日曜日, 2月 5, 2023
ホーム商品サービス美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場

正倉院の宝物に着想を得た、ネイルシール・バッグ・アクセサリーが誕生

フェリシモが展開する「ミュージアム部」は、「正倉院展」とコラボした、「螺鈿紫檀阮咸ラウンドショルダーバッグ」や「螺鈿風デザインが光るジェル風ネイルシール」など、正倉院の宝物を知ることができるファッションアイテムのウェブ販売を10月24日より開始しました。毎年秋に「正倉院宝庫」の宝物が一般公開される「正倉院展」。さまざまな経緯で納められた歴史ある宝物の魅力をもっと身近に感じてもらえるように、本物の美しさを忠実に再現しつつ、ふだん使いにもなじむアートなデザインに落とし込んでいます。コラボアイテムは、悠久の音色が聴こえてきそうな「螺鈿紫檀阮咸ラウンドショルダーバッグ」、繊細な螺鈿の美しさをオーロラ箔で再現した「螺鈿風デザインが光るジェル風ネイルシール」をはじめ、合わせて使いたくなる「宝物の欠片マジェステ」と「宝物の欠片イヤアクセサリー」の4点です。「正倉院展」のいにしえの宝物たちに思いを馳せながら、いつでも高貴な輝きを楽しむことができます。

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像1

◆コラボ商品のご紹介
【1】螺鈿紫檀阮咸ラウンドショルダーバッグ

正倉院を代表する宝物のひとつ「螺鈿紫檀阮咸」をモチーフにしたショルダーバッグです。タイマイやコハクなどをはめ込まれた美しい珠飾りをくわえたインコは、ショルダーバッグ本体にレイアウト。側面にも螺鈿モチーフがほどこされています。楽器の転手部分に細工されている螺鈿細工の意匠は、ショルダーストラップ部分にパターン化して再現。ストラップは長さ調節が可能です。

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像2

裏側にあしらわれた透かしパーツもポイントです。気分を変えたいときは、こちらを正面にしてシンプルなバッグとしても使えます。長財布も入る収納部には、便利な内ポケットも付いています。

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像3

【NEW】ミュージアム部 悠久の音色に想いを馳せる 螺鈿紫檀阮咸ラウンドショルダーバッグ

1個 ¥4,300(+10% ¥4,730)
商品の詳細とお申し込み>> https://feli.jp/s/pr221024mu/1/

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像4

螺鈿紫檀阮咸

『国家珍宝帳(こっかちんぽうちょう)』記載の楽器。楽器名は中国晋代の竹林の七賢の故事にちなみ、円盤形の胴と長い頸(くび)が特徴。

◆「螺鈿紫檀阮咸ラウンドショルダーバッグ」をフェリシモ「ミュージアム部」noteでチェック

>>https://feli.jp/s/pr221024mu/2/

【2】螺鈿風デザインが光るジェル風ネイルシール

螺鈿細工が美しい宝物にインスピレーションを受けて作り上げたジェル風ネイルシールです。繊細な輝きを放つ螺鈿を、淡い虹色にきらめくオーロラ箔で再現しています。

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像5

虹色に輝くオーロラ箔は、まるで本物の螺鈿細工のように見えます。つめの先に合わせてシールを貼り、お手持ちのトップコートを塗るだけで、まるでネイルサロンで施術したような仕上がりになります。デザインは〈螺鈿紫檀阮咸〉〈八角鏡 平螺鈿花鳥背〉〈螺鈿紫檀五絃琵琶〉の3種類です。

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像6

【NEW】ミュージアム部 宝物の輝きを手もとに 螺鈿風デザインが光るジェル風ネイルシールの会

月1セット ¥1,800(+10% ¥1,980)
商品の詳細とお申し込み>> https://feli.jp/s/pr221024mu/3/

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像7

螺鈿紫檀阮咸

『国家珍宝帳(こっかちんぽうちょう)』記載の楽器。楽器名は中国晋代の竹林の七賢の故事にちなみ、円盤形の胴と長い頸(くび)が特徴。

八角鏡 平螺鈿花鳥背

鏡背に螺鈿で花鳥文をあらわした鏡。花心には赤いコハクを、また文様の間地は黒い樹脂様の物質にトルコ石の細片をちりばめる。『国家珍宝帳』記載の品。

螺鈿紫檀五絃琵琶

『国家珍宝帳』記載の楽器。五絃琵琶はインド起源といわれ、頭部が折れ曲がらない直頸形式が特徴。螺鈿・タイマイ貼りなどの技法を駆使して華麗な文様をあらわす。

ジェル風ネイルシールは特製の台紙にセットして、2枚シートのセットでお届けします。

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像8

◆「螺鈿風デザインが光るジェル風ネイルシール」をフェリシモ「ミュージアム部」noteでチェック

>>https://feli.jp/s/pr221024mu/4/

【3】宝物の欠片マジェステ

正倉院宝物「礼服御冠残欠」の一部から着想を得たマジェステ(髪飾り)です。使いこむほど味が出る真ちゅう素材に、繊細な宝物のデザインをていねいに落とし込んでいます。

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像9

宝物の繊細な線や彫りを忠実に再現したマジェステは上品な輝きが魅力的で、和装、洋装どちらにも合わせやすく、結んだ髪に挿して留めるだけで、パッと華やかなスタイルが完成します。スティックのみをかんざし風に使うのもおすすめです。

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像10

【NEW】ミュージアム部 正倉院が誇る歴史の輝きを身にまとう 宝物の欠片マジェステ

1セット ¥3,800(+10% ¥4,180)
商品の詳細とお申し込み>> https://feli.jp/s/pr221024mu/5/

 

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像11

礼服御冠残欠

大仏開眼会で聖武天皇・光明皇后らが使用したとされる冠の残片。破損したのは、鎌倉時代に出蔵した折のこと。

◆「宝物の欠片マジェステ」をフェリシモ「ミュージアム部」noteでチェック

>>https://feli.jp/s/pr221024mu/6/

【4】宝物の欠片イヤアクセサリー

正倉院宝物「礼服御冠残欠」の一部をモチーフにした、アシンメトリーの耳飾りです。大仏開眼会で聖武天皇や光明皇后らが着用した冠の欠片といわれている美しい宝物を、忠実に再現しています。和装やシンプルコーデのアクセントにしたり、「宝物の欠片マジェステ」と合わせてコーディネートするのもおすすめです。

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像12

身に着けていると、古代日本にタイムトリップしたような気分が楽しめそうです。イヤリングとピアスの2タイプから選べます。

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像13

【NEW】ミュージアム部 正倉院が誇る歴史の輝きを身にまとう 宝物の欠片イヤアクセサリー

1組 ¥2,900(+10% ¥3,190)
商品の詳細とお申し込み>> https://feli.jp/s/pr221024mu/7/

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像14

礼服御冠残欠

大仏開眼会で聖武天皇・光明皇后らが使用したとされる冠の残片。破損したのは、鎌倉時代に出蔵した折のこと。

◆「宝物の欠片イヤアクセサリー」をフェリシモ「ミュージアム部」noteでチェック

>>https://feli.jp/s/pr221024mu/8/

◆「第74回 正倉院展」

正倉院宝物庫は毎年秋に勅封が解かれ、宝物の点検が行われます。その時期に合わせて宝物を一般に公開する正倉院展が開催されます。出陳宝物の選定は宝物の全体像が分かるように配慮しつつ、最新の研究成果を反映した品や話題性のある品が選ばれています。
フェリシモ「ミュージアム部」とのコラボ商品のうち、「螺鈿風デザインが光るジェル風ネイルシール」「宝物の欠片マジェステ」「宝物の欠片イヤアクセサリー」は会場特設ショップにて販売。「螺鈿紫檀阮咸ラウンドショルダーバッグ」はフェリシモ公式サイトにて販売します。

会期:10月29日~11月14日、会期中無休
会場・主催:奈良国立博物館
特別協力:読売新聞社
※観覧には「前売日時指定券」の予約・発券が必要です。当日券の販売はありません。

公式サイト >> https://shosoin-ten.jp/

◆そのほか、ミュージアム観覧が楽しくなるアイテムをご紹介

表側の額縁モチーフポケットに、A4クリアファイルが入れての持ち歩けるトート
ミュージアム部
クリアファイルを絵画のように楽しむ マイミュージアムトートバッグ〈モダン〉

1個 ¥4,000(+10% ¥4,400)
商品の詳細とお申し込み>> https://feli.jp/s/pr221024mu/9/

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像15

靴音が響きにくい マナー美人で歩きやすい鑑賞シューズ

ミュージアム部 美術館に履いていきたい 音が響きにくいエナメルTストラップシューズ

1足 ¥5,700(+10% ¥6,270)
商品の詳細とお申し込み>> https://feli.jp/s/pr221024mu/10/

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像16

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像17

◆フェリシモ「ミュージアム部™」

アートが大好き、ミュージアムが大好き、そしてミュージアムグッズも大好き!
そんなフェリシモ社員が集まって、アートへの愛や多様なミュージアムの楽しみ方を多くの方と共有し合いたいという思いから、フェリシモ「ミュージアム部」は発足しました。
好きな作品、作家や展覧会への共感、知的好奇心を満たす快い驚き。これらを込めたオリジナルグッズの商品開発・販売のほか、展覧会を開催する側の想いを届けるミュージアムグッズの開発支援を行っています。また、美術館や博物館をもっと楽しむためのヒントをnote、Twitterでも発信しています。
活動を通じ、ミュージアムやアートをもっと身近に、もっと好きに、ますます楽しめるようになる未来を目指します。

・フェリシモ「ミュージアム部」ウェブサイト:https://www.felissimo.co.jp/museumbu/
・note:https://note.com/f_museumbu/
・Twitter(@f_museumbu):https://twitter.com/f_museumbu
・Instagram:https://www.instagram.com/felissimo_museumbu/
・公式ハッシュタグ: #フェリシモミュージアム部

展覧会、美術館、博物館などミュージアム関係者のみなさまへ
フェリシモ「ミュージアム部」ではパートナー企業を募集しています。コラボレーション、商品開発、卸販売、リース、イベントやPOP UP SHOPの出店のご相談など、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームはこちら>> https://feli.jp/s/pr2103232/2/

◆お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-055-820(通話料無料)
0570-005-820(通話料お客さま負担)
(受付時間:月曜~金曜/午前9時~午後5時)
※携帯電話など「0120」を利用できない場合は、「0570」で始まる番号をお使いください。
※お客さまからのお電話は、ご注文の内容を確認・記録するために録音させていただいております。
※「0570」通話料は20秒につき11円(税込み)かかります。
※PHS・一部のIP電話ではご利用できない場合があります。

~ともにしあわせになるしあわせ「FELISSIMO [フェリシモ]」~

ファッションや雑貨など自社企画商品を中心に、カタログやウェブなどの独自メディアで生活者に販売するダイレクトマーケティングの会社です。ひとりひとりがしあわせ共創の担い手となること、人をしあわせにすること、自然・社会・人としあわせになること。それらの経験価値をコアバリューとした「ともにしあわせになるしあわせ」を具現化する“事業性”“独創性”“社会性”の3つが交わる領域での事業活動を行っています。

― 会社概要 ―

社名 : 株式会社フェリシモ
本社所在地 : 〒650-0041 神戸市中央区新港町7番1号
代表者 : 代表取締役社長 矢崎和彦
創立 : 1965年5月
証券コード : 東証スタンダード3396
事業内容 : 自社開発商品をカタログやウェブサイトにて全国の生活者に販売するダイレクトマーケティング事業
◆ウェブサイト>> https://feli.jp/s/pr210620/1/
◆Instagram>> https://www.instagram.com/felissimo_official/
◆Twitter>> https://twitter.com/FELISSIMO_SANTA
◆Facebook>> https://www.facebook.com/felissimosanta/
◆会社案内(PDF)>> https://feli.jp/s/pr210620/2/
◆フェリシモの社会活動>> https://feli.jp/s/pr210620/3/
◆みなさまとともにしあわせ社会をめざす基金活動>> https://feli.jp/s/pr210620/4/
◆「Stage Felissimo」紹介【動画】>> https://feli.jp/s/pr210620/5/
◆フェリシモ公式ショッピングアプリ>> https://feli.jp/s/pr210620/6/

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像18

美しい宝物の数々で多くの人を魅了する「正倉院展」とフェリシモ「ミュージアム部」がコラボ。聖武天皇の遺愛品をはじめ、奈良時代から守り続けてきた宝物を知ることができるアイテムが登場のサブ画像19

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments