日曜日, 2月 5, 2023
ホームイベント冬の期間限定で、色彩豊かに光り輝くランプが、12月1日から公開。「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」(長居植物園)、クリスマス、年末年始も休まずオープン。

冬の期間限定で、色彩豊かに光り輝くランプが、12月1日から公開。「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」(長居植物園)、クリスマス、年末年始も休まずオープン。

大阪府大阪市 長居植物園に常設しているチームラボによる夜の野外ミュージアム「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」では、12月1日(木)から冬の期間限定で、大池に浮かぶランプが色彩豊かに光り輝きます。
作品詳細: https://www.teamlab.art/jp/ew/floating_resoating_lamps_oike_ambiguouscolors/botanicalgarden/
展覧会詳細: https://www.teamlab.art/jp/e/botanicalgarden/

冬の期間限定で、色彩豊かに光り輝くランプが、12月1日から公開。「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」(長居植物園)、クリスマス、年末年始も休まずオープン。のサブ画像1_チームラボ《大池に浮遊する呼応するランプ - 曖昧な色》©チームラボチームラボ《大池に浮遊する呼応するランプ – 曖昧な色》©チームラボ

ランプは、光だからこそ発色できる曖昧な色(水の中の光、水草のこもれび、朝焼け、朝空、たそがれ時の空、桃の実、梅の実、花菖蒲、春もみじ)に変化していきます。これは、近代以前の日本で、絹の表の色と裏の色の組み合わせ(当時の絹は薄く、裏地が透けたため複雑な色彩となった)や、重なる色彩のグラデーションなどの曖昧な色彩に季節の名前をつけた、「かさねのいろめ」と言われる色です。
来場者がランプの近くで立ち止まっていると、もしくは風に吹かれてランプが傾くと、ランプは色を変えて強く輝き、音色を響かせ、その周辺のランプも次々に呼応していきます。

「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」のアート空間は、春夏秋冬、植物園の四季と共に移り変わり、今後も季節限定の植物を活かした作品などを展示する予定です。また、クリスマス、年末年始も休まずオープンします。

長居植物園は、野球場などを備えた総合公園として1944年に開園した長居公園内にあります。1974年の開園から50年経ち、今では多くの野鳥が生息し、オオタカやフクロウも目撃されます。オオタカやフクロウは食物連鎖の頂点に位置する生物で、健全な生態系がないと生きていけないと言われています。つまり、大都市の中に、人工的につくられた植物園とその中央の池が、人と共に生態系をつくっており、人も含めた都市の中の人工生態系とも言えるのです。

冬の期間限定で、色彩豊かに光り輝くランプが、12月1日から公開。「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」(長居植物園)、クリスマス、年末年始も休まずオープン。のサブ画像2_チームラボ《風の中の散逸する鳥の彫刻群》©チームラボチームラボ《風の中の散逸する鳥の彫刻群》©チームラボ

これまで人間がつくってきたものは、石ころのように、それ自体で安定的な構造を持っています。そのため、外界から遮断され密封された箱に入れても存在し続けます。しかし、生命はそれとは違い、閉じた箱に入れられると存在を維持できません。生命は自ら安定的な構造をもっていないのです。生命は、外部から食物として物質とエネルギーを取り込み、物質を排出し、エネルギーを外に散逸させながら、秩序構造を維持しています。生命の構造は、そのもの自体ではなく、それらと連続する環境によってつくられています。つまり、生命の存在の輪郭は、肉体の物理的な境界面ではなく、それらと連続する環境も含めた曖昧なものなのです。

長居植物園で展示する、草木そのものや、ここに生息する鳥のふるまいを使った作品群は、草木や鳥が存在することで、存在しています。その草木や鳥は、植物園の森や池、生態系と切り離せず、環境が維持されなければ存在しません。つまり、環境が維持されなければ、作品も消えてなくなってしまいます。作品群の存在の輪郭は、作品の物質的な境界面ではなく、周辺の環境に対して連続的で曖昧なのです。

そして、作品は、吹く風や雨、そこにいる人々のふるまいの影響を受けてインタラクティブに変容し、環境と人々を作品の一部にしていき、人々と作品、草木、森や池、生態系や環境が、境界なく連続していきます。
チームラボは、この展示において、人々の意識が、作品そのものから環境に広がっていく場を模索していこうと思っています。

冬の期間限定で、色彩豊かに光り輝くランプが、12月1日から公開。「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」(長居植物園)、クリスマス、年末年始も休まずオープン。のサブ画像3_チームラボ《ツバキ園の呼応する小宇宙 - 固形化された光の色, Sunrise and Sunset》©チームラボチームラボ《ツバキ園の呼応する小宇宙 – 固形化された光の色, Sunrise and Sunset》©チームラボ

チームラボ ボタニカルガーデン 大阪

https://www.teamlab.art/jp/e/botanicalgarden/
#チームラボボタニカル 
常設
長居植物園 (大阪市東住吉区長居公園1-23)
​開催時間:
<11月>
18:00~21:45(20:45 最終入場)
休園日: 11/28(月)

<12月・1月>
18:00~21:30(20:30 最終入場)
休園日: 12/12(月)、12/26(月)、1/10(火)、1/23(月)

* 開催時間はシーズンによって異なります。

ハイライト動画: 

 

長居植物園: https://botanical-garden.nagai-park.jp/

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments