日曜日, 2月 5, 2023
ホーム商品サービス【土屋鞄】職人が本気の遊び心で作る一点モノ「運ぶを楽しむ」シリーズに新作登場。「石を運ぶバッグ」を発表。

【土屋鞄】職人が本気の遊び心で作る一点モノ「運ぶを楽しむ」シリーズに新作登場。「石を運ぶバッグ」を発表。

2021年10月7日(木)から土屋鞄製造所・渋谷店にて展示開始

革製品の鞄や小物を製造販売する老舗「土屋鞄製造所」(本社・東京都足立区)は、職人の高い技術力を活かし、本気の遊び心で作る鞄シリーズ「運ぶを楽しむ」から、第4弾として「水切り石専用バッグ」(非売品)を発表します。土屋鞄製造所・渋谷店(渋谷スクランブルスクエア11F)にて、10/7(木)~10/31(日)の期間限定で展示いたします。

【土屋鞄】職人が本気の遊び心で作る一点モノ「運ぶを楽しむ」シリーズに新作登場。「石を運ぶバッグ」を発表。のサブ画像1

土屋鞄の職人が技術力や知識を生かして、自分だけの運びたい鞄を考える「運ぶを楽しむ」シリーズは、職人の本気の遊び心を通して「わくわく感」や「ときめき」をお伝えしたい、という思いから誕生。

昨年7月に発表した「スイカ専用バッグ」は、Twitterで1日に約1万リツイートと約2.8万の「いいね」を獲得し、SNS上で大きな話題となりました。その反響を受け今年7月に数量限定・価格11万円で販売したところ、約2週間で完売するなどご好評を頂いています。
 

  • 「水切り石を運ぶためのバッグ」誕生まで

​「水切り石専用バッグ」は、川遊びやキャンプが楽しめる秋にぴったりな、水切り石を運ぶための革鞄です。日頃鞄づくりを担当している職人が、子どもの頃水切りに夢中になった懐かしい記憶を思い出して、とっておきの水切り石を運ぶことができたなら…という大人の遊び心から製作しました。

【土屋鞄】職人が本気の遊び心で作る一点モノ「運ぶを楽しむ」シリーズに新作登場。「石を運ぶバッグ」を発表。のサブ画像2

【土屋鞄】職人が本気の遊び心で作る一点モノ「運ぶを楽しむ」シリーズに新作登場。「石を運ぶバッグ」を発表。のサブ画像3

【土屋鞄】職人が本気の遊び心で作る一点モノ「運ぶを楽しむ」シリーズに新作登場。「石を運ぶバッグ」を発表。のサブ画像4

 

  • プロの使用シーンをイメージした、水切りに最適な機能性と遊び心のあるデザイン

片手で石の出し入れが可能で、流れるような動作で石が投げられる設計など、水切り石のプロの使用シーンをイメージした実用的な機能性を備えています。大きさは、水切りがしやすい石に最適なサイズ感。石を拾う・投げるの両方に適した、肩にかけることも腰に付けることもできる、便利な2way仕様のベルトタイプです。

【土屋鞄】職人が本気の遊び心で作る一点モノ「運ぶを楽しむ」シリーズに新作登場。「石を運ぶバッグ」を発表。のサブ画像5_▲ベルトは肩掛けも腰巻きもできる便利な2way仕様。▲ベルトは肩掛けも腰巻きもできる便利な2way仕様。

デザインは外から石がちらりと覗き、「運ぶを楽しむ」というコンセプトを形にした遊び心を表現。職人によるフリーハンドで裁断された本体部分のアウトラインは、あえて不揃いにすることで1つとして同じものはない石をイメージしています。

【土屋鞄】職人が本気の遊び心で作る一点モノ「運ぶを楽しむ」シリーズに新作登場。「石を運ぶバッグ」を発表。のサブ画像6_▲外から石がちらりと覗くデザイン。▲外から石がちらりと覗くデザイン。

 

  • つるっとした石に馴染む、上品なイタリア産牛革で経年変化が楽しめる

素材には、滑らかな手触りのスムースレザー「イタリアンショルダーヌメ革」を使用し、つるっとした石に馴染む素材感を演出。上質な品のある仕上がりで、経年変化を楽しめます。

同じ素材は土屋鞄のビジネスバッグシリーズにも使われており、頑強な革質です。
内装には防水レザーを使用しているため、革の風合いと柔軟性を保ちながら水にも強く安心です。

【土屋鞄】職人が本気の遊び心で作る一点モノ「運ぶを楽しむ」シリーズに新作登場。「石を運ぶバッグ」を発表。のサブ画像7

 

  • 美しい革の曲線を生み出す職人技の逸品

​職人技の見どころは、平面な革を立体に成形する“絞り加工”と呼ばれる技法で生まれた、丸い石が入るために最適な美しい曲線です。

絞り加工は革に水を含ませ繊維を伸ばす時間を見極めたり、木型で伸ばす力加減が難しく、高い技術力が必要なため、職人がじっくりと時間をかけ丁寧に仕上げています。

【土屋鞄】職人が本気の遊び心で作る一点モノ「運ぶを楽しむ」シリーズに新作登場。「石を運ぶバッグ」を発表。のサブ画像8_▲平面な革を立体に成形する“絞り加工”▲平面な革を立体に成形する“絞り加工”

【土屋鞄】職人が本気の遊び心で作る一点モノ「運ぶを楽しむ」シリーズに新作登場。「石を運ぶバッグ」を発表。のサブ画像9_▲丸い水切り石がぴったり収まる形に▲丸い水切り石がぴったり収まる形に

【土屋鞄】職人が本気の遊び心で作る一点モノ「運ぶを楽しむ」シリーズに新作登場。「石を運ぶバッグ」を発表。のサブ画像10_▲「水切り石専用バッグ」を制作した職人・難波(なんば )▲「水切り石専用バッグ」を制作した職人・難波(なんば )

 

  • SNS上で大きな話題となった「運ぶを楽しむ」シリーズ

「運ぶを楽しむ」は、2020年7月から始まった、土屋鞄の職人が日々磨き続けている技術や知識を活かし、本気の遊び心で作る鞄シリーズです。「新型コロナウイルスの影響で心休まらない状況だからこそ、職人の本気の遊び心を通して、わくわく感やときめきをお伝えしたい」という思いから誕生しました。「運ぶを楽しむ」をテーマに職人が考えた、自分だけの運びたい鞄で、本気の遊び心をお届けします。

過去に同シリーズでは「スイカ専用」や「ワイングラス専用」、「雪だるま専用」(非売品)のバッグなどを開発し、SNS上で大きな話題となりました。その反響を受けて今年7月には「スイカバッグ」を数量限定で販売したところ完売するなど、ご好評をいただきました。

【土屋鞄】職人が本気の遊び心で作る一点モノ「運ぶを楽しむ」シリーズに新作登場。「石を運ぶバッグ」を発表。のサブ画像11_▲スイカバッグ▲スイカバッグ

【土屋鞄】職人が本気の遊び心で作る一点モノ「運ぶを楽しむ」シリーズに新作登場。「石を運ぶバッグ」を発表。のサブ画像12_▲雪だるまバッグ▲雪だるまバッグ

【土屋鞄】職人が本気の遊び心で作る一点モノ「運ぶを楽しむ」シリーズに新作登場。「石を運ぶバッグ」を発表。のサブ画像13_▲ワイングラスバッグ▲ワイングラスバッグ

 

  • 展示概要

■展示場所:土屋鞄製造所 渋谷店
■展示期間:2021年10月7日(木)~10月31日(日)
■住所:〒150-6101 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア11F
■営業時間:10:00〜20:00  ※当面の間、営業時間を変更しております。
      店休日 渋谷スクランブルスクエアの休館日に準ずる
■URL:https://tsuchiya-kaban.jp/pages/shop_shibuya

【土屋鞄】職人が本気の遊び心で作る一点モノ「運ぶを楽しむ」シリーズに新作登場。「石を運ぶバッグ」を発表。のサブ画像14_▲土屋鞄製造所 渋谷店▲土屋鞄製造所 渋谷店

 

  • 土屋鞄製造所について

会社概要
・会社名:株式会社 土屋鞄製造所
・代表取締役社長:土屋成範
・所在地(本社):〒123‐0841 東京都足立区西新井7‐15‐5
・事業内容:オリジナルブランドでの皮革製品を中心としたランドセル、鞄・小物の企画・製作、及び販売。
【URL】 https://tsuchiya-kaban.jp

1965年創業、東京でランドセル職人が立ち上げた工房を発祥とする、革製品ブランド。工房を併設した西新井本店と軽井澤工房店、大人向け革鞄専門店14店舗(国内12、海外2)、ランドセル専門店10店舗、あわせて26店舗を構える。

▼ スタッフが感じた日々の素敵な一瞬をシェアしています。
Facebook https://www.facebook.com/tsuchiyakaban
Instagram https://www.instagram.com/tsuchiya_kaban
Twitter https://twitter.com/tsuchiya_kaban

お客様お問い合わせ先
電話:0120-907-647(平日10:00~17:00)
メール:support@tsuchiya-kaban.com

ご掲載に関するお問い合わせ先
株式会社 土屋鞄製造所 広報担当: press@tsuchiya-kaban.com

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments