日曜日, 2月 5, 2023
ホームイベントヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催

ヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催

〜ディズニーコラボレーション商品を阪急うめだ本店・ECにて販売開始〜

株式会社ヘラルボニー(以下、ヘラルボニー)は、阪急うめだ本店 9階祝祭広場(大阪府大阪市)にて、「へラルボニーアートコレクション- 異彩と出会う、新たな感動。- 」を10月19日(水)〜10月31日(月)にて開催いたします。会場では、10月5日(水)に発表したディズニーコラボレーション商品を販売、さらに阪急うめだ本店各階にて人気ブランドのコラボレーション商品を販売します。

ヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催のサブ画像1

​「ヘラルボニーアートコレクション」:https://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/heralbony/index.html
「Disney | HERALBONY」特設サイト:https://love-difference.com/
 

  • Disney × HERALBONY(一部紹介)

本コレクションでは「Love Difference.」をコンセプトに、ヘラルボニーが契約する知的障害のある作家41名が、オリジナルのアート作品を制作し、それらのアートがディズニーキャラクター「ミッキーマウス」「ミニーマウス」のデザインに起用されています。

 

ヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催のサブ画像2

Disney × HERALBONY|ART Mickey Mouse Plush 11,000円(税込)

HERALBONY初の特別なアートチャーム。ミッキー・マウスのトレードマークであるパンツとシューズに4つのアート作品を融合した限定デザインです。バッグに付けたり、お部屋に飾ったり。異彩を放つ、ミッキーマウスです。

※600個限定、受注販売となります。
阪急うめだ9階にて予約受付。2023年2月から順次発送予定。
 

ヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催のサブ画像3

Disney × HERALBONY|ART  BLOUSE 29,700円(税込)

HERALBONYで人気のアートブラウスの素材を変え、さまざまなシーンに合わせて着用できるようアップデートしたひと品。モザイクアートのようにキャラクターがデザインに落とし込まれています。

 

ヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催のサブ画像4

Disney × HERALBONY|ART SHIRT 19,800円(税込)

Disney × HERALBONY|ART LONG SLEEVE SHIRT 17,600円(税込)

ATSURO TAYAMAとのコラボレーションアイテム。
シンプルなアイテムながらエッジの効いたデザインがキャラクターとアートを引き立てるアイテム。

 

ヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催のサブ画像5

Disney × HERALBONY|ART FUROSHIKI 2,800円(税込)

撥水加工で汚れにくい素材の風呂敷。キャラクターの背景のアートがインクジェットプリントで色鮮やかに表現されています。

 

  • HERALBONY新商品(一部紹介)

ヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催のサブ画像6

ART LONG WALLET 40,700円(税込)

コンチネンタルウォレットにアート作品をあしらいました。

ぐるりと大きく開くファスナーを開けると内装は空間が仕切られており、機能性のあるデザインで、ルックスと実用性を両立させたひと品です。ユニセックスでお使いいただけます。

 

ヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催のサブ画像7

ART ECO BAG 2,420円(税込)

折りたたみ小さく収納ができるエコバッグ。バッグのなかに「アート」を忍ばせて。

 

  • 京都在住のアーティスト衣笠泰介氏のアトリエを常設

ヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催のサブ画像8

京都市の「ギャラリーミラクル」で活動する作家・衣笠泰介氏のアトリエが会場内に登場。作画をする姿を間近で見ることはもちろん、完成した作品のご購入も可能です。風景や日常のワンシーンをファンタジックな世界に一変させる彼の作品は、目にした人を空想の世界にいざないます。

ヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催のサブ画像9

作品:「ROSE」|77万円(税込)

作家:衣笠 泰介(Taisuke Kinugasa)

在籍:個人(京都府)
1989年 京都市生まれ。2歳から絵を描き続ける。生きることは描くこと。マジカルとも評される色彩感覚と感受性で、光と色彩に溢れた世界を描く。そのアートワークは国内外で高い評価を受けている。京都市内のギャラリーミラクルを拠点に、東京・京都・沖縄・札幌・大阪・岡山・ニューヨークなど、各地で個展を開催。様々な大手企業コラボレーションや製品化、商業空間や公共施設展示などプロジェクト多数。京都上御霊神社と京都御所内白雲神社の絵馬所には、大作絵馬が奉納常設展示されている。
 

 

  • 原画(一部紹介)

関西在住の作家を中心にキュレーションをした原画展示。
今回ヘラルボニーとして原画展示が初となる作家・GAMON氏(広島県)の作品も販売を予定。

ヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催のサブ画像10

作品:「無題」|40万円(税込)

 

ヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催のサブ画像11

作家:GAMON

在籍:一般社団法人HAP(広島県)
1999年広島市生まれ。通っていた施設の本棚にあったマグリットの作品集に出会い、15歳の時に絵画制作をはじめる。描いたアートを見てもらうことが喜びであり、ひとつひとつの線を、かたちを、驚異的な集中力で描く。その集中力は人から話かけられても気づかないほど。小さなものから大きなものまで特徴的な色彩感覚で、キャンバスを埋め尽くす。どこかエスニックでありながら、神秘的な彼の作品群は老若男女幅広い視線を集める。
 

 

ヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催のサブ画像12

作品:「キツネ」|30万円(税込)

ヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催のサブ画像13

作家:木村 全彦(Masahiko Kimura)

在籍:アトリエやっほぅ‼︎(京都府)
強い筆圧でぐいぐい。キュニキュニと呼ばれる独特の楔型模様を編み出した。そのため、絵には奥行き、立体感が生まれる。絵の題材は動物から静物画まで様々だが、どの作品も彼独特の画風で異彩を放っている。作品は国内外で評価されるが、本人は外界の雑音には無頓着。
 

  • 各階コラボレーション商品(一部紹介)

・familiar

ヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催のサブ画像14

ファミリアのロングセラーアイテム「デニムバッグ」に、HERALBONYの契約アーティスト3名の作品を落とし込んだ限定デザインにて販売。

ヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催のサブ画像15

「ファミリア」デニムバッグ
カラー:ブルー・ゴールド・ピンク
各44,000円(税込)※受注販売

■取扱店舗:阪急うめだ本店 11階ファミリアショップ
■受注期間:2022年10月19日(水)~11月1日(火)

クマちゃんと女の子が絵画鑑賞をしているデザインのデニムバッグが登場。ヘラルボニーの契約アーティスト3名の作品を絵画部分と内生地にインクジェットプリントで使用。それぞれに合わせた合皮部分のカラーがアクセントになっています。

・喫茶Largo

アート作品からインスピレーションを得て、催事期間中、喫茶Largoがオリジナルのパフェやドリンクを限定商品として販売します。異彩のアートと豊かな甘味のスイーツとのコラボレーションをお楽しみください。

ヘラルボニー、阪急うめだ本店にてヘラルボニーアートコレクションを10月19日より開催のサブ画像16

■メニュー(一部紹介)
パフェ・オ・モンブラン・エ・オ・マスカルポーネ
1,780円(税込)

マスカルポーネにほろ苦いコーヒーゼリーとカシスの酸味、マロンの甘みが楽しめるパフェ。チュイールで作品を表現しました。

 

  • 【株式会社ヘラルボニー概要】

ヘラルボニーは「異彩を、 放て。」をミッションに掲げる、福祉実験ユニットです。
日本全国の主に知的な障害のある福祉施設、作家と契約を結び、2,000点を超える高解像度アートデータの著作権管理を軸とするライセンスビジネスをはじめ、作品をファッションやインテリアなどのプロダクトに落とし込む、アートライフスタイルブランド「HERALBONY」の運営や、建設現場の仮囲いに作品を転用する「全日本仮囲いアートミュージアム」など、福祉領域の拡張を見据えた多様な事業を展開しています。これらの社会実装を通じて「障害」のイメージ変容と、福祉を起点とした新たな文化の創造を目指します。社名である「ヘラルボニー」は、知的障害のある両代表の兄・松⽥翔太が7歳の頃⾃由帳に記した謎の⾔葉です。「⼀⾒意味がないと思われるものを世の中に新しい価値として創出したい」という意味を込めています。

会社名:株式会社ヘラルボニー / HERALBONY Co.,Ltd.
所在地:岩手県盛岡市開運橋通2-38
代表者:代表取締役社長 松田 崇弥、代表取締役副社長 松田 文登
公式サイト:
https://www.heralbony.jp
https://www.heralbony.com
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments