日曜日, 2月 5, 2023
ホーム商品サービス12月5日(月)発売!『Winart』2023年1月号は、「シン・ブルゴーニュ」と題し、フランス ブルゴーニュにおける新潮流を特集します。

12月5日(月)発売!『Winart』2023年1月号は、「シン・ブルゴーニュ」と題し、フランス ブルゴーニュにおける新潮流を特集します。

株式会社美術出版社(東京都 品川区)は、『Winart(ワイナート)』2023年1月号(111号)を2022年12月5日(月)に発売。巻頭のフランス ブルゴーニュ特集では、ブルゴーニュに新しい風を吹き込む、12の若手生産者にフォーカス。閉鎖的な産地と思われているブルゴーニュにて、いま、何が起こっているのか? ほか、3年ぶりの開催となった日本ワインコンクールの記事も掲載。金賞を受賞したワインを一挙紹介する。

 

12月5日(月)発売!『Winart』2023年1月号は、「シン・ブルゴーニュ」と題し、フランス ブルゴーニュにおける新潮流を特集します。のサブ画像1

 

  • 特集「フランス シン・ブルゴーニュ」

12月5日(月)発売!『Winart』2023年1月号は、「シン・ブルゴーニュ」と題し、フランス ブルゴーニュにおける新潮流を特集します。のサブ画像2

ワインファンの中で根強い人気を誇るブルゴーニュ。高貴で上品なピノ・ノワールのワインを好む人は多く、その中でもダントツで人気なのがブルゴーニュですが、生産量が少ないこともあり、その希少性から、近年は一部投機の対象となる造り手のワインも出始めています。高くて入手困難、閉鎖的産地ゆえ外部からの新規参入もむずかしい、というブルゴーニュにおいて、じつはいま、生産者に新しい動きが起こっているのです。

フランスの別の産地から、また他国からブルゴーニュにやって来て、果敢にワインを造りに取り組む情熱的な生産者の参入、そして、ブルゴーニュにて世代交代によりワイン造りを引き継いだものの、そのまま踏襲するのではなく、独自の方向性に舵を切る若手生産者たち。

今回の特集では、こうした背景をもつ注目の12の生産者にフォーカスをし、現地取材にて、彼らのワイン造りの哲学、造られるワインに迫ります。

12月5日(月)発売!『Winart』2023年1月号は、「シン・ブルゴーニュ」と題し、フランス ブルゴーニュにおける新潮流を特集します。のサブ画像3

12月5日(月)発売!『Winart』2023年1月号は、「シン・ブルゴーニュ」と題し、フランス ブルゴーニュにおける新潮流を特集します。のサブ画像4

<内容>

・外部から来た人を受け入れる、閉鎖的なブルゴーニュの大きな変化
・ブルゴーニュの新しい造り手:レ・オレ/ドメーヌ・ド・カシオペ/カミーユ・ティリエ/アントワーヌ・ルプティ・ド・ラ・ビーニュ/マキシム・クロテ/ニコラ・モラン 世代交代の造り手:ドメーヌ・エドワール・コンフュロン/ドメーヌ・アンリ・ドゥラグランジュ/ドメーヌ・アンリ・ジル・ビュイッソン/ドメーヌ・エロディ・ロワ/ドメーヌ・テナール/ドメーヌ・ブリュノ・クレール
・最旬ブルゴーニュ置いてます、現地ワインショップ事情
・ブルゴーニュ取材先生産者のワイン60本
 

  • 特別記事「日本ワインコンクール2022」

12月5日(月)発売!『Winart』2023年1月号は、「シン・ブルゴーニュ」と題し、フランス ブルゴーニュにおける新潮流を特集します。のサブ画像5

コロナ禍の影響で2年連続で中止となり、2019年以来3年ぶりに開催された「日本ワインコンクール2022」。18回目の今年は、全国から108軒のワイナリーが参加、コロナ対策で出品数が制限されるなか706点がエントリーし、うち24点が金賞を受賞しました。本記事では全金賞ワインのご紹介とともに、コンクールから見える日本ワインの最新事情をお伝えします。

12月5日(月)発売!『Winart』2023年1月号は、「シン・ブルゴーニュ」と題し、フランス ブルゴーニュにおける新潮流を特集します。のサブ画像6

 

  • その他ワインに関する情報盛りだくさんでお届けします!

・モンターニュ・ド・ランスの偉大なるテロワール/シャンパーニュ・パルメ&Co.
・2300生産者の実り、その頂点を極めて/サン・ガール
・大メゾンと軒を並べる事実上のレコルタン/シャンパーニュ・A・ベルジェ―ル
・職人的スピリッツのグラン・メゾン/シャンパーニュ・ボランジェ
・高貴なる継承者、ヴィルジニー T.
・光と熱に恵まれた2015年ヴィンテージ/モエ・エ・シャンドン
・現地を訪れ確信した、気品漂うポメリーの礎

・唯一無二のスパークリングワイン
 名門コントラットの復活 躍進するアルタ・ランガ
・匠の技輝くフランチャコルタ
 エレガンス&フィネスの極み フェルゲッティーナ
・ジンの概念を変える
 生粋のパリジャンが創造する 感動の“飲める香水”/ディスティレイ・ド・パリ
・クラフトワークで育まれる
 スペインのグラン・ヴァン ヴァルドゥエロ
・モンタルチーノの革命児
 伝統と革新の融合美を極める テヌ―タ・ルーチェ
・ルガーナ&ヴァルポリチェッラ
 ガルダ湖畔の可能性を追求する ゼナートの確固たる信念
・今年のクリスマスはひと味違う
 聖なる夜に選びたい、オーストリアワイン
・キャンペーンも実施!
 安心の品質、充実の品揃え ルイ・ジャド公認ショップ
・冬のおすすめ&新商品 ワインカタログ

<巻頭グラビア>
今号のワイン/今号の人/今号のレストラン
<カラー連載>
ゼロから挑むシードル造り/締めの一杯はこれでいく ワイン好きに捧げる食後酒入門/
写真を撮るとは カメラよりも見るのが仕事/パンとワインの美味しい関係
<モノクロ連載>
造り手を変えた1本 /飲み手と造り手のためのワイン法講座/a story ~人とワイン。たったひとつの物語が始まる
・レポート
・ワイナート ワールド ワイン ニュース
・ワインイベント&お得サービス掲示板
・ワイナート ワイン ガイド
生産者インタビュー/セミナー&試飲会テイスティング/今号のコメンテーター
など

※詳細はこちら:https://bijutsu.press/books/5068/
 

  • 雑誌情報

『Winart(ワイナート)2023年1月号 111号』
発行:カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
発売:株式会社美術出版社
価格:1,800 円+税
発売日:2022年12月5日(月)
仕様:164ページ、 A4
JANコード:4910098530135
定期購読:https://www.fujisan.co.jp/product/1281679802/
購入:https://onl.bz/j38HLMq
 

  • 雑誌『Winart(ワイナート)』

1998年12月創刊のワイン専門誌。食やお酒にこだわる本格指向の人々へ、ワインを中心とした豊かなライフスタイルを提案。定評のある美しく洗練されたビジュアルで、“ワインのいま”を知る、旬な情報を発信しています。

美術出版社:https://bijutsu.press/
Winart Web:https://winart.jp/
Twitter:@WinartWinart(https://twitter.com/winartwinart
IG:@winartmagazine(https://www.instagram.com/winartmagazine/
 

  • 美術出版社

1905年の創業以来、一貫して良質な美術図書の出版を手掛けてきました。
『美術手帖』『ワイナート』などの定期雑誌、『カラー版美術史シリーズ』をはじめとする美術・デザイン・建築などの芸術全般にわたる書籍の出版、美術展のカタログ制作、「美術検定」事業のほか、アートと人々をつなぐ多彩な事業を行っています。
美術出版社:https://bijutsu.press/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments