金曜日, 2月 3, 2023
ホーム商品サービス世界最高峰350時間かけ7%まで精米した最高級日本酒「NIIZAWA」と「NIIZAWA KIZASHI」。世界トップレベルのアーティストによるラベルデザインをまとい10月18日より発売開始 !

世界最高峰350時間かけ7%まで精米した最高級日本酒「NIIZAWA」と「NIIZAWA KIZASHI」。世界トップレベルのアーティストによるラベルデザインをまとい10月18日より発売開始 !

株式会社アートローグ(大阪・代表取締役CEO 鈴木大輔)は、2022年10月 18日 (火曜日) 、株式会社 新澤醸造店(宮城・代表取締役兼杜氏 新澤巖夫)と共に企画する、7%まで精米した世界最高級の日本酒 「NIIZAWA」と「NIIZAWA KIZASHI」の2022年版の発売を開始します。本年度のラベルには日比野克彦、と大宮エリーの作品を採用しています。

 

世界最高峰350時間かけ7%まで精米した最高級日本酒「NIIZAWA」と「NIIZAWA KIZASHI」。世界トップレベルのアーティストによるラベルデザインをまとい10月18日より発売開始 ! のサブ画像1_左:NIIZAWA 純米大吟醸 2022 日比野克彦  右:NIIZAWA KIZASHI 純米大吟醸 2022 大山エリー左:NIIZAWA 純米大吟醸 2022 日比野克彦  右:NIIZAWA KIZASHI 純米大吟醸 2022 大山エリー

  • NIIZAWA Prize by ARTLOGUEとは

今回発売する日本酒は、株式会社新澤醸造店が世界一の精米歩合7%にまで米を削り、醸造から出荷までを徹底管理して仕込み上げた”究極の食中酒”「NIIZAWA」と「NIIZAWA KIZASHI」です。これらの日本酒のラベルデザインには、デザインアワードである「NIIZAWA Prize by ARTLOGUE」から選ばれたアーティストの作品を採用しています。本アワードの選定委員長は南條史生 森美術館特別顧問が務め、世界トップレベルのアーティストに大賞を、そして新進気鋭のアーティストには兆し賞を贈呈し、その年の二種類の日本酒のラベルデザインに採用しています。
 

  • NIIZAWA Prize by ARTLOGUEの背景

この日本酒とアートのコラボレーションの始まりは、2014年の新澤醸造店の代表取締役兼杜氏 新澤巖夫氏と、アートローグの代表である鈴木との出会いに遡ります。食事の場で豊かなコミュニケーションを促進し人と人の繋がりを育むお酒と、思慮深い想像力と未来へ新たな道を切り開く創造力を養うアート。この粋を極めた両者が組み日本文化を世界に発信していこうと意気投合したことで2018年からスタートしたプロジェクトです。現在、「NIIZAWA Prize by ARTLOGUE」のプロジェクト下に、最高の蔵元と芸術家が出会うことで、優れた現代アーティストの顕彰による文化芸術の振興と、日本酒という日本の伝統的な文化遺産の価値を世界に発信するユニークな取り組みとして注目を集めています。

ラベルデザインに施された上質なアートに思いを馳せながら、世界最高峰の日本酒の奥深い香りと味わいをお楽しみください。
 

※「NIIZAWA」と「NIIZAWA KIZASHI」の売上の一部は、文化芸術の振興に寄与する活動に使わせて頂いています。
 

  • NIIIZAWA 2022 ,  NIIZAWA KIZASHI 2022のご購入について

ともに数量限定販売となっております。オフィシャルサイトにある「取り扱い店」へ直接お問い合わせいただきご購入ください。販売:NIIZAWA SAKE STORE  http://www.niizawa-sake.jp/

 

世界最高峰350時間かけ7%まで精米した最高級日本酒「NIIZAWA」と「NIIZAWA KIZASHI」。世界トップレベルのアーティストによるラベルデザインをまとい10月18日より発売開始 ! のサブ画像2

NIIZAWA 2022について

「NIIZAWA 純米大吟醸 2022 日比野克彦」66,000円(税別)

内容量:720ml (化粧箱入り)
使用米 : 宮城県産 特別契約栽培米 「蔵の華」100%
精米歩合 : 7% (350時間)
アルコール度数:16度
酵母:自社酵母
酒質:日本酒度/±0 酸度/1.5 アミノ酸/0.9

『世界一の精米”をお届けする』という指針からスタートした7%精米シリーズの最高峰に位置するお酒です。高度精米は、麹の製造が極端に難しくなり、麹由来の旨味を引き出しにくくなる傾向がありますが、NIIZAWAは、その麹由来の旨味を豊富に引き出すことに成功した、技術溢れる1本となっています。米の甘みをダイレクトに感じることができ、余韻が長く、じっくりとお楽しみいただけます。冷蔵庫で保管することにより、綺麗に熟成していきます。お食事は選びません。大きなグラス・淵の薄いグラス(ブルゴーニュグラス等)でお飲みいただければ、一層美味しくいただけます。

GRAND PRIZE 日比野克彦

ラベル作品:日比野克彦 2016BRAZIL 2016年

Profile

1958年岐阜県生まれ。1982年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
1984年東京藝術大学大学院修了。1982年日本グラフィック展大賞受賞。
1986年シドニービエンナーレ参加。1995年ベネチアビエンナーレ日本館作家。
1999年毎日デザイン賞受賞。2015年芸術選奨芸術振興部門文部科学大臣賞受賞。
2003〜「明後日新聞社文化事業部/明後日朝顔プロジェクト」。
2010〜「瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト」。
2014年より、人との差異を個性と捉えるアートの価値観を多様性社会実現の基盤とするアートプロジェクト「TURN」を監修。
現在、東京藝術大学長、岐阜県美術館長、熊本市現代美術館長、日本サッカー協会社会貢献委員会委員長。

 

世界最高峰350時間かけ7%まで精米した最高級日本酒「NIIZAWA」と「NIIZAWA KIZASHI」。世界トップレベルのアーティストによるラベルデザインをまとい10月18日より発売開始 ! のサブ画像3

NIIZAWA KIZASHI 2022について

「NIIZAWA KIZASHI 純米大吟醸 2022 大山エリー」44,000円(税別)
内容量:720ml (化粧箱)
使用米 : 宮城県産 特別契約栽培米 「蔵の華」100%
精米歩合 : 7% (350時間)
アルコール度数:16度 
酵 母:自社酵母
酒 質:日本酒度/±0 酸度/1.4 アミノ酸/1.0

『”世界一の精米”をお届けする』という指針からスタートした7%精米シリーズの最高峰に位置するお酒です。高度精米は、麹の製造が極端に難しくなり、麹由来の旨味を引き出しにくくなる傾向がありますがNIIZAWA KIZASHIは、その麹由来の旨味を豊富に引き出すことに成功した、技術溢れる1本となっています。糖度は「NIIZAWA」よりやや低めに設定しており、繊細な甘みと若さ感じる酒質です。冷蔵庫で保管することにより、綺麗に熟成していきます。お食事は選びません。  大きなグラス・淵の薄いグラス(ブルゴーニュグラス等)でお飲みいただければ、一層美味しくいただけます。

KIZASHI PRIZE 大宮エリー

ラベル作品:大宮エリー フォーチュン フラワーズ 2017年

Profile

1975年大阪生まれ、東京大学薬学部卒業。
作家業、舞台の作演出、ドラマ・映画監督、映像制作、ラジオのパーソナリティと様々なジャンルの活動を行う。
2012年からは観客にイメージや言葉を伝え、来場者が参加して作品が完成するという体験型の展覧会を始める。「思いを伝えるということ展」(PARCO MUSEUMほか、2012–13年)、「生きているということ展」(PARCO MUSEUM、2013年)、「星空からのメッセージ展」(三菱地所アルティアムほか、2013–14年)と個展を開催し、大きな話題を呼ぶ。
 絵画制作に関しては、2012年東京都国立博物館の法隆寺宝物館にてモンブラン国際文化賞受賞の福武總一郎氏へのお祝いとして、急遽ライブペインティングを依頼されたことから始まる。人生で初めて人前で描いた絵は「お祝いの調べ ”直島”」(現在、福武氏蔵)。そんな驚くべき制作のスタートにおいて、デビュー作品は大好評を得た。
 2015年「emotional journey」(代官山ヒルサイドテラス、東京)、「painting dreams」(渋谷ヒカリエ 8/ CUBE、東京)、2016年には美術館での初の個展「シンシアリー・ユアーズー親愛なるあなたの 大宮エリーより」(十和田市現代美術館、青森)を開催し、同時に街の商店街にも作品を展開。十和田市の水力発電所の壁画も手がける。
2017年個展「This is forest speaking ~もしもしこちら森です」(金津創作の森、福井)。
2018年には「六甲ミーツ・アート芸術散歩2018」に参加し、「とある未亡人の館」を制作、展示。その作品は2019年代官山ヒルサイドテラス ヒルサイドフォーラムでの「Beautiful Days ~美しき日々」にて、新たに制作された大きなインスタレーション作品「ある日のピクニック」と共に発表された。
2019年2月には、美術出版社から絵と文章で構成された「虹のくじら」を出版、3月には海外のギャラリーでの初個展「A Wonderful Forest」(TICOLAT TAMURA、香港)を開催。制作活動の初期から大きな飛躍を遂げた。 また、この年は、奄美のこども図書館の壁画制作や、建築家の妹島和世氏による犬島の家プロジェクトでの壁画制作など、 パブリックアートも多く行う。
2022年にはロンドンにて「Lounging around」(ギャラリーブラキア)を開催。瀬戸内国際芸術祭にも出展作家として参加し、犬島に立体作品「フラワーフェアリーダンサーズ」「光と内省のフラワーベンチ」を発表。
 

  • 株式会社アートローグについて

「Arts for Human and Planet」をビジョンに、「文化芸術を守るためにも、活かす」「誰もが、いつでも、どこからでもアートを楽しめる世界を創造する」をミッションに掲げ、アートを活かした社会問題の解決を目的に、様々なアート関連の企画・プロデュースを手掛ける。カジュアルにアートを楽しめる アートメディア「ARTLOGUE 」 運営や、文化芸術を中心とした新しい経済圏「 ARTS ECONOMICS(アート・エコノミクス)」の提唱と、その担い手や支援者のネットワーク構築を行う。

代表:代表取締役CEO 鈴木大輔
設立:2017年 7月 7日
資本金:1,200万円
URL: https://www.artlogue.org/
 

  • 本件に関する報道関係者からのお問合せ先

株式会社アートローグ 担当:湖山(こやま)
Tel:06-6467-8656 Fax:020-4665-9667 Mail:info@artlogue.org  

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments