日曜日, 2月 5, 2023
ホームイベントギャルリーためなが京都にて《新京都 -古都から千年先へ-》開催のご案内

ギャルリーためなが京都にて《新京都 -古都から千年先へ-》開催のご案内

会期:12月 10 日(土) – 1 月 15 日(日)【レセプション】12 月 10 日 ( 土 )16:00~18:00 出品作家在廊

千年の都 京都から、更に千年先へ作品を残すべく、京都にゆかりある 6 名の若手作家の企画展を開催

ギャルリーためなが京都にて《新京都 -古都から千年先へ-》開催のご案内のサブ画像1

この度ギャルリーためなが京都では、本年12月10日(土)から来年1月15日(日)にかけて、「新京都(いまきょうと) -古都から千年先へ-」と題し、 京都にゆかりある6名の女性作家たちによる作品を約50点ご紹介いたします。
6名それぞれの視点、世界観、感性で描かれる作品の数々 を、間近でご覧いただけますと幸いに存じます。

出品作家一覧

ギャルリーためなが京都にて《新京都 -古都から千年先へ-》開催のご案内のサブ画像2_Form#02Form#02

川上 幸子 / Sachiko KAWAKAMI
愛媛県出身。京都造形芸術大学大学院芸術研究科芸術表現専攻修了
人間がかたちを感じ取る/創り出す瞬間に関心を持ち、造形をめぐる知覚と認識をテーマに、認知と造形の根源を探求する作品制作を行なっている

 

ギャルリーためなが京都にて《新京都 -古都から千年先へ-》開催のご案内のサブ画像3_ワレモコウワレモコウ

木下 友梨香 / Yurika KINOSHITA
佐賀県出身。京都造形芸術大学、武蔵野美術大学にて空間演出デザインを学ぶ
幼少期に見た記憶の中の花や植物を抽象表現した作品を制作。日々生きていくなかで霞んでいく視覚的な記憶の印象を絵に落とし込み、過去から現代を表現している

 

ギャルリーためなが京都にて《新京都 -古都から千年先へ-》開催のご案内のサブ画像4_きみと春を歩くきみと春を歩く

髙栁 麻美子 / Mamiko TAKAYANAGI
京都市出身。多摩美術大学 大学院博士前期課程(修士課程)絵画専攻修了。その後ドイツのミュンヘン国立芸術アカデミー絵画科で学び、ディプロム・首席(マイスター称号)で修了
「私が居た風景」をテーマに制作。過去にその場所に存在した私の「生命」、その中にある「自然」、その常に自分の中にある「内面生」「精神性」を深く掘り下げ、表現することを追及している

 

ギャルリーためなが京都にて《新京都 -古都から千年先へ-》開催のご案内のサブ画像5_FORM-vortex 2FORM-vortex 2

松村 咲希 / SAKI MATSUMURA
長野県出身。京都造形芸術大学美術工芸学科油画コース卒業後、京都造形芸術大学大学院ペインティングコースを修了
世界を感じる認識や感覚、その不可思議さを絵画として制作。画材は主にアクリル絵具を使用し、ペインティング、シルクスクリーン、ステンシルなどの複数の技法を組み合わせ、コラージュ遊びの時に発見するような、いびつで整合性の取れない空間を絵画として表現している

 

ギャルリーためなが京都にて《新京都 -古都から千年先へ-》開催のご案内のサブ画像6_LightsLights

水野 悠衣 / Yui MIZUNO
大阪府出身。京都造形芸術大学美術工芸学科日本画コース卒業
自分自身が惹かれるものや興味をもったものをテーマやモチーフとしており、そこから色を抽出し、組み合わせ再構築しながら元となるものに近づけつつ、新たな世界観を作り出そうとしている

 

ギャルリーためなが京都にて《新京都 -古都から千年先へ-》開催のご案内のサブ画像7_待つ待つ

吉田 眞理子 / Mariko YOSHIDA
京都市出身。京都精華大学大学院美術研究科日本画修了
主に植物を画題とし、繊細な筆致で描かれる草花は緑の香りを漂わせる瑞々しさを持ちながら、まるで浄土の靄の中に存在するような、どこか手の届かない静謐さを感じさせる

                    ギャルリーためなが 京都

ギャルリーためなが京都にて《新京都 -古都から千年先へ-》開催のご案内のサブ画像8

 銀座、パリ、大阪に画廊を構えるギャルリーためながは、昨年春、京都七条鴨川沿いに位置する築百年を超える町屋を改装し京都店をオープンいたしました。千年後にも残るべく才能溢れる日本の現代作家をご紹介すべく、日本文化を育んだ古都京都を舞台に新たなスタートを切りました。立地も京都駅からほど近く、近隣には京都国立博物館、三十三間堂がある日本文化の発信に恵まれたロケーションです。
 ギャルリーためながは、1969年東京銀座にてヨーロッパの近・現代美術を扱う画廊として創業いたしました。その2年後の1971年にはパリの画廊街として名高いマティニョン大通りにも画廊を構え、同年大阪にも開廊しました。以来西洋絵画 の名品、とりわけエコール・ド・パリの名品を国内有数の美術館や、コレクターの皆様にお届けすると同時に、才能ある画家を育成し世に送り出すという理念のもと、半世紀の歴史を重ねてまいりました。近年では、フランス美術界を中心としてきた活 動から欧米やアジア、世界各国の新鋭作家にも視野を広げ、現代絵画の発信地としての役割も担うよう尽力しております。
 そして昨年、パリ店が創業より半世紀の歩みを経てパリ最大規模の画廊として50周年を迎えたその節目の年に、縁あって姉妹都市である京都に画廊を開廊いたしました。この京都店がやがては世界に向けた現代美術の発展の一翼を担い、千年先へと残るべく作品の発信地として成長していければと願っております。

【展覧会開催概要】
『新京都-古都から千年先へ-』
【会期】 2022年12月10日(土)~2023年1月15日(日) (12/29(木)~1/4(水)まで休廊)
【レセプション】12月10日(土) 16:00~18:00 出品作家在廊
【会場】 ギャルリーためなが京都
     京都市東山区川端通七条上る上堀川町265-7
     TEL 075-532-3001
【時間】 11:00~19:00
【公式サイト】 https://www.tamenaga.com

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments