木曜日, 9月 29, 2022
ホーム商品サービスハイアット セントリック 銀座 東京 知的障害のある作家が生み出す異彩を放つアートを体感「ヘラルボニー」コラボレーションのコンセプトルームプランを継続

ハイアット セントリック 銀座 東京 知的障害のある作家が生み出す異彩を放つアートを体感「ヘラルボニー」コラボレーションのコンセプトルームプランを継続

~8月15日(月)~11月30日(水)の期間限定で販売~

銀座 並木通りに位置するライフスタイル ホテル「ハイアット セントリック 銀座 東京」(総支配人:内山渡教、所在地:東京都中央区銀座6-6-7)は、「異彩を、放て。」をミッションに掲げ、主に知的障害のある作家とアートのライセンス契約を結び、作品のアートデータを軸に社会の様々なモノ・コト・場所へ事業を展開する、株式会社ヘラルボニー(本社::岩手県盛岡市、代表取締役社長::松田 崇弥 代表取締役副社長:松田文登、以下「ヘラルボニー社」)と今年5月から提供を開始した、コラボレーションしたコンセプトルームを8月15日(月)~11月30日(水)にて継続販売いたします。

ハイアット セントリック 銀座 東京 知的障害のある作家が生み出す異彩を放つアートを体感「ヘラルボニー」コラボレーションのコンセプトルームプランを継続のサブ画像1

  • Concept Room: HERALBONY ART ROOM

今年5月より提供を開始し、人気を博したヘラルボニーとのコンセプトルームを、より多くの方に楽しんでいただきたいという思いから、8月15日(月)から11月30日(水)まで期間限定で販売を継続いたします。ヘラルボニーと契約する13名の作家の作品にフォーカスし、彼らの作品を壁や床、鏡、ハンガーで表現し、パワーあふれるアートの空間をつくりあげています。是非、ご家族やご友人、大切な人と銀座並木通りの中心部で過ごすユニークなひとときをお楽しみください。

ヘラルボニー社が運営するブランド「HERALBONY」は、今年1月より「福祉」や「障害」という普段の生活で関わりを持ちづらい分野と生活者の間にある目に見えない境界線を溶かし、福祉を起点とした新たな生活様式を創り出すために「ライフスタイルブランド」としてその領域を拡張しました。ライフスタイルブランドが空間を彩る第一歩として、ホテル「ハイアット セントリック 銀座 東京」とのコラボレーションを実施しました。
 

ハイアット セントリック 銀座 東京 知的障害のある作家が生み出す異彩を放つアートを体感「ヘラルボニー」コラボレーションのコンセプトルームプランを継続のサブ画像2

知的障害のあるアーティストが生み出す、異彩を放つアートの力で、訪れるゲストの方々の感性を刺激し、新たな視界や価値観が生み出される宿泊体験を通じて、豊かな気持ちを味わっていただけるようなコンセプトルームをスタンダード、スイートの各タイプで両社が手掛け、乃村工藝社に空間デザイン・施工協力いただきました。期間中、各室一日一組限定でご宿泊いただける特別な客室で、異彩を放つアートをさまざまな素材・手法で取り入れ、「ヘラルボニー」の世界観を楽しめるインテリアに加え、手に取ってご使用いただけるアイテムのセレクトにもこだわり、空間全体を演出します。

提供価格  : スタンダード \33,000~
        スイート \110,000~ 
販売期間  : 2022年8月15日(月)~ 11月30日(水)
宿泊期間  : 2022年8月15日(月)~ 11月30日(水)
客室タイプ : スタンダード、スイート
詳細    : https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/hyatt-centric-ginza-tokyo/tyoct/offers
※上記価格に15%のサービス料、宿泊税を加算させていただきます。
※スタンダードは1~2名、スイートは1~3名でご滞在いただけます。

ハイアット セントリック 銀座 東京 知的障害のある作家が生み出す異彩を放つアートを体感「ヘラルボニー」コラボレーションのコンセプトルームプランを継続のサブ画像3

  • コラボレーションの背景

ハイアット セントリック 銀座 東京は、「メディア」・「ファッション」・「ランドスケープ」・「エンターティメント」の4つのデザインコンセプトに沿ったアートが館内の至る所で楽しめるライフスタイルホテルです。今回はハイアット セントリック 銀座 東京が取り組む、客室のイメージを一変させる初のコンセプトルームとして、ヘラルボニー社とのコラボレーションが実現しました。ホテルを訪れる旅慣れたトラベラーにも、ヘラルボニー社がキュレーションを手掛ける障害のある作家が生み出す、才能あふれるアートとのコラボレーションでアートの素晴らしさを実感してほしいという想いのもと、唯一無二のコンセプトルームに仕上がっています。
 

  • ハイアット セントリック 銀座 東京 総支配人 内山渡教コメント

ハイアット セントリック 銀座 東京 知的障害のある作家が生み出す異彩を放つアートを体感「ヘラルボニー」コラボレーションのコンセプトルームプランを継続のサブ画像4

私共にとって初となったコンセプトルームのコラボレーションは、5月の発売以来お泊りいただいたゲストからも非常にポジティブなフィードバックをいただいております。また、ハイアット内においてもDE&Iの優れた取り組みとしてグローバルの社内報に採り上げられるなど、その意義は着実に社会への認知を拡げています。両社のブランドの個性が彩るコンセプトルームでの滞在を通じて、更に多くの方々にヘラルボニー社の取り組み、アーティストの世界観を体感していただき、新たな視界や価値観への気付きとなることを願っています。
 

  • 株式会社ヘラルボニーについて

ハイアット セントリック 銀座 東京 知的障害のある作家が生み出す異彩を放つアートを体感「ヘラルボニー」コラボレーションのコンセプトルームプランを継続のサブ画像5

ヘラルボニーは「異彩を、 放て。」をミッションに掲げ、 福祉を起点とした新たな文化の創造を目指す福祉実験ユニットです。日本全国の主に知的な障害のある作家や福祉施設とライセンス契約を結び、2,000点以上のアートデータを軸に作品をプロダクト化するアートライフスタイルブランド「HERALBONY」、建設現場の仮囲いに作品を転用する「全日本仮囲いアートミュージアム」など、福祉領域の拡張を見据えた多様な事業を展開しています。社名の「ヘラルボニー」は、知的障害がある両代表の兄・松⽥翔太が7歳の頃に⾃由帳に記した謎の⾔葉です。「⼀⾒意味がないと思われるものを世の中に新しい価値として創出したい」という意味を込めています。

会社名:株式会社ヘラルボニー / HERALBONY Co.,Ltd.
所在地:岩手県盛岡市開運橋通2-38
代表者:代表取締役社長 松田 崇弥、代表取締役副社長 松田 文登
公式サイト :https://www.heralbony.jp
ECサイト :https://www.heralbony.com
 

  • 乃村工藝社について

1892 年の創業。乃村工藝社は、商業施設、ホテル、企業PR 施設、ワークプレイス、博覧会、博物館などの企画・設計、施工から運営管理までを手掛ける空間の総合プロデュース企業です。全国9 拠点や海外で事業展開し、プランナー、デザイナー、プロダクトディレクターなどの専門職が総計1,000 名以上在籍しています。創業から130 年以上にわたり培ってきた総合力を活かし社会課題の解決につながる空間価値の提供で、人びとに「歓びと感動」をお届けしています。
公式サイト:https://www.nomurakougei.co.jp/
乃村⼯藝社オウンドメディアnomlog:https://www.nomlab.jp/jp/nomlog/
関連記事:「アートと空間デザインの共鳴で社会を変える_HYATT CENTRIC GINZA TOKYO HERALBONY ART ROOM」(https://www.nomlab.jp/jp/nomlog/detail/175
 

  • ハイアット セントリック 銀座 東京について 

「ハイアット セントリック 銀座 東京」は、銀座の街を縦横無尽に楽しむことができる東京・銀座の代表的な通りのひとつ・並木通りに位置します。世界を代表するラグジュアリーブランドやグルメ、数々の老舗店が集結。常に新しい文化を柔軟に受け入れつつ、伝統を大切にしてきた「銀座」。そんな「銀座らしさ」をユニークなカラーとデザインに落とし込んだ164室の客室は機能と快適性を兼ねた開放的な空間です。
3FフロアのオールデイダイニングNAMIKI667は、斬新なインテリアと新しいメニューで、銀座の新たな食事体験をご提供します。又、バーエリアでは、常に変化する銀座の街を様々なカクテルとこだわりのバーメニューで彩ります。並木通りを望むテラスで、思い思いのひと時をお過ごしください。

新旧の文化が交差する「銀座」の新しい旅の拠点として、旅に関する優れたアンテナを持ち、常に旅先での新しい発見を追い求め、それを仲間とシェアすることに喜びを感じる“アクティブトラベラー”の限りない探検をサポートします。Facebook( https://www.facebook.com/hyattcentricginza/ )、Instagram( https://www.instagram.com/hyattcentricginza/ )、Twitter( https://twitter.com/HyattCentricGNZ )で、@hyattcentricginza, @HyattCentricGNZをフォローしてください。

■ホテル名   : ハイアット セントリック 銀座 東京 | Hyatt Centric Ginza Tokyo 
          総支配人:内山渡教(うちやまただのり)
■開業日    : 2018年(平成30年)1月22日(月)
■インテリア設計: 株式会社ストリックランド代表赤尾洋平(あかおようへい)
■所在地    : 東京都中央区銀座6丁目6-7 
■TEL      : 代表03-6837-1234 
          宿泊予約03-6837-1313 
■公式サイト  : http://hyattcentricginza.jp
■延床面積   : 11,905.23 m2
■ホテル施設    客室数:164の客室とスイートルーム35 m2〜127 m2
          料飲施設:ダイニング, バー&ラウンジ630 m2
          会議施設:レストラン内個室プライベートダイニングルーム86 m2
          その他:フィットネスジム80 m2
■フロア構成    1階        エントランス
          3階        「NAMIKI667」
          4階        レセプション、ライブラリー、フィットネスジム
          5〜12階      客室
          地下        駐車場(機械式)

【アクセス】 東京メトロ銀座駅徒歩3分(日比谷線・丸の内線・銀座線)
JR線有楽町駅徒歩7分(山手線、京浜東北線)
JR線新橋駅徒歩7分(山手線、京浜東北線)
羽田空港まで車で約30分/成田空港まで車で約80分
 

  • ハイアット セントリックについて 

常に抜群のロケーションに位置するハイアット セントリックはフルサービス ライフスタイル ホテルブランド。さまざまな活動の中心にいたい旅慣れたお客様を、新しい発見に満ちた冒険の旅へ誘うために作られたホテルです。それぞれのホテルがロビーにお客様同士の交流の場を提供する一方、館内のバーやレストランは、地元で人気のホットスポットとして、愉快な会話、地元の味覚にインスパイアされたメニューやシグネチャーカクテルが味わえます。客室は機能的で過不足ないモダンな設えです。熱い心でおもてなしするスタッフが、地元の食やナイトライフなどホットな情報を揃えてお客様をお迎えします。
詳しくはhyattcentric.com(https://www.hyatt.com/ja-JP/brands/hyatt-centric)をご覧ください。Facebook(https://www.facebook.com/hyattcentric/)、Instagram(https://www.instagram.com/hyattcentric/?hl=ja)で、@HyattCentricをフォローしてください。また、旅の思い出にハッシュタグ「#HyattCentric」を付けた写真の投稿もお待ちしています。

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments