土曜日, 2月 4, 2023
ホームイベントチームラボ、拡張したソウルのペース・ギャラリーのオープニングとして、個展を開催。新作《質量のない太陽と闇の球体》も公開。はじめての「フリーズ・ソウル」と同時オープン。9月2日から10月29日まで

チームラボ、拡張したソウルのペース・ギャラリーのオープニングとして、個展を開催。新作《質量のない太陽と闇の球体》も公開。はじめての「フリーズ・ソウル」と同時オープン。9月2日から10月29日まで

チームラボ、拡張したソウルのペース・ギャラリーのオープニングとして、個展を開催。新作《質量のない太陽と闇の球体》も公開。はじめての「フリーズ・ソウル」と同時オープン。9月2日から10月29日までのサブ画像1_チームラボ 《質量のない太陽と闇の球体》 © チームラボチームラボ 《質量のない太陽と闇の球体》 © チームラボ

アート集団チームラボは、ソウルのペース・ギャラリーにて、個展「teamLab: Massless Suns」を開催します。本展は、国際的なメガギャラリーPACE(ペース)が、ソウルの展示スペースを拡張するにあたり、そのオープニングを飾るもの。国際アートフェア「フリーズ」のソウル初開催と同時にオープンします。本展でチームラボは、物質的な境界面のない光の球体と闇の球体が、無数に空間を埋め尽くす新たな作品《質量のない太陽と闇の球体》を公開。会期は、2022年9月2日(金)から10月29日(土)まで。

この度初めて公開される《質量のない太陽と闇の球体》は、無数の光の球体と闇の球体からなる空間。1つ1つの光の球体は、光が凝固したかのように、空間上にはっきりと知覚できるにも関わらず、物質的な境界面がないことから、身体では知覚することができません。じっと見ていると、闇が凝固したかのような、青紫色の闇の球体も現れはじめます。来場者が光の球体に触れようとすると、球体は強く輝き、周辺の球体も、次々と呼応し、連続していきます。存在とは何かを問う本作品は、作品はそれ自体では存在できず、環境がつくる現象が、作品の存在を生み出しています。そして、それは物理空間には存在せず、認識上に存在します。

ペース・ソウルは今年3月、体験型、没入型、インタラクティブな作品に特化した展示スペースを新設。同スペースでは、《質量のない太陽と闇の球体》はじめ、人や鳥の群れが周囲に散逸するエネルギーを描いた新たなシリーズ「Dissipative Figures」、花が誕生と死滅を永遠に繰り返していく《永遠の今の中で連続する生と死 II》、波を線の集合で表現した《Waves of Light》など、複数の作品を展示します。

チームラボ、拡張したソウルのペース・ギャラリーのオープニングとして、個展を開催。新作《質量のない太陽と闇の球体》も公開。はじめての「フリーズ・ソウル」と同時オープン。9月2日から10月29日までのサブ画像2_チームラボ《Dissipative Figures - Human》© チームラボチームラボ《Dissipative Figures – Human》© チームラボ

チームラボ、拡張したソウルのペース・ギャラリーのオープニングとして、個展を開催。新作《質量のない太陽と闇の球体》も公開。はじめての「フリーズ・ソウル」と同時オープン。9月2日から10月29日までのサブ画像3_チームラボ《Dissipative Figures - 1000 Birds》© チームラボチームラボ《Dissipative Figures – 1000 Birds》© チームラボ

チームラボ、拡張したソウルのペース・ギャラリーのオープニングとして、個展を開催。新作《質量のない太陽と闇の球体》も公開。はじめての「フリーズ・ソウル」と同時オープン。9月2日から10月29日までのサブ画像4_チームラボ《永遠の今の中で連続する生と死 II》© チームラボチームラボ《永遠の今の中で連続する生と死 II》© チームラボ

チームラボ、拡張したソウルのペース・ギャラリーのオープニングとして、個展を開催。新作《質量のない太陽と闇の球体》も公開。はじめての「フリーズ・ソウル」と同時オープン。9月2日から10月29日までのサブ画像5_チームラボ《Waves of Light》© チームラボチームラボ《Waves of Light》© チームラボ

また、新たにオープンする屋外の中庭では、風や雨、来場者のふるまいの影響を受けながらインタラクティブに変容する作品《呼応する小宇宙 – 固形化された光の色, Sunrise and Sunset》を展示します。「固形化された光の色」と名付けられた新しい概念の色、61色で変化する本作は、環境と人々を作品の一部にしていきます。

チームラボ、拡張したソウルのペース・ギャラリーのオープニングとして、個展を開催。新作《質量のない太陽と闇の球体》も公開。はじめての「フリーズ・ソウル」と同時オープン。9月2日から10月29日までのサブ画像6_チームラボ《呼応する小宇宙 - 固形化された光の色, Sunrise and Sunset》© teamLab ※参考画像チームラボ《呼応する小宇宙 – 固形化された光の色, Sunrise and Sunset》© teamLab ※参考画像

チームラボ、拡張したソウルのペース・ギャラリーのオープニングとして、個展を開催。新作《質量のない太陽と闇の球体》も公開。はじめての「フリーズ・ソウル」と同時オープン。9月2日から10月29日までのサブ画像7_Exterior of Le Beige Building, Seoul, South Korea. Photo by Sangtae Kim. Courtesy of Pace GalleryExterior of Le Beige Building, Seoul, South Korea. Photo by Sangtae Kim. Courtesy of Pace Gallery

teamLab: Massless Suns
https://www.teamlab.art/jp/e/pace_seoul/ 
2022年9月2日(金)〜10月29日(土)
ペース・ギャラリー・ソウル (267 Itaewon-ro, Yongsan-gu, Seoul)

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments