日曜日, 2月 5, 2023
ホームイベント光と鉄の芸術 「808 Lines」が登場 大阪・光の饗宴 2022 OSAKA光のルネサンス

光と鉄の芸術 「808 Lines」が登場 大阪・光の饗宴 2022 OSAKA光のルネサンス

株式会社TOOP design worksは、12月に行われる大阪・光の饗宴 2022のコアプログラム「OSAKA光のルネサンス」に、鉄と光のアートオブジェ「808 Lines」の制作を行なっています。
鉄と光の“線”で象られた、高さ3mの巨大な船型オブジェをぜひ目の前でお楽しみください。

川、橋、船など「水の都」として栄えてきた大阪の未来と過去をアートインスタレーションで表現します。
路面に穏やかに揺れる水面模様のマッピングに導かれ、川沿いの船のアートオブジェに辿り着きます。
「水辺と、人と、街。」が交じり合う場所で、特別な時間をお楽しみください。

作品タイトルである「808 Lines」は、江戸時代に架けられた「町橋」の数の多さをたとえた「八百八橋」を意味します。
架けられた橋々をモチーフに、鉄と光の線で象られた船には、水辺の景色や行き交う人々が映り交わり、かつての「八百八橋」のように、水辺と人と街の関係を繋ぎます。

光と鉄の芸術 「808 Lines」が登場 大阪・光の饗宴 2022 OSAKA光のルネサンスのサブ画像1

  ©️大阪・光の饗宴実行委員会 ※画像はイメージです。

光と鉄の芸術 「808 Lines」が登場 大阪・光の饗宴 2022 OSAKA光のルネサンスのサブ画像2

©️大阪・光の饗宴実行委員会 ※画像はイメージです。

■実施期間

2022年12月14日(水)~12月25日(日) 12日間
期間中17時から22時まで点灯いたします。

【イベント概要】

■イベント名称

大阪・光の饗宴2022「OSAKA光のルネサンス」

■開催期間

2022年12月14日(水)~12月25日(日) 12日間

■開催時間

コンテンツによって異なる(各コンテンツ詳細をご確認ください。)

■開催場所

大阪市役所周辺から中之島公園

■ホームページ

https://www.hikari-kyoen.com/renaissance/index.html

■最寄駅

Osaka Metro「淀屋橋駅」「北浜駅」「天満橋駅」
京阪「なにわ橋駅」

【TOOP design works】

「循環するものづくり」をコンセプトに、家具、雑貨等プロダクトのデザイン・製作から、空間デザイン・アートまであらゆるものづくりに取り組む。

2005年から大阪港区にある廃ビル加藤汽船にて工房を持ち活動を始め、2010年12月に大阪市立売堀にインテリアと雑貨のお店"Nonius"をオープン (2013年4月に加藤汽船ビルへ移転) 。

阪急百貨店の「コンコースウィンドー」や「1000000人のキャンドルナイト」など、アートイベントや展覧会等への出展も行う。

株式会社 TOOP design works

・住所:〒552-0007 大阪府大阪市港区弁天6-7-15 加藤汽船ビル
・電話番号:06-6576-2340
・営業時間:10:00-19:00
・WEB:http://toop-dw.com

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments