日曜日, 11月 27, 2022
ホームイベント初回は注目アーティストの友沢こたおが参加!The Chain Museumがユニークな場所で主催する、アーティスト・イン・レジデンス プログラムを開催。

初回は注目アーティストの友沢こたおが参加!The Chain Museumがユニークな場所で主催する、アーティスト・イン・レジデンス プログラムを開催。

制作された作品は10月11日(火)13時よりArtStickerでエントリー販売開始

アート・コミュニケーションプラットフォーム「ArtSticker(アートスティッカー)」を運営する株式会社The Chain Museum(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:遠山正道、以下「The Chain Museum」)は、これから更なる期待がされるアーティストに制作活動の場を提供する、アーティスト・イン・レジデンス・プログラムを今秋から初めて実施します。初回のレジデンスはアーティストの友沢こたおさんに参加いただきます。

▼特設ページはこちら
https://bit.ly/3RBPiym

※制作された作品はArtSticker限定で2022年10月11日(火)13::00よりエントリー販売を受付いたします
※順次SNSでも最新の情報を公開予定です

初回は注目アーティストの友沢こたおが参加!The Chain Museumがユニークな場所で主催する、アーティスト・イン・レジデンス プログラムを開催。のサブ画像1

 

  • 開催概要

アート・コミュニケーションプラットフォーム「ArtSticker」を運営する株式会社The Chain Museumは、これから更なる期待がされるアーティストに制作活動の場を提供する、アーティスト・イン・レジデンス・プログラムを今秋から初めて実施します。

本プログラムの目的は、今後期待されるアーティストの制作のサポート、また国内の芸術文化振興の一助となることを目指します。そして滞在されるアーティストが普段の制作の場と違う、自然豊かで静かな環境に身を置くことで、制作に没頭し、今までにない新たな創作の視点やインスピレーションを見出す機会を提供いたします。

初回のレジデンスに参加いただいたのはアーティストの友沢こたおさん。現在、東京藝術大学大学院美術研究科に在学し、スライム状の物質と有機的なモチーフが絡み合う独特な人物画を描いています。シンプルな構成ながら、物質の質感や透け感、柔らかさのリアルな表現が見る者に強い印象を与える、注目の若手アーティストです。
 

初回は注目アーティストの友沢こたおが参加!The Chain Museumがユニークな場所で主催する、アーティスト・イン・レジデンス プログラムを開催。のサブ画像2

レジデンスでの制作風景 ©Takeru Maruoka
 

初回は注目アーティストの友沢こたおが参加!The Chain Museumがユニークな場所で主催する、アーティスト・イン・レジデンス プログラムを開催。のサブ画像3

レジデンスでの制作風景 ©Takeru Maruoka
 

初回は注目アーティストの友沢こたおが参加!The Chain Museumがユニークな場所で主催する、アーティスト・イン・レジデンス プログラムを開催。のサブ画像4

レジデンスでの制作風景 ©Takeru Maruoka

レジデンスは妹島和世建築設計事務所が1994年に設計した個人邸にて実施され、自然豊かな環境の中で作品が制作されました。今回コロナ禍での実施であることと安全を考慮して、レジデンス会場での作品の発表の場はなく事後での公開となりますが、追ってインスタグラムのArtStickerアカウント内で制作風景や会場の様子も公開する予定です。
また制作された原画作品2点と原画を元にしたプリマグラフィ(複製画)を2022年10月11日(火)13時より、エントリー制にてArtSticker限定で販売します。

今後は地域や企業間とも連携し、アーティスト・鑑賞者・地域とそれぞれの関係性が育まれるような出逢いの場を創出していきます。

 

  • 作家プロフィール

初回は注目アーティストの友沢こたおが参加!The Chain Museumがユニークな場所で主催する、アーティスト・イン・レジデンス プログラムを開催。のサブ画像5

友沢 こたお / KOTAO TOMOZAWA

1999年フランス・ボルドー生まれ。
スライム状の物質と有機的なモチーフが絡み合う独特な人物画を描く。
シンプルな構成ながら、物質の質感や透け感、柔らかさのリアルな表現が見る者に強い印象を与える。東京藝術大学美術学部絵画学科油画専攻で学び、2019年度久米賞受賞、2021年度上野芸友賞受賞と、早くから注目される。

近年の個展に、「SPIRALE」(PARCO MUSEUM TOKYO、東京、2022)「Monochrome」(FOAM CONTEMPORARY、東京、2022)「caché」(tagboat、東京、2021)、「Pomme dʼamour」(mograg gallery、東京、2020)、グループ展に「Everything but…」(Tokyo International Gallery、東京、2021)などがある。

現在、東京藝術大学大学院美術研究科在学中。

Twitter:@KKKOTAO1
instagram:https://instagram.com/tkotao

 

  • レジデンス会場について

蓼科の森の家 / House in Tateshina Forest


 

初回は注目アーティストの友沢こたおが参加!The Chain Museumがユニークな場所で主催する、アーティスト・イン・レジデンス プログラムを開催。のサブ画像6

外観 ©Takeru Maruoka
 

初回は注目アーティストの友沢こたおが参加!The Chain Museumがユニークな場所で主催する、アーティスト・イン・レジデンス プログラムを開催。のサブ画像7

外観 ©Takeru Maruoka
 

初回は注目アーティストの友沢こたおが参加!The Chain Museumがユニークな場所で主催する、アーティスト・イン・レジデンス プログラムを開催。のサブ画像8

外観 ©Takeru Maruoka
 

初回は注目アーティストの友沢こたおが参加!The Chain Museumがユニークな場所で主催する、アーティスト・イン・レジデンス プログラムを開催。のサブ画像9

内観アトリエ ©Takeru Maruoka

妹島和世建築設計事務所が1994年に設計した個人邸を現オーナーの協力のもと「蓼科の森の家」の呼称でレジデンス会場として利用しています。深い森に覆われた山の中に佇み、白く塗られたファサードには樹々の影が写り込み、内部のアトリエは自然光あふれる開放的な空間となっています。今後、定期的に芸術家のための創作の場として活用していく予定です。

※住所非公開で一般公開はしていません。個人の邸宅のため訪問などはご遠慮ください。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、レジデンス会場での作品展示の鑑賞はございません。予めご了承ください

 

  • 制作された作品のご紹介

レジデンス期間中に2点制作されました。

作品の展示はございませんが、制作された作品の原画と原画を元に制作したプリマグラフィ(複製画像)を2022年10月11日(火)13:00〜10月25日(火)23:00までArtSticker限定で販売します。

尚、4点ともすべてエントリー販売となります。

 

初回は注目アーティストの友沢こたおが参加!The Chain Museumがユニークな場所で主催する、アーティスト・イン・レジデンス プログラムを開催。のサブ画像10

初回は注目アーティストの友沢こたおが参加!The Chain Museumがユニークな場所で主催する、アーティスト・イン・レジデンス プログラムを開催。のサブ画像11

©Takeru Maruoka

友沢 こたお《slime CL》

【1.原画】

価格:¥1,320,000(税込)

制作年:2022年
サイズ:H145.5cm × W 112cm ×D 3cm
技法:oil on canvas
エディション:1点もの
サイン:あり(裏側)
作品証明書:あり
Startrail Registry Record(SRR):シールタイプを貼らずに付与

【2.プリマグラフィ(複製画)】

価格:¥180,000(税込)[額装なし]|¥210,000(税込)[額装あり]

制作年:2022年
サイズ:H84.1cm × W 59.4cm (A1)
技法:プリマグラフィ
仕様:周囲70mmのマット余白あり
額装の色:白マット塗装
エディション:10
サイン:あり
作品証明書:あり
Startrail Registry Record(SRR):シールタイプを貼らずに付与
※額装の有無は、お問い合わせ時の「アーティストへのメッセージ」内に希望をご記入をお願いいたします

 

初回は注目アーティストの友沢こたおが参加!The Chain Museumがユニークな場所で主催する、アーティスト・イン・レジデンス プログラムを開催。のサブ画像12

初回は注目アーティストの友沢こたおが参加!The Chain Museumがユニークな場所で主催する、アーティスト・イン・レジデンス プログラムを開催。のサブ画像13

©Takeru Maruoka

友沢 こたお《slime CLI》

【3.原画】

価格:¥264,000(税込)

制作年:2022年
サイズ:H24.2cm × W 33.3cm ×D 1.8cm
技法:oil on canvas
エディション:1点もの
サイン:あり(裏側)
作品証明書:あり
Startrail Registry Record(SRR):シールタイプを貼らずに付与

【4.プリマグラフィ(複製画)】

価格:¥180,000(税込)[額装なし]|¥210,000(税込)[額装あり]

制作年:2022年
サイズ:H59.4cm × W 84.1cm (A1)
技法:プリマグラフィ
仕様:周囲70mmのマット余白あり
額装:白マット塗装
エディション:10
サイン:あり
作品証明書:あり
Startrail Registry Record(SRR):シールタイプを貼らずに付与
※額装の有無は、お問い合わせ時の「アーティストへのメッセージ」内に希望をご記入をお願いいたします

▼プリマグラフィについての説明はこちら

https://bit.ly/3UYCfcx

 

  • インフォメーション

友沢こたお |Artist in Residence by The Chain Museum

レジデンス実施期間:2022年秋(実施済み)
エントリー販売期間:2022年10月11日(火) 13:00〜10月25日(火)23:00
会場:蓼科の森の家 / House in Tateshina Forest
住所:非公開
レジデンス参加アーティスト:友沢こたお / Kotao Tomozawa
主催:株式会社The Chain Museum
企画協力:島田亨
制作協⼒:凸版印刷株式会社

▼特設ページはこちら
https://bit.ly/3RBPiym

 

  • The Chain Museum(ザ・チェーン・ミュージアム)について

The Chain Museumは 、2018年に設立された、スマイルズ遠山正道とクリエイター集団PARTYが新たに発信する「アートの次のあり方をつくる」プロジェクトです。
風車の突端、無人島やオフィス、美術館の裏道など、 日常の、ふとした場所にアートを潜ませていきます。それはアーティストとともにつくりあげる 小さくてユニークなミュージアムです。

 

  • ArtSticker(アートスティッカー)について

株式会社The Chain Museumが開発。アートに出会う機会と、対話を楽しむ場所を提供し、アート鑑賞の「一連の体験をつなぐ」プラットフォームです。著名アーティストから注目の若手アーティストの作品まで、幅広く収録。作品のジャンルも、インスタレーション、絵画、パフォーミングアーツなど、多岐にわたっています。

また、ArtStickerはデジタル上だけでなく、リアルでユニークな場所と出会うことで、アートやアーティストが世界と直接つながることを希求しています。

▽ArtSticker Webサイト

https://artsticker.app/r/dl

▽ArtSticker ダウンロードURL

≫ App Store:https://apps.apple.com/app/artsticker/id1446438049
≫ Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=art.tcm.artsticker

▽ArtSticker SNS

SNSフォローで最新情報をチェック
≫Facebook : https://www.facebook.com/artstickerapp
≫Instagram:https://www.instagram.com/artsticker_app/
≫Twitter:https://twitter.com/artstickerapp

 

  • 株式会社The Chain Mueum概要

社名   :株式会社 The Chain Museum(読み:ザ・チェーンミュージアム) 
所在地  :東京都渋谷区猿楽町17-10 代官山アートビレッジ3階
代表者  :代表取締役社長 遠山 正道

▽株式会社 The Chain Museum 公式Webサイト

https://t-c-m.art/
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments