金曜日, 2月 3, 2023
ホームイベントアルカンターラ社によるアートやクリエイティブ世界との特別な関係の誕生と発展の記録を描いた「ALCANTARA The material of art」を出版

アルカンターラ社によるアートやクリエイティブ世界との特別な関係の誕生と発展の記録を描いた「ALCANTARA The material of art」を出版

「ALCANTARA The material of art(ALCANTARA アートというマテリアル)」の出版を記念に12月14日(水)ミラノにある現代美術館「PAC」にて出版記念イベントを開催

 

アルカンターラ社によるアートやクリエイティブ世界との特別な関係の誕生と発展の記録を描いた「ALCANTARA The material of art」を出版のサブ画像1

メイド・イン・イタリーの最高品質を誇るマテリアルブランド「ALCANTARA®」とアート、クリエイティブ世界との特別な関係の誕生と発展を描いた「ALCANTARA The material of art(ALCANTARA アートというマテリアル)」の出版を記念に12月14日(水)ミラノにある現代美術館、「Padiglione d’Arte Contemporanea(パディリオーネ・ダルテ・コンテンポラーネア)※以下、"PAC"」にて出版記念イベントを開催いたしました。

本書はLuca Masia(ルカ・マシア)のキュレーションにより、イタリア美術出版社Skira Editore(スキラ・エディトーレ)社より「ALCANTARA The material of art(ALCANTARA アートというマテリアル)」を出版いたしました。
販売先は、イタリア国内の主要書店ならびにミュージアムショップにて50ユーロで販売されており、2023年春以降海外でも販売を予定しています。

12月14日(水)ミラノにある現代美術館、PACにて特別イベントで本書の出版が発表され、会場内には実際の作品や版画が展示される中、来場者はALCANTARA®の芸術の世界への素晴らしい旅に魅了されました。

アルカンターラ社の社長兼CEOであるアンドレア・ボラーニョは、次のように述べています。「今回、スキラ・エディトーレ社よりアルカンターラ社の芸術分野での活動を記録した出版物を発表できることを嬉しく思っています。」

アルカンターラ社は創業当初から、世界中の様々な分野のデザイナーやクリエイターと積極的な関係を築きコラボレーションを行ってきました。そして、新たな表現や用途を模索する対話の可能性に気づき、クリエイターとの関係において積極的な役割を担い、アート界への新しい関わり方を実現するために多くの特別プロジェクトを行ってきました。

ALCANTARA®はアルファベットのように、言葉を組み立てるために文字を組み合わせたり、感情を表すためにイディオム全体を構成するような創作のマテリアルとなり、デザインやファッション、アートの世界においては、多様な文化を持つ有名な美術館や施設との共同制作を実現させることで、年々関係を深めてきました。こうした活動がイノベーションやクリエイティブな試み、そしてマテリアルへの継続的な研究の重要な原動力となっています。

その代表的な例が、MAXXI(イタリア国立21世紀美術館)との文化的なパートナーシップです。10年以上続いているこのプロジェクトで、アルカンターラ社は同館との芸術的な共同制作で新しい形を生み出しています。
インスピレーションを与え、また与えられるという相互関係を通じて、アート界との関係は次第にALCANTARA®の様々な形や機能性における新たな可能性を切り拓く活動へと発展していきました。

2015年から2020年にかけてミラノのPalazzo Reale(パラッツォ・レアーレ)で開催された美術展では、さまざまな分野のアーティスト(ビジュアルアート、ファッション、工業デザイン、ミュージシャン、ディレクター、映像作家、建築家、デザイナー)がALCANTARA®の無限な表現を探求し、このマテリアルの持つ物理的な制限を超越した表現を実現させる事もできました。

しかし、ALCANTARA®の魅力はアート作品だけではありません。その卓越したカスタマイズの汎用性と延性により、難易度の高いデザインの加工も実現可能なマテリアルであることから、2016年にイタリア・トリノにある歌劇場Teatro Regio(トリノ王立歌劇場)で上演された世界的に著名なスペインの演劇集団、La Fura dels Baus(ラ・フラ・デルス・バウス)の演出によるGiacomo Puccini(ジャコモ・プッチーニ)のオペラ「La Bohème(ラ・ボエーム)」のように、名門オペラの舞台にて、緞帳、舞台美術、主演俳優の衣装に使用されました。

このように、ALCANTARA®は様々な分野で自在にカスタマイズが出来る上、デザイン性だけでなく良質な機能性まで提供出来るマテリアルである事から「近未来のマテリアル」とも呼ばれています。前衛的なクリエイターとの継続的な対話や、国際的な一流のクリエイターや施設との無数のコラボレーションによって、ビジョンを装飾する為の存在だけではなくクリエイティブな過程に不可欠な要素、つまり真の芸術のマテリアルとしても認められているのです。

会場での展示の様子

アルカンターラ社によるアートやクリエイティブ世界との特別な関係の誕生と発展の記録を描いた「ALCANTARA The material of art」を出版のサブ画像2

アルカンターラ社によるアートやクリエイティブ世界との特別な関係の誕生と発展の記録を描いた「ALCANTARA The material of art」を出版のサブ画像3

アルカンターラ社によるアートやクリエイティブ世界との特別な関係の誕生と発展の記録を描いた「ALCANTARA The material of art」を出版のサブ画像4

アルカンターラ社について – www.alcantara.com

アルカンターラ社によるアートやクリエイティブ世界との特別な関係の誕生と発展の記録を描いた「ALCANTARA The material of art」を出版のサブ画像5

1972年に設立されたアルカンターラ社は、メイド・イン・イタリーの品質を誇る最高級マテリアルを提供しています。ALCANTARA®はアルカンターラ社(ALCANTARA S.p.A.)の登録商標であり、独自の技術により生み出された他に類のない優れた感覚、美しさ、機能性を兼ね備えた画期的マテリアルです。その汎用性の高さから、ファッション、アクセサリー、自動車、インテリアデザインおよび室内装飾、家電など、さまざまな分野の一流ブランドに選ばれています。これらの特性と、サステナビリティ(持続可能性)という観点からの絶え間ない取り組みにより、アルカンターラは現代のライフスタイルの真のアイコンとなっています。
2009年、アルカンターラ社はカーボン・ニュートラル認証を取得しました。この目標は、生産活動から排出されるCO2を測定、削減、補償することで達成されています。この活動の進捗状況を報告するため、アルカンターラ社は、BDO認証を受けたサステナビリティ・レポートを毎年発行しており、その内容は当社ウェブサイト(https://sustainabilityreport.alcantara.com/ja/)でも参照いただけます。アルカンターラ社は本社をミラノに置き、生産拠点と研究開発施設はウンブリア州の中心であるネラ・モントロ(テルニ)にあります。

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments