木曜日, 9月 29, 2022
ホームイベント国内外から注目を集める女流画家ウー・シャンの日本初個展を銀座で開催

国内外から注目を集める女流画家ウー・シャンの日本初個展を銀座で開催

ホワイトストーンギャラリー銀座新館にてウー・シャン個展『光彩の連続性』開催

この度ホワイトストーンギャラリー銀座新館(東京都中央区銀座6-4-16)では、女流画家ウー・シャンの個展『光彩の連続性』(英タイトル:Lustrous Continuum)を、2022年7月22日(金)〜8月27日(土)の期間において開催いたします。日本では初となるウー・シャンの個展をギャラリー会場とオンラインエキシビジョンの両方でお楽しみ頂けます。

国内外から注目を集める女流画家ウー・シャンの日本初個展を銀座で開催のサブ画像1_ウー・シャン《Global Santa》2021, 100 × 80cm , カンバス 油彩ウー・シャン《Global Santa》2021, 100 × 80cm , カンバス 油彩

  • 展覧会について

常に進化し続けるウー・シャンは抽象表現主義を追求、その鮮烈な色遣いと筆勢、シュールレアリスティックな世界観で観る者を魅了してきた。メディウムのひとつである発光顔料が色彩の強度を際立たせ、混沌としつつも絶妙な調和を見せるウー・シャンの色面構成。これまでも自然や環境とのかかわりにおける人間にフォーカスしてきたが、今展ではより自然環境や広範な「生そのもの」へと関心が移行。人間に起こる現象は肉体を超え、追憶や内省といった感情のうねりは豊かな光彩が波打つ時空と拮抗しながら統合されてゆく。ウー・シャンの絵画からはさまざまな時代のスタイルが断片的に喚起されるが、映し出されているのはあくまで現在の世相である。

ウー・シャンは1986年中国生まれ。カッセル芸術大学(ドイツ)を経て、2009年には四川美術学院油画科を卒業、その後北京の中央美術学院研修生過程で学んだ。現在も北京を拠点に制作を続ける。これまでに北京悦美術館で個展を開催したほか、北京現代美術館などでも展示、好評を博した。メルセデス・ベンツ国際ファッション週間では3年連続コラボレーションし、多方面から注目されている。国内外の多くのコレクターや機構などに収蔵多数。

抽象表現主義は、第二次世界大戦での欧州の荒廃を背景にニューヨークで生まれ花開いた。21世紀のアジアを舞台に、さらに2019年の世界的パンデミックを経た今、ウー・シャンの抽象表現主義は何を吸い上げ、どこへ向かうのか。
すべての前衛が行きつくところである「色」。
解放された色彩の生命力をぜひその目でお確かめください。
 

  • 出品作品

国内外から注目を集める女流画家ウー・シャンの日本初個展を銀座で開催のサブ画像2_ウー・シャン《Release of Essence》2022, 150φcm , カンバス・油彩ウー・シャン《Release of Essence》2022, 150φcm , カンバス・油彩

国内外から注目を集める女流画家ウー・シャンの日本初個展を銀座で開催のサブ画像3_ウー・シャン《Unable to Distinguish》2022, 80 × 60cm , カンバス 油彩ウー・シャン《Unable to Distinguish》2022, 80 × 60cm , カンバス 油彩

国内外から注目を集める女流画家ウー・シャンの日本初個展を銀座で開催のサブ画像4_ウー・シャン《Shining Moonlight》2022, 100φcm , カンバス・油彩ウー・シャン《Shining Moonlight》2022, 100φcm , カンバス・油彩

国内外から注目を集める女流画家ウー・シャンの日本初個展を銀座で開催のサブ画像5_ウー・シャン《Heard the Sound of the Waves》2022, 40 × 30cm , カンバス 油彩ウー・シャン《Heard the Sound of the Waves》2022, 40 × 30cm , カンバス 油彩

国内外から注目を集める女流画家ウー・シャンの日本初個展を銀座で開催のサブ画像6_ウー・シャン アトリエにてウー・シャン アトリエにて

 

  • 作家プロフィール:ウー・シャン

国内外から注目を集める女流画家ウー・シャンの日本初個展を銀座で開催のサブ画像7_ウー・シャンウー・シャン

1986年重慶生まれ。抽象表現主義に取り組む若手アーティスト。2007年、ドイツのカッセル芸術大学で学び、2009年四川美術学院の油絵科を卒業、その後北京の中央美術学院研修生過程で学んだ。以降、プロのアーティストとして北京で活動している。
ウーの作品は非常に興味深く、色の使い方、特に純度が高くコントラストの強い色を得意とし、一見対照的な数々の明るい色を混ぜ合わせているが、それらは調和している。 また、作品には誰もが共感できる深みと広がりのある感情が込められており、中国の女性アーティストにはあまり見られない特徴である。 一見、自由闊達に見える彼女の作品には、綿密な計算と合理性が反映されている。彼女の作品は冒険心を表し、世代を超えた人々を魅了し続けている。 そのユニークな作風から、メルセデス・ベンツやチャイナ・ファッション・ウィークなどの有名ブランドと3年連続でコラボレーションし、国内での展示会も盛んに行われている。
 

  • 作家経歴 / Biography

個展

2022  『Light of Nature』ホワイトストーンギャラリー、中国・香港
2021  『Unscheduled Art Fair』ホワイトストーンギャラリー、中国・香港
2020  『Color & Comfort』Art-L Gallery、中国・上海
          『Color & Comfort』Art-L Gallery、中国・蘇州
2019  『Explore The Secrets』北寧文化創意中心、中国・天津
2018  『Beauty Presents You Knockout Drops』北京錦都芸術センター、中国・北京
2016  『The Dance of Colors』Tong Gallery、中国・青島
2015  『World of Colors』Enjoy-art Museum、中国・北京
2014  『No Frosting』Today Art Museum、 中国・北京

主な所蔵先

He Xiang Ning Art Museum(中国・深セン)/ Today Art Museum(中国・北京)/ MOCA Beijing Museum(中国・北京)/ Enjoy-art Museum(中国・北京)/ Times Art Museum(中国・北京中国)/ Yuan Museum(中国・北京)/ 北京金都芸術センター、Art-L Gallery、High-Five Design etc.

メディア掲載

《今日中國美術》郭曉川 編、中國文史出版社、第1版、北京、2019年9月発売
《Flame —— 吳霜藝術作品集》吳霜著、團結出版社、第1版、2018年8月発売
《魅惑 —— 吳霜作品對話》、東方藝術大家雜誌、2014年5月上旬号掲載
《吳霜作品》、中國當代藝術文獻2010、邵琦主編、湖南美術出版社、2010年7月発売
《吳霜 —— 藝術即體驗》、當代藝術雜誌、2012年11月号掲載
《吳霜 —— 藝術即體驗》、鳳凰生活周刊、第81号、2012年9月発売
《王小箭 —— 吳霜作品的秘密》中國青年藝術家、流動藝術、彭峰編著、江西美術出版社,2013年9月発売
《遐想中的靈魂迸發 —— 訪青年女油畫家吳霜》、神舟雜誌、神舟雜誌社出版、271号掲載 、2015年4月末発売
《愛,是人生最美麗的旅程 —— 吳霜的藝術》、上周刊、2012年第05期掲載
《出世》四川美術學院油畫系第十六屆學生作品展、重慶出版社、2008年12月
《華人誌.藝術卷》河北省文化廳 中央美術學院/匯編.國際標誌刊號
《吳霜;85後藝術家個體樣本》東方藝術大家雜誌、2014年5月号掲載
 

  • 展覧会概要 / Gallery Exhibition

ウー・シャン個展『光彩の連続性』
会期:2022年7月22日(金)〜8月27日(土)
会場:ホワイトストーンギャラリー銀座新館
営業時間:11:00 – 19:00
休館日:日曜 / 月曜
所在地:東京都中央区銀座6-4-16

展覧会詳細はこちら:
https://www.whitestone-gallery.com/ja/blogs/gallery-exhibitions/wu-shuang-lustrous-continuum
 

  • オンラインストアについて

国内外から注目を集める女流画家ウー・シャンの日本初個展を銀座で開催のサブ画像8_​ホワイトストーンギャラリー オンラインストア​ホワイトストーンギャラリー オンラインストア

ギャラリー会場はもちろん、オンラインでも展覧会を楽しめる公式サイト。オンライン展示をはじめとした、作家情報やインタビュー記事など多彩な情報を発信する。また、気に入った作品はオンラインでの購入も可能。専門知識を持つアートアドバイザーとリアルタイムでコンタクトを取れるので、コレクターからアート初心者まで、誰でも購入しやすいシステムを導入している。
URL:https://www.whitestone-gallery.com/ja
 

  • ホワイトストーンギャラリーについて

国内外から注目を集める女流画家ウー・シャンの日本初個展を銀座で開催のサブ画像9

1967 年に東京・銀座にオープンして以来、ホワイトストーンギャラリーは世界と競合できるアートギャラリーとしての地位を確立。銀座・軽井沢の国内店舗に加え、香港(アートの複合ビル HK H Queen's)、台湾にも拠点を構える。ホワイトストーンは、戦後の具体美術・現代アーティスト・新進気鋭の若手アーティストを紹介する、アジアで最も先駆的な画廊のひとつ。

社名: 株式会社ホワイトストーン
代表者: 代表取締役社長 白石幸栄
所在地: 〒104-0061 東京都中央区銀座 5-1-10
設立:1967
URL:https://www.whitestone-gallery.com/ja
Instagram:https://www.instagram.com/whitestonegallery.official/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments