土曜日, 1月 28, 2023
ホームイベントブルガリ、MAXXI BVLGARI賞 アレサンドラ・フェリーニを選出

ブルガリ、MAXXI BVLGARI賞 アレサンドラ・フェリーニを選出

2022年11月20日までMAXXI イタリア国立21世紀美術館にて展示

2022年10月26日 ローマ – 130年以上にわたって技術の研鑽を積み重ねてきたブルガリは、イタリアを代表するメゾンとしての使命のもと、MAXXI(イタリア国立21世紀美術館)とともに若手アーティストの支援とプロモーションを推進するプロジェクト「MAXXI BVLGARI賞」において、若手芸術家の支援と育成を行ってきました。今年で第3回となったエキシビションでは、アレサンドラ・フェリーニ(1984年 フィレンツェ生まれ)の『Gaddafi in Rome:Notes for a Film』が大賞となり、シルビア・ロッシが観客賞を受賞しました。両作品はMAXXIにより購入され、MAXXI Arte コレクションに加わる予定です。

 

ブルガリ、MAXXI BVLGARI賞 アレサンドラ・フェリーニを選出のサブ画像1_左よりナムサル・シエドレッキ、ブルガリ グループ副会長ニコラ・ブルガリ、MAXXI財団理事長 ジョヴァンナ・メランドリ、ブルガリ グループCEOジャン-クリストフ・ババン、アレサンドラ・フェリーニ、シルビア・ロッシ左よりナムサル・シエドレッキ、ブルガリ グループ副会長ニコラ・ブルガリ、MAXXI財団理事長 ジョヴァンナ・メランドリ、ブルガリ グループCEOジャン-クリストフ・ババン、アレサンドラ・フェリーニ、シルビア・ロッシ

授賞式は10月25日(火)午後7時よりMAXXIで行われ、本エキシビションキュレーターのジュリア・フェラッチと、最終選考に残ったアレサンドラ・フェリーニ、ナムサル・シエドレッキ、シルビア・ロッシによるトークショーが行われました。

ブルガリ、MAXXI BVLGARI賞 アレサンドラ・フェリーニを選出のサブ画像2_左よりナムサル・シエドレッキ、アレサンドラ・フェリーニ、シルビア・ロッシ左よりナムサル・シエドレッキ、アレサンドラ・フェリーニ、シルビア・ロッシ

授賞式には、ブルガリCEOのジャン-クリストフ・ババン、MAXXI財団会長のジョヴァンナ・メランドリ、MAXXI芸術監督のホウ・ハンルー、MAXXIディレクターを務めるバルトロメオ・ピエトロマーチ、WIELS現代アートセンターディレクターのダーク・スナワート、ローマにおけるさまざまな主要イベントの評議員であるアレッサンドロ・オノラートが出席しました。

シャルジャ芸術財団代表兼ディレクターを務めるハリド・アル・カシミ、ポンピドゥー・メッツディレクターのキアラ・パリージ、WIELS現代アートセンターディレクターのダーク・スナワート、MAXXI芸術監督のホウ・ハンルー、またMAXXIディレクターバルトロメオ・ピエトロマーチをはじめとした審査員により、アレサンドラ・フェリーニの『Gaddafi in Rome:Notes for a Film』が選ばれました。ルーツ、子孫、記憶といったテーマを、叙情性と皮肉の狭間で現代的な視点で扱ったことが評価され、次のような講評が与えられました。
「地政学的な歴史における論争の的となる事実を表現する能力に長けており、歴史やジャーナリズムの物語における公式かつ正統な方式に挑戦している。特に、写真、文章、映画などの記録資料を分析し、ポストコロニアル時代における人権と地球市民権の擁護に不可欠な研究の役割を反映し、新しい物語に再構成する点での強さとバランスが高く評価された」

また観客賞は、『Teacher Don't Teach Me Nonsense』で55%を超える票を集めたシルビア・ロッシが受賞しました。

MAXXI財団理事長のジョヴァンナ・メランドリは次のように述べています。
「美の多様性と実験を通して、異なる未来を想像する重要性を表現する能力を評価された3 人のファイナリストにお祝いを申し上げます。また、アレサンドラ・フェリーニさんとシルビア・ロッシさん、ご受賞おめでとうございます。この賞は、MAXXI(イタリア国立21世紀美術館)と、ブルガリというイタリアを体現する世界的有名企業との強固な協力関係のおかげで年々大きなものとなり、イギリスのターナー賞やフランスのデュシャン賞に並ぶ偉大な賞となっています。MAXXI BVLGARI賞は、アーティストがその才能を発揮し、人々がそれを発見するための重要な場です。この賞は、私たちの批判的思考を刺激し、自由、記憶、多様性の中にある豊かさ、そして自然と人間に対して向けられるべき敬意について語る芸術を通し、私たちが思いを巡らせる機会を与えてくれます。芸術は、私たちに踏み出すべき道を教えてくれるのです」

ブルガリ グループCEOジャン‐クリストフ・ババンは次のようにコメントしました。
「第3回目の開催となる今回、MAXXI BVLGARI賞が、イタリアと世界のアートシーンにおいて重要な役割を担っていることを改めて認識しました。このエキシビションと賞は、アイデンティティや帰属意識といった概念について考えるため、私たちに個々の世界観の境界を越えることを指し示してくれる若いアーティスト達の考えを見せてくれます。彼らの作品は、私たちが変化に向き合うことと、共有された価値観にしたがって変化していくことを促します」

 

エキシビションについて

第一の展示はアレサンドラ・フェリーニによるビデオインスタレーション『Gaddafi in Rome:Notes for a Film』です。この作品は、イタリアとリビアの友好パートナーシップ協力条約の調印のため2009年にイタリアを初めて公式訪問したカダフィ大佐をノンフィクション映画特有の自己言及的なアプローチで表現しています。情報の役割と複雑な地政学的事象の関係について考察し、現代の視点からイタリアと過去との関係を分析しています。
 

ブルガリ、MAXXI BVLGARI賞 アレサンドラ・フェリーニを選出のサブ画像3_アレサンドラ・フェリーニ『Gaddafi in Rome』アレサンドラ・フェリーニ『Gaddafi in Rome』

第二の展示、ナムサル・シエドレッキの作品『Nuovo Vuoto』は、6つの手からなる彫刻インスタレーションです。それぞれが異なる素材と形状で作られており、置かれている台座の素材も石膏とセメント、ハイマツの木材、テラコッタ、ポリスチレン、ポリウレタン、ブロンズ、吹きガラスと様々です。物質の加工と進化、そして別の状態への変容にフォーカスした点が特徴となった作品です。シエドレッキは錬金術師のようにさまざまな要素や技術的な解決策を扱い、変化を示しています。

ブルガリ、MAXXI BVLGARI賞 アレサンドラ・フェリーニを選出のサブ画像4_ナムサル・シエドレッキ『Nuovo Vuoto』ナムサル・シエドレッキ『Nuovo Vuoto』

トーゴ系イタリア人のアーティスト、シルビア・ロッシの一連の作品は、写真をアイデンティティと記憶の研究のツールとして扱い、最後に『Teacher Don't Teach Me Nonsense』という作品により締めくくります。彼女の作品は、日常生活の出来事を通して自身の家族の歴史とアイデンティティの遺産を再構築しています。写真、ビデオ、オーディオの3つを使用したインスタレーションで構成されるこの作品でアイデンティティが主張する過程における言語の重要性に焦点を当て、トーゴで起こった植民地支配のプロセスによって常態化した構造的な問題を考察しています。
 

ブルガリ、MAXXI BVLGARI賞 アレサンドラ・フェリーニを選出のサブ画像5_シルビア・ロッシの作品シルビア・ロッシの作品

賞の歴史

2000年に「Premio per la Giovane Arte」として創設されたこの賞は、MAXXIアルテ・コレクションの原点であり、発祥の地でもあります。この賞は長年にわたり、多くのアーティストが目指す登竜門となってきました。

2001年以来10度目の開催となり、マリオ・アイロ、ユーリ・アンカラーニ、ヴァネッサ・ビークロフト、ロセッラ・ビスコッティ、ジョルジオ・アンドレオッタ・カロ、ステファノ・アリエンティ、ミコル・アサエル、ローザ・バルバ、マッシモ・バルトリーニ、トマソ・デ・ルカを含む48名のアーティストが参加しています。2018年にMAXXI BVLGARI賞となった際の初の受賞作品は、タリア・チェトリット、インヴェルノムートとともにファイナリストとなったディエゴ・マルコンの『Ludwig』で、MAXXIにより購入されました。2020年は、ジュリア・センシ、レナート・レオッタとともにファイナリストに残ったトマソ・デ・ルカが受賞しています。

お問い合わせ先:ブルガリ ジャパン 03-6362-0100 https://www.bulgari.com/ja-jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments