日曜日, 2月 5, 2023
ホームイベント世界的アニメーション作家・山村浩二の最新監督&プロデュース作品「『幾多の北』と三つの短編」、2023年1月27日(金)、一般劇場公開決定!

世界的アニメーション作家・山村浩二の最新監督&プロデュース作品「『幾多の北』と三つの短編」、2023年1月27日(金)、一般劇場公開決定!

『幾多の北』第61回アヌシー国際アニメーション映画祭&第46回オタワ国際アニメーション映画祭受賞記念

株式会社WOWOWプラス(代表取締役社長 大熊和彦)と、ヤマムラアニメーション有限会社(代表取締役 山村浩二)*1の二社は、来る2023年1月27日(金)より、アニメーション作家・山村浩二が監督、あるいはプロデュースした最新4作品を「『幾多の北』と三つの短編」と題して共同配給し、東京・池袋の新文芸坐での公開を皮切りに、全国の劇場で順次公開してまいります(配給協力:株式会社チャイルド・フィルム 代表取締役 工藤雅子)。

 

世界的アニメーション作家・山村浩二の最新監督&プロデュース作品「『幾多の北』と三つの短編」、2023年1月27日(金)、一般劇場公開決定!のサブ画像1

■アヌシーもオタワも絶賛! 山村浩二の野心的初長編『幾多の北』、ついに凱旋公開!

日本を代表するアニメーション作家として、また既に100冊を越える絵本作家としても知られる山村浩二。近年、NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」のエンディング・テーマだった「べるがなる」の作詞者でもあり、現在「みんなのうた」でオンエア中の「小さな夢」(うた:ヒグチアイ)のアニメーションも手掛けています。また今年劇場公開された犬童一心監督によるダンサー田中泯のドキュメンタリー映画『名付けようのない踊り』のアニメーション・パートを担当したことも大きな話題を呼びました。

山村は、第75回米アカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネートされた『頭山』(2002)を始め、これまでに発表してきた数多くの作品が世界中の映画祭で130を越える賞を受賞、世界四大アニメーション映画祭(フランスのアヌシー、カナダのオタワ、クロアチアのザグレブ、日本の広島)の全てでグランプリ受賞歴を持つ世界唯一のアニメーション作家であり*2、国内はもとより、世界中の作家たちから称賛を浴び続ける存在です。

『幾多の北』(2021/64分)は、彼が月刊誌「文學界」(文藝春秋)の表紙のために2012年から2014年にかけて毎号描いていたイラストとそれに付随するテキストをアニメーションに発展させたもので、コロナ下での隔離状態の中で一気に完成させた初の長編作品。東日本大震災後に彼自身が感じた不安や苦悩が、オランダの前衛ジャズ・ミュージシャンにして作曲家ウィレム・ブロイカー(1944-2010)のどこかサーカス的な音楽に乗せて、断片的なイメージや書かれた言葉で表現されていきます。明快なストーリーを持たず、一般に「長編アニメーション」という言葉からイメージされるものとは異なる「行き切った」仕上がりで、その前例のないチャレンジは世界で大きく評価、今年2022年の5月に行われた第61回アヌシー国際アニメーション映画祭の長編コントルシャン部門*3でクリスタル(最高賞)を、そしてこの9月には第46回オタワ国際アニメーション映画祭の長編部門でグランプリを受賞するなど、既に国内外で8つの賞に輝いています。

■さらに世界で28の賞に輝く矢野ほなみ監督の話題作『骨嚙み』を含む三つの新作短編も同時公開!

これまで日本国内では限られた映画祭などでしか上映されていなかったこの新作長編が、2023年1月、ついに一般劇場で公開。そして『幾多の北』に加え、墨絵のかわいい動物たちが歌に合わせてコミカルに動く山村の監督作『ホッキョクグマすっごくひま』(2021/7分)、山村が若い作家たちをプロデュースした『骨嚙み』(矢野ほなみ監督/2021/10分)、『ミニミニポッケの大きな庭で』(幸 洋子監督/2022/7分)と、三つの新作短編も同時上映します。これら三作品も既に国内外の映画祭で多くの受賞を果たしており(特に矢野の『骨嚙み』は昨年2021年の第45回オタワ国際アニメーション映画祭の短編グランプリほか世界中の映画祭で28もの賞を受賞)、全四作品を合わせるとトータルの受賞数は実に50にも及びます*4。今回の上映は、山村浩二の現在に加え、彼の元で育った新しい才能までも一望できるショーケースであり、現在日本の「作家によるアニメーション」の「極北」を体験出来る絶好の機会とも言えるでしょう。

 「『幾多の北』と三つの短編」(総上映時間:約90分)

上映作品(上映順)
 

世界的アニメーション作家・山村浩二の最新監督&プロデュース作品「『幾多の北』と三つの短編」、2023年1月27日(金)、一般劇場公開決定!のサブ画像2_ミニミニポッケの大きな庭で ©2022 YUKI Yoko / Au Praxinoscopeミニミニポッケの大きな庭で ©2022 YUKI Yoko / Au Praxinoscope

一 ミニミニポッケの大きな庭で(幸 洋子監督・山村浩二プロデュース/2022//7分)
観察、記録、実験しながら日々を紡いだ、いとをかしアニメーション詩。NHK Eテレの番組「シャキーン!」の番組内アニメーションも手掛ける幸 洋子(ゆき・ようこ)が、自身の日記を落書きのように大胆にアニメート。自由律俳句のようなテキストとhonninmanによる過激な音楽、サラウンドの混淆。「アニメーションってこんなに自由なんだ!」と開いた口が塞がらない衝撃作。

 

世界的アニメーション作家・山村浩二の最新監督&プロデュース作品「『幾多の北』と三つの短編」、2023年1月27日(金)、一般劇場公開決定!のサブ画像3_ホッキョクグマすっごくひま 2021©Yamamura Animationホッキョクグマすっごくひま 2021©Yamamura Animation

二 ホッキョクグマすっごくひま(山村浩二監督/2021/7分)
すごく暇なホッキョクグマは、広い海で様々な海獣たちと出会う。日本語と英語の言葉遊びで、絵巻物風に描く「海獣人物戯画」。楽しい音楽と歌に合わせて、かわいい墨絵の動物たちがまったりと遊ぶ。
 

世界的アニメーション作家・山村浩二の最新監督&プロデュース作品「『幾多の北』と三つの短編」、2023年1月27日(金)、一般劇場公開決定!のサブ画像4_骨嚙み ©2021 YANO Honami, Au Praxinoscope骨嚙み ©2021 YANO Honami, Au Praxinoscope

三 骨嚙み(矢野ほなみ監督・山村浩二プロデュース/2021/10分)
父親のお葬式で、少女は父と過ごした最後の夏を思い出す。 光の粒子のようにまたたく点描のレイヤーが映し出す、日本のとある小さな島でのいとなみ。有頂天のPVやアニメ『TRIGUN STAMPEDE』のエンディングアニメーションも手掛ける矢野ほなみが、2年の歳月を費やして紙の表にも裏にも色彩を打ち続け、自身の過去と向き合った一作。その余韻は今も世界中を震わせている。
 

世界的アニメーション作家・山村浩二の最新監督&プロデュース作品「『幾多の北』と三つの短編」、2023年1月27日(金)、一般劇場公開決定!のサブ画像5_幾多の北 2021©Yamamura Animation/Miyu Productions幾多の北 2021©Yamamura Animation/Miyu Productions

四 幾多の北(山村浩二監督/2021/64分)
ナレーションやセリフもなく、画面に現れるテキストと繊細に動く絵、そして音楽や効果音が巧みにミックスされたサウンドに包まれながら「体感」するアニメーション。音楽を聴くように、展覧会の絵を眺めるように、旅は続く。旧ソ連のタルコフスキーや、ハンガリーのタル・ベーラなどヨーロッパの実写映画作家の時間の流れをも思わせる、堂々たる大作。ポスト3.11、コロナ禍とも共振し、作品に身をゆだねるうちに、観る者それぞれの「北」が立ち上がる。

■初公開は1/27〜29、新文芸坐にて4K & 5.1chで3日間超限定(1日1回上映)! 監督たちのトークショーも予定。

「『幾多の北』と三つの短編」の四作品は、すべて4K解像度で制作され、音響も5.1ch。高品質なクオリティをそのまま味わっていただくために、初公開の劇場として名画座の老舗、池袋の新文芸坐を選定しました。今年4月から4Kプロジェクターや新たなスピーカーを導入し、従来の「名画座」のイメージを払拭するどころか、都内の全映画館の中でもトップクラスの上映環境を備えた劇場に進化。横幅10mのスクリーン、席数約260席という大きめのサイズの中、最高の画質と音響で、作品のインパクトを体感していただきます。また上映期間中、監督たちのトークショーの開催も予定しています。会期は2023年1月27日(金)〜29日(日)、1日1回上映。3日間の総席数にして800に満たない、このレアな機会をお見逃しなく!

■amazon prime video内の「シネフィルWOWOWプラス」にて、一足お先に「山村浩二作品集」を一挙配信!

新作の劇場公開に先立ち、2022年12月24日より、山村監督の学生時代の1985年から2019年までの28作品を、「I」「II」「III」三つの作品集に分け、(株)WOWOWプラスの運営する、amazon prime video内のチャンネル<シネフィルWOWOWプラス>で配信開始。これまでロシアのユーリー・ノルシュテイン、英国で活躍するブラザーズ・クエイ、フランスのルネ・ラルーの『ファンタスティック・プラネット』、日本の川本喜八郎、岡本忠成など、「作家」のアニメーション作品を厚く紹介してきたこのチャンネルに、『ひゃっかずかん』『カヨとピヨブプト』『頭山』『年をとった鰐』『ゆめみのえ』など山村浩二の豊富な作品群が加わります。

▼「シネフィルWOWOWプラス」は初回登録で14日間無料体験!
https://www.amazon.co.jp/channels/cinefilwowowjp

■上映を記念して原画展も開催!

「『幾多の北』と三つの短編」 原画・版画展
ミニミニポッケの大きな庭で・ホッキョクグマすっごくひま・骨嚙み・幾多の北
四つのアニメーション作品の原画と版画を展示、販売。

会期:2023年1月20日(金)〜3月25日(土)
1月20日、21日、
2月3日、4日、10日、11日、24日、25日、
3月3日、4日、10日、11日、17日、18日、24日、25日
会場 オープラクシノスコープ(世田谷区奥沢7-13-11 金曜、土曜のみ 12:00-18:00)

Instagram
https://www.instagram.com/au_praxinoscope/
Twitter
https://twitter.com/au_praxinoscope

【上映概要】
■作品タイトル:『幾多の北』と三つの短編
■上映劇場:新文芸坐(豊島区東池袋)
■劇場上映日程:2023年1月27日(金)~1月29日(日)
※指定席券は上映1週間前9:00よりオンライン・劇場窓口で販売
■公式HPhttps://www.wowowplus.jp/cinefil/ikutanokita.html
■公式Twitter: https://twitter.com/wowptheater
■配給:株式会社WOWOWプラス/Au Praxinoscope(オープラクシノスコープ)
  配給協力:株式会社チャイルド・フィルム
 
〈注記〉
*1 配給業務の屋号は、Au Praxinoscope(オープラクシノスコープ)。
*2 『頭山』(2002)はアヌシー、ザグレブ、広島でグランプリ、『カフカ 田舎医者』(2007)はオタワ、広島でグランプリ受賞。なお、1984年に始まった「広島国際アニメーションフェスティバル」は2020年で終了、2022年からは「ひろしまアニメーションシーズン」という別の映画祭がスタートしており、山村はこの映画祭のアーティスティック・ディレクターを務めている。
*3 「コントルシャン」部門は実験性・革新性のある長編作品を対象とする。
*4 受賞数は2022年12月9日現在。

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments