日曜日, 11月 27, 2022
ホームイベント福岡県宗像市の大島在住アーティスト、井口真理子が新たな作品「MOVE ON」をリリース。大漁旗として宗像大社の海上神幸「みあれ祭」で採用

福岡県宗像市の大島在住アーティスト、井口真理子が新たな作品「MOVE ON」をリリース。大漁旗として宗像大社の海上神幸「みあれ祭」で採用

宗像大社「秋季例大祭​​」の祭礼の一つで、3年ぶりにフル開催となった「みあれ祭」にて、アーティスティックな大漁旗「MOVE ON」がお披露目。漁船に掲げられて海上を巡航した。

福岡県宗像市の大島在住アーティスト、井口真理子が新たな作品「MOVE ON」をリリース。大漁旗として宗像大社の海上神幸「みあれ祭」で採用のサブ画像1_「みあれ祭」で海上パレードを行う第二宮一丸(2022年10月1日撮影)「みあれ祭」で海上パレードを行う第二宮一丸(2022年10月1日撮影)

全国の地域振興を支援し地域循環経済の確立を目指すローカルツーリズム株式会社(代表取締役:糀屋総一朗)が手がけるアートファンドΩ事業の一貫として支援するアーティスト、井口真理子さんの新たな作品が、10月1日から3日まで宗像大社(福岡県宗像市)にて開催された「秋季例大祭​​」の祭礼で採用されました。

秋季例大祭​​とは、五穀豊穣や海上安全、大漁を感謝する祭りで、毎年10月1日〜3日の日程で行われます。海上神幸「みあれ祭」から始まり、「高宮神奈備祭」で閉幕する、宗像大社で最も重要な祭りとされています。

今回採用された井口さんの作品は、縦120センチ、横200センチの大漁旗「MOVE ON」。秋季例大祭​​初日のメイン行事である海上神幸「みあれ祭」において、海上パレードを行った漁船のうちの一隻である「第二宮一丸」に掲げられました。船名が記載されていないアート作品が大漁旗として用いられるのは、みあれ祭の長い歴史の中でも極めて異例のことです。

福岡県宗像市の大島在住アーティスト、井口真理子が新たな作品「MOVE ON」をリリース。大漁旗として宗像大社の海上神幸「みあれ祭」で採用のサブ画像2_船上に掲げられた大漁旗「MOVE ON」船上に掲げられた大漁旗「MOVE ON」

みあれ祭は、沖津宮(沖ノ島)と中津宮(大島)の神輿を乗せた御座船2隻が、それをお供する百数十隻の漁船とともに、大島港から神湊港まで巡航するというもの。大漁旗やのぼりを掲げた漁船団が海上を進む光景は圧巻で、地元や観光客からの人気も高いです。新型コロナウイルスの影響によって、2020年および21年は御座船のみの巡航で、見学客も制限されていましたが、今年は例年通り執り行われました。

MOVE ONは、大漁旗に描かれるイラストの定番である「朝日」「魚」「波」を、井口さんが以下のように解釈して制作。ネーミングについては「大島の神さまと一緒に創造的な未来へMOVE ON」という思いが込められています。 

朝日:人類進化の果てを起点とした宇宙信号的光線
魚:SPITUNE=NEW PEOPLEが常に放出し続けている連続的創造物・創造的妖精
波:SPITUNEの頭部を模した波=創造的波動

福岡県宗像市の大島在住アーティスト、井口真理子が新たな作品「MOVE ON」をリリース。大漁旗として宗像大社の海上神幸「みあれ祭」で採用のサブ画像3_縦120センチ、横200センチの「MOVE ON」縦120センチ、横200センチの「MOVE ON」

このたび井口さんが制作した大漁旗は今後、大島の旧行政センター跡地をリノベーションし当社が運営しているシェアレンタルスペース「umiba」に展示される予定です。

 なお、大漁旗の制作秘話などは、当社運営メディア「ローカルツーリズムマガジン」での井口さん連載コラム「Oh!!島セキララ記」にて詳しく紹介しています。

■Oh!!島セキララ記
https://note.com/localtourism/m/mc6f6abf7199a
 

  • 井口真理子 プロフィール

福岡県宗像市の大島在住アーティスト、井口真理子が新たな作品「MOVE ON」をリリース。大漁旗として宗像大社の海上神幸「みあれ祭」で採用のサブ画像4_アーティストの井口真理子さんアーティストの井口真理子さん

1990年京都市生まれ。昔-今-未来を通した人間交流の視点で、人間とは何かという問いを焦点に、近年はサピエンスの未来を描いた絵画シリーズ「NEW PEOPLE」を制作。2013年、京都市立芸術大学を卒業後、市内のアトリエを拠点に活動。2022年、福岡県宗像市大島に移住。直近の主な展覧会に、個展/「OH!! HUMMY!!」(2022年 福岡)、個展/「PLAYLAND」(2021年 福岡)、個展/「ONGOING」 (2020年 京都)のほか、グループ展/「パラレール」(2020年 京都)、滞在制作/「TOKYO QUEST」 (2021年 東京)など。

作品ウェブサイト
https://marikoiguchi.com/

個人note
https://note.com/mui_oshima

Instagram
https://www.instagram.com/marihummy/
 

  • 運営会社概要

■会社名
ローカルツーリズム株式会社 

■代表取締役
糀屋総一朗

■設立
2021年

■業務内容
1. 地域の経済状況を調査分析する
2. 地域を外から見ることで効果的な仕組みを考える
3. まちづくりの会社を地域の皆さんと立ち上げる
4. 地域の魅力を掘り出して適正なプライシングをする
5. 市場規模の大きい産業に「地域の魅力」をつなげる
6. 地域へビジネスの仕組みを譲渡する
・地域名産品開発、観光・アクティビティの開発、料理メニューの開発、スタイリング
・エリアリノベーションファンドによる地域への投資
・人材教育の支援・事業を起こせる人材(ローカルエリートの育成)
・コンサルティング・地域の経済循環のデータ分析、宿泊施設・飲食業などの事業設計

■ホームページ
https://localtourism.jp

■運営メディア 「ローカルツーリズムマガジン」
https://note.com/localtourism

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments