日曜日, 2月 5, 2023
ホームイベント東京工芸大学 ゑ藤隆弘 准教授が「日本サインデザイン賞」で金賞を受賞 -- 「SHISEIDO BEAUTY SITE サイン計画」--

東京工芸大学 ゑ藤隆弘 准教授が「日本サインデザイン賞」で金賞を受賞 – 「SHISEIDO BEAUTY SITE サイン計画」–

 東京工芸大学(学長:吉野弘章、所在地:東京都中野区、以下本学)芸術学部デザイン学科 ゑ藤隆弘准教授が、日本で唯一のサインデザインを対象としたコンペティション「第56回日本サインデザイン賞」で金賞を受賞しました。応募数総数は275作品(作品画像数2,542枚、映像数36点)。また、この受賞作品はカッティングシートの可能性を追求する「CSデザイン賞」でも「中川ケミカル賞」を受賞しています。

 ゑ藤隆弘准教授の受賞作品は「SHISEIDO BEAUTY SITE サイン計画」。資生堂大阪茨木工場の見学施設「SHISEIDO BEAUTY SITE」のサインデザインです。「旅」から着想し、標識やバス停を模したサインを点在させることで施設全体を街に見立てています。各エリアのカラーはサイン裏面にカッティングシートを貼り、その色を白い壁に反射させることで繊細に表現、旅の期待感や楽しさを演出しています。

 なお、受賞作品の一部は、10月25日から「CSデザインセンター」にて開催される第22回CSデザイン賞展にて展示されます。ゑ藤隆弘准教授と受賞作品の概要は以下のとおりです。

■受賞作品「SHISEIDO BEAUTY SITE サイン計画」

【詳細URL】 https://studyllc.tokyo/project/27/

東京工芸大学 ゑ藤隆弘 准教授が「日本サインデザイン賞」で金賞を受賞 -- 「SHISEIDO BEAUTY SITE サイン計画」--のサブ画像1_受賞作品「SHISEIDO BEAUTY SITE サイン計画」受賞作品「SHISEIDO BEAUTY SITE サイン計画」

■東京工芸大学芸術学部デザイン学科 ゑ藤隆弘准教授

 多摩美術大学大学院博士後期課程修了後、佐藤晃一デザイン室、廣村デザイン事務所を経て、2016年 STUDY LLC.を設立。2018年東京工芸大学に入職。本学芸術学部では、グラフィックデザイン固有の思考や表現を多様な領域へ展開することを研究している。世界5大ポスター展の一つ「ラハティ国際ポスタートリエンナーレ2022」ではグランプリを受賞。

東京工芸大学 ゑ藤隆弘 准教授が「日本サインデザイン賞」で金賞を受賞 -- 「SHISEIDO BEAUTY SITE サイン計画」--のサブ画像2

■日本サインデザイン賞

日本サインデザイン賞は、優れたサインデザイン作品を広く社会にアピールすることにより、
サインデザインの普及および啓発を図ることを目的として、
1966年以来続けられてきた日本で唯一のサインデザインを対象とした顕彰事業です。
【URL】 https://www.sign.or.jp/wp/wp-content/uploads/2022/09/56th_SDA-Award.pdf

■CSデザイン賞

カッティングシートの可能性を追求する「CSデザイン賞」は
カッティングシートの産みの親、中川ケミカル主催のデザインコンペです。
【URL】https://www.cs-designaward.jp/22th/general.html

■東京工芸大学 芸術学部

1994年に芸術学部設置(所在地:東京都中野区)
現在メディア芸術を中心とした7学科(写真、映像、デザイン、インタラクティブメディア、アニメーション、ゲーム、マンガ)を有し、テクノロジーとアートを融 合させた「メディア芸術」分野のプロフェッショナルを育成している。
【URL】 https://www.t-kougei.ac.jp/
 

東京工芸大学 ゑ藤隆弘 准教授が「日本サインデザイン賞」で金賞を受賞 -- 「SHISEIDO BEAUTY SITE サイン計画」--のサブ画像3

東京工芸大学 ゑ藤隆弘 准教授が「日本サインデザイン賞」で金賞を受賞 -- 「SHISEIDO BEAUTY SITE サイン計画」--のサブ画像4

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments