル神様を描くワークショップを開催 2021年11月20日(土)、21日(日)のサブ画像7

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments