日曜日, 2月 5, 2023
ホームイベント第3回 食とアートを繋ぐ「アート体験型マルシェ」を京急沿線日ノ出町~黄金町駅間の高架下で11月6日(日)開催

第3回 食とアートを繋ぐ「アート体験型マルシェ」を京急沿線日ノ出町~黄金町駅間の高架下で11月6日(日)開催

〜34店舗の飲食店と5名のアーティスト、地域と協働実施〜

YADOKARI株式会社(本社:神奈川県横浜市 、 代表取締役CEO さわだいっせい・代表取締役COO ウエスギセイタ、以下YADOKARI)は、京浜急行電鉄株式会社(本社:横浜市西区、取締役社長:川俣幸宏、以下京急電鉄)との連携の下、横浜市日ノ出町・黄金町・初音町エリア活性化の一環として、京急線日ノ出町~黄金町駅間の高架下エリアにて、第3回の開催となるアート体験型マルシェ「FOOD ART STATION ”MANIAC LOVE” 〜愉しみはいつも誰かの偏愛から〜」を、2022年11月6日(日)に開催致します。

マニアックなこだわりのある店舗を中心とした総勢34店舗の飲食店を中心としたマルシェの他、黄金町で活動を行うアーティストによる展示やワークショップなどのアート企画や、ライブパフォーマンスなどを実施。このまちでしか体験できない、食とアートの体験をお楽しみいただけます。

第3回 食とアートを繋ぐ「アート体験型マルシェ」を京急沿線日ノ出町~黄金町駅間の高架下で11月6日(日)開催のサブ画像1

 

 

【高架下マルシェ(+インストラクション)】

高架下を舞台としたマルシェ。今回のマルシェは、「MANIAC LOVE 〜愉しみはいつも誰かの偏愛から〜 」というテーマと合わせ、各々の活動や商品の中から料理人や職人の”MANIAC LOVE”を感じる魅力的な店舗の数々が出店します。
また、いくつかの店舗にて、このまちを拠点とするアーティストにより制作された”インストラクションペーパー”(指示書)の配布を行います。
これは、パン屋さんなどで配布される「ご自宅でお召し上がりになる際は、アルミホイルに包んでトースターで5分ほど温めていただくと美味しく召し上がっていただけます」というような美味しく味わう手引きを模したアート企画です。是非お楽しみください!

出店店舗一覧(全34店舗 順不同)

第3回 食とアートを繋ぐ「アート体験型マルシェ」を京急沿線日ノ出町~黄金町駅間の高架下で11月6日(日)開催のサブ画像2

hibiplus / 星製粉所 BAKE LAB / 土間カフェ / ピケマルシェ365日 / Bagel cafe nico. / ムールアラムール / Boulangerie NoPell / Cafe kopi kan / Kuchibue焼菓子製作所 / あいうえおかし / DOUX / Chair COFFEE ROASTERS / アメイズコーヒーハウス / SHINTARO COFFEE / ハチドリコーヒーとレインブラントティー / MongChangCoffee / 偏愛小諸 / 三浦半島大収穫祭 / 初黄日商店会 / Togateur / musubi 結 / LOCALSPOON / べにや長谷川商店 / 和紅茶専門店レインブラントティー / 日本の旨み山椒専門店 ZANSHO-P / FarmDeli&Bar by ヨコハマベジメイトプロジェクト / Tete cafe / rinnon flowers / BOTANICAL TREAT / crevasse / spread it / アフリカ布の工房OdiOdi / Liwuu / Tinys Yokohama Hinodecho

第3回 食とアートを繋ぐ「アート体験型マルシェ」を京急沿線日ノ出町~黄金町駅間の高架下で11月6日(日)開催のサブ画像3

【パフォーマンス】

”MANIAC LOVE”を感じる2名のアーティストによるパフォーマンスを実施します。参加アーティストは、Jobシンガーとして様々な職業をリサーチし、インタビューを重ねながら「職業の歌」を作詞作曲している「missato」と食器を使って音を奏でるパフォーマンス作品「碗琴道」を行なう黄金町のアーティスト「かずさ」になります。

【作品展示】

黄金町で活躍するアーティスト「常木理早」、「岡田光生」による作品展示を実施します。
数多くのアーティストが滞在制作を行なっている黄金町エリア。今回は、その中から立体作品やインスタレーションを中心に制作を行っている「常木理早」と、絵画制作を行なっている「岡田光生」の作品をお見せします。

【影絵ワークショップ「MANIAC SHADOWS」】

黄金町に滞在しているフィリピン出身のアーティスト、ラルフ・ルムブレスによる、影遊びの参加型ワークショップ「MANIAC SHADOWS」を実施します。参加者の皆さんとアーティストが共に”MANIAC LOVE”をテーマに、その場で作っていくワークショップです。

「FOOD ART STATION ”MANIAC LOVE” 〜愉しみはいつも誰かの偏愛から〜」開催概要

【開催日】2022年11月6日(日)
【時 間】11:00 ~16:00 *雨天決行。荒天時のみ中止。
【会 場】日ノ出町~黄金町駅高架下
【申 込】申込不要・入場無料 ※ワークショップのみ要事前予約
【総合案内】Tinys Yokohama Hinodecho
【主 催】京浜急行電鉄株式会社
【企画・運営】YADOKARI株式会社
【協 力】初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会、黄金町エリアマネジメントセンター、初黄日商店会、パンとコーヒーマルシェ
【問合せ】Tinys Yokohama Hinodecho(TEL: 045-334-8309)

詳細については、「未来横浜カルチャー会議」をご確認ください。
https://culture.yokohama/event/1812/

▼本プレスリリース/イベントに関するお問合せ先
YADOKARI株式会社 FOOD ART STATION運営担当宛
info@yadokari.net
 

第3回 食とアートを繋ぐ「アート体験型マルシェ」を京急沿線日ノ出町~黄金町駅間の高架下で11月6日(日)開催のサブ画像4

YADOKARI株式会社
代表者:代表取締役CEO さわだいっせい・代表取締役COO 上杉勢太
設立:2013年11月1日
本社所在地:神奈川県横浜市中区日ノ出町2-166先 Tinys Yokohama Hinodecho
資本金:5,244万円
事業内容:新空間プラットフォーム事業/タイニーハウス販売・リース/メディア・プロモーション/まちづくり・エリアリノベーション
コーポレートサイト:https://yadokari.company/
自社メディア「YADOKARI.net」:https://yadokari.net/

暮らし(住まい方・働き方)の原点を問い直し、これからを考えるソーシャルデザインカンパニー「YADOKARI」。

暮らしに関わる企画プロデュース・ブランディング・PR、メディア運営、遊休不動産と可動産(タイニーハウス・VAN)の活用・施設運営、まちづくり支援などを主に手がける。世界中の小さな家やミニマルライフ事例を紹介する「YADOKARI.net」、全国の100均物件マッチングサイト「空き家ゲートウェイ」などを企画運営。自社施設として可動産を活用した日本初の高架下複合施設「Tinys Yokohama Hinodecho(グッドデザイン賞、ソトノバアワード場のデザイン賞)」、可動産イベントキッチンスペース「BETTAR STAND 日本橋」を企画・運営。黒川紀章設計「中銀カプセルタワービルなかの名建築の保全再生にも携わる。著書に「ニッポンの新しい小屋暮らし」(光文社)「アイム・ミニマリスト」(三栄書房)「未来住まい方会議」(三輪舎)「月極本」などがあり日本以外にも中国、韓国などアジア圏での出版も多数展開。
 

第3回 食とアートを繋ぐ「アート体験型マルシェ」を京急沿線日ノ出町~黄金町駅間の高架下で11月6日(日)開催のサブ画像5

京浜急行電鉄株式会社
代表者:取締役社長  川俣幸宏
本社所在地:横浜市西区高島1丁目2番8号
http://www.keikyu.co.jp/

1948年6月1日設立。都心から川崎・横浜・横須賀・三浦半島までの東京湾の西側を中心に交通事業、不動産事業、レジャー・サービス事業、流通事業等を展開しており、事業の中心となる鉄道事業では本線、空港線、大師線、逗子線、久里浜線の5路線を運営し、通勤・通学の足として暮らしを支えている。ビジネス、国際空港、産業、住宅、観光など、都心から電車で1時間ほどのエリアに様々な顔を持つ沿線となっている。

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments