金曜日, 2月 3, 2023
ホームイベント【アルフレックス玉川】プライベートプロパティシリーズ ヘルムート・ニュートン×ニコラス・テイラー写真展「WAS HERE」を開催

【アルフレックス玉川】プライベートプロパティシリーズ ヘルムート・ニュートン×ニコラス・テイラー写真展「WAS HERE」を開催

アルフレックスでアートと出会う「LIFE with ART project」空間との対話から生まれる唯一無二のアート

このたびアルフレックス玉川では、20世紀、伝説のファッションフォトグラファー ヘルムート・ニュートンと、ジャン=ミッシェル・バスキアの盟友ニコラス・テイラーの作品を展示・販売します。力強くも洗練されたモノクロの写真とアルフレックス玉川のインテリア空間との融合をお楽しみください。

【アルフレックス玉川】プライベートプロパティシリーズ ヘルムート・ニュートン×ニコラス・テイラー写真展「WAS HERE」を開催のサブ画像1

 

二人の写真家が表現する力強くも洗練されたモノクロの世界

アートとインテリアの心地よい関係を提案する企画「LIFE with ART project」。
このたびアルフレックス玉川では、20世紀、伝説のフォトグラファーとして、「VOGUE」誌や「PLAYBOY」誌の表紙を飾ってきたファッションフォトグラファーのヘルムート・ニュートンと、ジャン=ミッシェル・バスキアの盟友であったニコラス・テイラーの作品を展示・販売します。一瞬を切り取り、永遠にその瞬間を保存させた2人、モノクロの世界から無限の可能性と自由を観るものに与えてくれます。アルフレックス玉川のインテリア空間との融合をお楽しみください。
 

  • 開催概要

 

 

【アルフレックス玉川】プライベートプロパティシリーズ ヘルムート・ニュートン×ニコラス・テイラー写真展「WAS HERE」を開催のサブ画像2_「David Bowie, Monte Carlo Vogue Magazine,1983」H.668xW.504mm「David Bowie, Monte Carlo Vogue Magazine,1983」H.668xW.504mm

 

プライベートプロパティシリーズ ヘルムート・ニュートン×ニコラス・テイラー写真展「WAS HERE」

日程:2022年12月1日(木)~12月26日(月) ※不定休

時間:11:00~19:00 

会場:アルフレックス玉川

入場無料

展覧会情報:https://www.arflex.co.jp/topics/1124_tamagawa

公式インスタグラム:https://www.instagram.com/arflexjapan/

 

 

 

【アルフレックス玉川】プライベートプロパティシリーズ ヘルムート・ニュートン×ニコラス・テイラー写真展「WAS HERE」を開催のサブ画像3_「JEAN-MICHEL BASQUIAT BY NICHOLAS TAYLOR #3」H.303xW.252mm「JEAN-MICHEL BASQUIAT BY NICHOLAS TAYLOR #3」H.303xW.252mm

curated by noie.cc
https://noie.cc/

The Private Property Collection By INTERNATIONAL IMAGES. GALLERY
https://www.internationalimages.gallery/

Representative of Nicholas Taylor Photography by mAtter
https://www.matter.jp/

新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、会期等を急遽変更する可能性がございます。最新情報はWEBサイトでお知らせいたします。予めご了承ください。
 

  • 作家プロフィール

ヘルムート・ニュートン Helmut Newton

1920年、ドイツのベルリンで裕福なユダヤ人家庭に生まれる。36年より女流写真家イヴァ(エルゼ・ジーモン)のもとで修行を始める。38年、ナチスの手を逃れるためドイツを出国、シンガポールに滞在。新聞社の写真部員になるが2週間で解雇される。40年にオーストラリアへ移住、47年に女優のジューン・ブラウン(アリス・スプリング名義で写真家として活躍)と結婚。ロンドン、後にパリへ移住。『VOGUE』などのファッション誌で活躍。75年にパリで初個展。81年モンテカルロへ移住。2004年ハリウッドで自動車事故にて他界。享年83歳。

ニコラス・テイラー NICHOLAS TAYLOR

NYの生きる伝説と呼ばれ、NYの伝説のクラブであるMUDD CLUBにてバスキアと出会う。2人は意気投合し、その15分後に撮影された写真は今も世界中のバスキア展にて貴重な資料として使用されている。バスキアとニコラス・テイラー、マイケル・ホルマン、シャノン・ドーソン、ウェイン・クリフォード、そして一時期在籍していたヴィンセント・ギャロと共にGRAYというバンドで活動。バスキア亡き今も、GRAYはニコラス・テイラーとマイケル・ホルマンの2人でNYを拠点に活動中。

 

【アルフレックス玉川】プライベートプロパティシリーズ ヘルムート・ニュートン×ニコラス・テイラー写真展「WAS HERE」を開催のサブ画像4

額縁・額装店としての顔も持つ ノイエ キュレーション&クリエイション(noie.cc) とともに、アルフレックスが 2017年にスタートした〈 LIFE with ART project 〉。アートを飾る楽しみを、もっと身近に、たくさんの人に味わっていただきたい。共通する思いを込めて、ジャンルも表現も様々なアートの展示販売イベントを開催しています。
≫HP: https://www.arflex.co.jp/about/activity/life_with_art_project/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments