日曜日, 11月 27, 2022
ホームその他Too Digital Marketplace、NFT鳴門美術館とNFTビジネスにおける協業を発表

Too Digital Marketplace、NFT鳴門美術館とNFTビジネスにおける協業を発表

両社共同でのNFTプロジェクトの企画やNFTプロジェクトの作品展示など、様々なコラボレーションを予定

NFTコンサルティング事業を展開する株式会社Too Digital Marketplace(本社:東京都港区、代表取締役:手塚康夫、以下「Too DMP」)は、アート作品に関するNFTの発行、審査、販売、流通が可能な日本初で日本唯一のNFT美術館である「NFT鳴門美術館」を運営する一般財団法人NFT鳴門美術館(本社:徳島県鳴門市、代表理事:山口 大世、以下「NFT鳴門美術館」)とNFTビジネスにおける協業を行うことを発表いたします。

 

Too Digital Marketplace、NFT鳴門美術館とNFTビジネスにおける協業を発表のサブ画像1

 

  • Too DMPとNFT鳴門美術館の協業について

Too DMPは、100年以上の歴史を持つTooグループの「デザイナーやクリエイターが本業に専念できる環境を創る」というミッションを実現するため、NFTビジネスに特化した企業として設立されました。NFTビジネスを立ち上げたい企業様向けに、ビジネスモデルの企画からデジタルコンテンツのNFT化に必要な制作・開発、NFTの販売価格や販売数量を最大化するプロモーション、NFTマーケットプレイスにおけるNFTの出品・販売・運用までをトータルにサポートするNFTコンサルティング事業を提供しています。

また、NFT鳴門美術館は、2022年3月1日より「鳴門ガレの森美術館」から「NFT 鳴門美術館」へ名称変更し、リニューアルオープンしました。美術品やアート作品に関するNFTの発行、審査、販売(一次販売)、流通(二次販売)に特化した日本で初めての美術館です。

この度の協業では、両社共同でのNFTプロジェクトの企画Too DMPが手がけるNFTプロジェクトのNFT鳴門美術館における作品展示など、様々なコラボレーションを予定しております。Too DMPは、NFTコンサルティングと共に、信頼性の高い美術館という「リアルな場」を提供することで、デジタルアートを手掛けるクリエイターやアーティストの新たな活躍を支援してまいります。

今後もToo DMPはクリエイターやアーティストのために、全く新しい経済圏を創出するNFTを活用したサービスを提供するため、NFT普及に積極的に取り組むパートナーと連携してまいります。NFTビジネスにおけるコラボレーションにご期待ください。

■NFT鳴門美術館

日本国内における美術品及びアート作品のNFT化を普及する為に設立された「一般財団法人NFT鳴門美術館」が徳島県鳴門市にて運営する美術館です。NFT鳴門美術館は、美術品及びアート作品に関するNFTの発行、審査、販売(一次販売)、流通(二次販売)ができるNFTのマーケットプレイスを提供します。NFTの販売、流通に特化した美術館の設立は日本初となります。

Too Digital Marketplace、NFT鳴門美術館とNFTビジネスにおける協業を発表のサブ画像2

所在地:徳島県鳴門市撫養町林崎北殿町149
代表理事:山口 大世
設立:2002年4月
URL:https://nftjp.org/

■株式会社Too Digital Marketplace

ブロックチェーン技術を用いたNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)に関するサービスの提供を行うことを目的に、クリエイティブ市場の総合商社である株式会社Tooの子会社として2021年6月に設立。現在はNFTの企画販売、環境構築、運用管理、プロモーションなど幅広くNFTビジネスのコンサルティング事業を展開している。

Too Digital Marketplace、NFT鳴門美術館とNFTビジネスにおける協業を発表のサブ画像3

所在地:東京都港区虎ノ門3-4-7虎ノ門36森ビル
代表者:代表取締役社長 手塚康夫
事業内容:ブロックチェーン技術を⽤いたNFTの企画販売、環境構築、運用管理、プロモーションなど
URL:https://dmp.too.co.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments