金曜日, 9月 30, 2022
ホームイベント【京都岡崎 蔦屋書店】気鋭のペインター山本理恵子の新作を含む企画展「Urlandschaft-原風景- Ⅱ」を10月23日(土)より開催。

【京都岡崎 蔦屋書店】気鋭のペインター山本理恵子の新作を含む企画展「Urlandschaft-原風景- Ⅱ」を10月23日(土)より開催。

京都を中心に活躍する今注目すべきクリエイターを紹介するシリーズ「アートウォール京都」

京都岡崎 蔦屋書店(京都市左京区ロームシアター京都 パークプラザ1階)は、数々の展覧会で作品を発表している注目のペインター山本理恵子の企画展「Urlandschaft-原風景- Ⅱ」を10月23日(土)から11月12日(金)の期間に店内アートスペースにて開催いたします。同期間に、作品を店舗・オンラインにて販売いたします。

 

【京都岡崎 蔦屋書店】気鋭のペインター山本理恵子の新作を含む企画展「Urlandschaft-原風景- Ⅱ」を10月23日(土)より開催。のサブ画像1_《a reproduction of a picture I drew when I was 8 years old》2021 acrylic, oil and spray on canvas 162×130.3cm 《a reproduction of a picture I drew when I was 8 years old》2021 acrylic, oil and spray on canvas 162×130.3cm

 

  • 概要

京都を中心に今注目すべきクリエイターを紹介するシリーズ「アートウォール京都」が今年9月よりスタートしました。第3回目となる11月はペインター山本理恵子を紹介、企画展「Urlandschaft-原風景- Ⅱ」を開催いたします。

山本理恵子は2011年に京都市立芸術大学院美術学部油画領域を修了し、「VOCA」上野の森美術館 (2010/ 東京)をはじめ数々の展覧会で精力的に絵画を発表している気鋭のペインターです。「図像同士の関係性と境界そのものに着目し」と本人が語るように、現前する図像からその絵画はスタートし、自身の身体を伴った筆致により解体と再統合を繰り返します。その繰り返しはいつしか図像を離れ、新たな作品として表現されます。

本展では山本が幼少期を過ごしたドイツでのスナップ写真や、当時描いた風景画といった山本にとって親密なイメージが絵画の起点となっています。その個人的でありつつもどこか遠いイメージは山本の絵画に新たな筆致や色彩を呼び込みます。ノスタルジックでありながらどこか温かみのある「原風景」をお楽しみください。

特集ページ:https://store.tsite.jp/kyoto-okazaki/blog/art/22888-1947251016.html

 

【京都岡崎 蔦屋書店】気鋭のペインター山本理恵子の新作を含む企画展「Urlandschaft-原風景- Ⅱ」を10月23日(土)より開催。のサブ画像2_《Lebkuchenhaus am Fenster》2021 acrylic and spray on canvas 91×116.7cm《Lebkuchenhaus am Fenster》2021 acrylic and spray on canvas 91×116.7cm

  • アーティストステートメント

具体的に知覚できる現実のイメージと、描き進めるうちに出てきた偶然の色や形から生まれた非現実的のイメージを編みながら描いています。生まれたモチーフの解体と統合をくり返すうちに、色面のレイヤー間にノイズを伴った絵画空間が立ち現れます。
本展では、幼少を過ごしたドイツでの暮らしや旅のスナップを元に描いた絵と、8歳の頃に描いた絵の模写など、河原町三条での夏の個展「Urlandschaft-原風景-」で展示したものに新作を交えて展示いたします。
絵のなかで巡る幼少への旅にお付き合いください。
 

  • アーティストプロフィール

山本理恵子

1985年大阪生まれ。
2011年京都市立芸術大学大学 大学院 美術研究科 絵画領域 修了
図像同士の関係性と境界そのものに着目し、筆触により逸脱すること/留まることを繰り返しながら、図と地の共振する絵画を描く。

<主な個展>
「Urlandschaft -原風景-」MEDIA SHOP gallery2(2021 /京都)
「真昼の星々」gallery hitoto(2019 /大阪)
「空白の頁」MORI YU GALLERY(2017 / 京都)

<グループ展>
「ART OSAKA 2017」ホテルグランヴィア大阪(2017 /大阪)
「THE PRINCE  GALLERY TOKYO KIOICHOコミッションワーク」プリンスギャラリー紀尾井町(2016 /東京)
「アートがあればⅡ9人のコレクターによる個人コレクション場合」東京オペラシティアートギャラリー(2013 /東京)
「VOCA」上野の森美術館(2010 /東京)など
 

  • 「アートウォール京都」とは

本企画は、大きな変化が起きている現代において「京都」を中心として活動しているこれから注目すべきクリエイターの「今」表現される作品を通じて京都のアートシーンの現在地を探ります。
書店と融合した開放的な空間に表れるクリエイターの作品。
そこから生まれる感情。想像を膨らませることの出来るひと時をお届けするシリーズです。
 

  • 展示詳細

アートウォール京都 2021.11
山本理恵子 「Urlandschaft-原風景- Ⅱ」

期間|2021年10月23日(土)~11月12日(金)
会場|京都岡崎 蔦屋書店  ギャラリースペース
主催|京都岡崎 蔦屋書店
お問い合わせ|075-754-0008(営業時間内)
特集ページ|https://store.tsite.jp/kyoto-okazaki/blog/art/22888-1947251016.html
※展示終了日は変更になる場合があります。

 

【京都岡崎 蔦屋書店】気鋭のペインター山本理恵子の新作を含む企画展「Urlandschaft-原風景- Ⅱ」を10月23日(土)より開催。のサブ画像3_《People passing in front of me》2021 acrylic and spray on canvas 130.3×97cm《People passing in front of me》2021 acrylic and spray on canvas 130.3×97cm

 

  • 販売について

京都岡崎 蔦屋書店 店頭にて10月23日(土)13時より販売開始いたします。
販売期間|10月23日(土)13時~11月12日(金)18時
※24日以降は営業時間内、最終日の11月12日は18時までとさせて頂きます。
※営業時間8:00-20:00

オンラインアストア(OIL by 美術⼿帖)でも作品の一部を同期間販売いたします。
販売期間|10月23日(土)13時~11月12日(金)18時

特集ページ|https://store.tsite.jp/kyoto-okazaki/blog/art/22888-1947251016.html
 

  • 京都岡崎 蔦屋書店

文化都市、国際都市 京都にふさわしく「アート」「日本の暮らし」をテーマにコンシェルジュが厳選した本や雑貨を揃えています。劇場・美術館・公園に隣接した文化空間にて珈琲を飲みながら本を読んだり、アートギャラリーや工芸ギャラリーをお楽しみ頂けます。

【京都岡崎 蔦屋書店】気鋭のペインター山本理恵子の新作を含む企画展「Urlandschaft-原風景- Ⅱ」を10月23日(土)より開催。のサブ画像4

住所|〒606-8342 京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13 ロームシアター京都 パークプラザ1階
電話番号|075-754-0008
営業時間|店舗ホームページをご確認ください。
ホームページ| https://store.tsite.jp/kyoto-okazaki/
Twitter|https://mobile.twitter.com/EventKyoto
Instagram|https://www.instagram.com/kyoto.okazaki_tsutayabooks/
 

  • CCCアートラボ

私たちは、企画会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の中でアートに関する事業を行う企画集団です。「アートがある生活の提案」を通じてアートを身近にし、誰かの人生をよりハッピーにすること、より良い社会をつくることに貢献したいと考えています。店舗企画やアートメディア、商品開発やイベントプロデュースなど、長年の実業経験を通して培った知見をもとに、専門的なアプローチで企画提案を行います。
https://www.ccc-artlab.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments