木曜日, 9月 29, 2022
ホームイベント【YUGEN Gallery】ポップカルチャーの現在“進化系”イラストレーター、マチダタケル個展「POP・ALONE」<2022年9月2日(金)〜9月7日(水)>

【YUGEN Gallery】ポップカルチャーの現在“進化系”イラストレーター、マチダタケル個展「POP・ALONE」<2022年9月2日(金)〜9月7日(水)>

「ジト目」のポップアイコン作品が国内外で注目されるマチダタケルの最新作品を展示。

オフラインとしてのギャラリーとデジタルプラットフォームで現代アートの販売・プロモーションを手がけるYUGEN Gallery(東京・渋谷2丁目/運営:株式会社ジーン)は、マチダタケルの展示会を開催します。

【YUGEN Gallery】ポップカルチャーの現在“進化系”イラストレーター、マチダタケル個展「POP・ALONE」<2022年9月2日(金)〜9月7日(水)>のサブ画像1

観る者を冷ややかに眺めているようであり、心を委ねているかの目線。コミックやアニメにおける個性表現としてある「ジト目」のキャラクターを、ポップなタッチで描くマチダタケルは1986年静岡県生まれ。現在は名古屋を拠点に制作活動を行い、グラフィックデザイナーとして企業コラボレーションも手がけるなど多岐にわたる活動をしています。

幼少期に過ごしたアメリカでポップアートの巨匠、アンディ・ウォーホルの作品に「衝撃」を受け、漫画やアニメ、映画、レコードジャケット、ストリートファッションなどポップカルチャーの中で創造感覚を育みます。
マチダは、ポップカルチャーにおいて冷笑的な態度として解釈されることが多いジト目を、生きづらい社会でよるべない個人に寄り添う思いやりの眼差しとして提示。ジト目で見つめるポップアイコン作品計20点を展示します。

「世の中のあらゆることは一方から見るだけではつかめず、時代が大きく動く中で私たちが出来ることは自分の視点や立ち位置を柔軟に変化させ、また自分に還ってくる。この連続しかない」

マチダは決めつけることなく、自分に配慮し他者を尊重するためには立ち位置もゆるく設定し、関係しすぎない距離感を保つことが重要だとします。ポップカルチャーに救われ、個人としても「鬱屈してるけどポップに生きたい」と話すマチダ。身の回りの人間関係や社会問題を乗り越える手法として、作家活動のテーマに「ポップで儚い」を掲げます。

複雑な世界で軽やかに生きるためのポップカルチャーを更新するマチダタケル。一枚でストーリーが感じられ、観る者それぞれが自分の人生に重ね合わせるシークエンスも作品の特徴といえます。出品作では、他者や世界とのなんとも言えない距離感を想像させる光と影の表現も見所。本展では、その光と影を忠実に再現したジークレー(※1)を展示販売します。儚くもポップなマチダタケルの世界、ぜひご覧ください。

※1ジークレー:【Giclee】フランス語で「吹き付けて色を付ける」の意味。ジクレーとも表記される。作品原本のデジタルデータを上質なキャンバスや版画用紙、高級写真用紙、和紙などの最高品質の素材に高精細かつ広色域で再現する手法。保存性の高さも特長で作家自身が監修を行い、プリント技術者と共同で作品として仕上げることで近年注目を集めている。

詳細はギャラリーサイトをご覧ください。
https://yugen-gallery.com/ja/exhibition/takerumachida-popalone
 

  • 展示作品ハイライト

【YUGEN Gallery】ポップカルチャーの現在“進化系”イラストレーター、マチダタケル個展「POP・ALONE」<2022年9月2日(金)〜9月7日(水)>のサブ画像2

【YUGEN Gallery】ポップカルチャーの現在“進化系”イラストレーター、マチダタケル個展「POP・ALONE」<2022年9月2日(金)〜9月7日(水)>のサブ画像3

【YUGEN Gallery】ポップカルチャーの現在“進化系”イラストレーター、マチダタケル個展「POP・ALONE」<2022年9月2日(金)〜9月7日(水)>のサブ画像4

※展示作品は一部変更となる場合がございます。ご了承下さい。
 

  • アーティスト・プロフィール

【YUGEN Gallery】ポップカルチャーの現在“進化系”イラストレーター、マチダタケル個展「POP・ALONE」<2022年9月2日(金)〜9月7日(水)>のサブ画像5

マチダタケル/TAKERU MACHIDA

イラストレーター、ペインター、グラフィックデザイナー。デザイン事務所OPENENDSでデザイナーとしてのキャリアをスタートさせ、複数のデザイン事務所を経て2018年に独立。様々な媒体でデザインやイラストレーションを担当するほか国内外の展覧会やイベントへの参加、オリジナルアイテムを制作している。
https://www.takerumachida.com/

展覧会

2018年 香港・Coffee & Laundry 個展「The Movie Roaster」
2021年 愛知・OFF THE RECORDS 個展「Something between Us」
2022年 韓国・YK Presents 個展「ANIMA」
 

  • 開催概要

【YUGEN Gallery】ポップカルチャーの現在“進化系”イラストレーター、マチダタケル個展「POP・ALONE」<2022年9月2日(金)〜9月7日(水)>のサブ画像6

タイトル : マチダタケル 個展「POP・ALONE」
会期   : 2022年9月2日(金)〜2022年9月7日(水)
会場   : YUGEN Gallery(東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル3F)
開館時間 :
月〜金   14:00〜19:00
土・日・祝 13:00〜19:00
※最終日のみ17:00終了
休館日  : なし
作家在廊日: 9月3日(土)、4日(日)終日
入館料  : 無料

※状況により、開催概要が予告なく変更となる場合がございますのでご了承下さい。
 

  • 作品販売について

展覧会開催中は、展示会場である YUGEN Gallery (渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル3F)において作品を直接ご購入頂けます。

展覧会終了後、9月7日(水)以降は、YUGEN Gallery公式オンラインストアにおいて、作品の閲覧・ご購入が可能となっております。

オンラインストアでのご購入の詳細については、別途プレスリリース等においてお知らせいたします。
 

  • YUGEN Galleryについて

【YUGEN Gallery】ポップカルチャーの現在“進化系”イラストレーター、マチダタケル個展「POP・ALONE」<2022年9月2日(金)〜9月7日(水)>のサブ画像7

株式会社ジーンの運営する現代アートギャラリーです。当社オフィスに併設されるオフラインギャラリーとオンラインギャラリー(公式サイト)から構成され、現代アートの販売・プロモーションを実施するためのプラットフォームとして機能します。オンラインギャラリーについては、日本語、英語、中国語のマルチリンガルに順次対応予定となっており、国内現代アート作品・作家のプロモーション、作品販売をグローバルに展開してまいります。

【YUGEN Gallery 概要】
■名称   :YUGEN Gallery(読み:ユーゲンギャラリー)
■住所   :東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル3F(株式会社ジーン併設)
■開館日  :不定期(展覧会開催期間のみ)
■開館時間 :平日14時〜19時/土日祝13時〜19時
展覧会により異なる場合があります
■公式サイト: https://yugen-gallery.com
■公式SNS:
Twitter: https://twitter.com/YUGEN_Gallery
Instagram: https://www.instagram.com/yugengallery.tokyo
Facebook: https://www.facebook.com/yugengallery.tokyo
 

  • 株式会社ジーンについて

【YUGEN Gallery】ポップカルチャーの現在“進化系”イラストレーター、マチダタケル個展「POP・ALONE」<2022年9月2日(金)〜9月7日(水)>のサブ画像8

当社はインターネット広告を活用したデジタルマーケティング支援、各種コンサルティングサービスの提供のほか、現代アートギャラリー「YUGEN Gallery」の運営、湘南エリアの情報サイト「湘南人」などのメディア運営、出版事業(ジーンブックス)を行っています。

【株式会社ジーン 企業概要】
■代表者  :代表取締役 林田洋明
■設立   :2016年12月8日
■決算期  :6月
■資本金  :1億円(2021年10月現在/資本準備金含む)
■売上高  :15億7,600万円(2021年6月期)
■公式サイト:https://jeane.jp/
■公式SNS:
Twitter: https://twitter.com/jeaneinc
Instagram: https://www.instagram.com/jeaneincjp
Facebook: https://www.facebook.com/jeaneincjp
■所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-19
東建インターナショナルビル3F
■問い合わせ先:
メール:info@jeane.jp
電話:03-6380-6165
FAX:03-6380-6215

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments