火曜日, 12月 6, 2022
ホームイベント日本国内のアートシーンを活性化するアートアワード「WATOWA ART AWARD 2022」

日本国内のアートシーンを活性化するアートアワード「WATOWA ART AWARD 2022」

アーティスト、キュレーター、コレクターなど15名による審査対象作品、募集開始

アートプロジェクトプロデュース集団「WATOWA GALLERY(ワトワギャラリー)」の主催により、2021年に始動した新たなアートアワード「WATOWA ART AWARD」を本年も開催いたします。2022年度受賞者を選出するにあたり、2022年6月20日(月)より作品募集を開始いたしました。

日本国内のアートシーンを活性化するアートアワード「WATOWA ART AWARD 2022」 のサブ画像1

未来を担う新しい才能の発見を目的とするWATOWA ART AWARDでは、20~45歳と幅広い年代のアーティストを対象とすることで、次世代の若い才能はもちろん、これまで活動の場が限られてきた中堅作家にもスポットを当て、作品発表の機会を創出。アート教育を担う有識者、国内外で活躍するアーティスト、インキュベーションを行うキュレーターやアートコレクターなど、アートアワードとしては異例の、年代もジャンルも異なる15名もの審査員を迎え、それぞれの知見により審査作品へのフィードバックを行うなど、受賞者との積極的なコミュニケーションを図ることで今後の活動を支援いたします。

2回目となる今回は、6月20日(月)~9月16日(金)の募集期間後、画像資料による一次審査、作品実物による二次審査を経て、12月19日(月)~26日(月)に開催する「WATOWA ART AWARD 2022 EXHIBITION」にて、ファイナリスト作品の展示とともに受賞作品を発表。グランプリにはWATOWA GALLERYプロデュースによるソロエキシビジョンの開催権、準グランプリにはグループエキシビジョンへの参加権を授与するとともに、グランプリにはソロエキシビジョンに向けた制作協力金50万円を提供いたします。審査員賞も設置し、各ジャンルにおいて活躍する審査員毎に様々なサポートを用意いたします。

WATOWA GALLERYはこれまで、数多くのエキシビジョンおよびプロジェクトのプロデュースを行い、アート・コミュニケーションの場を提供して参りました。独自の感性で演出する展示空間により、限られた専門家だけでなく、業界や年代を超えた多くの方に、カルチャーとしてのアートを楽しんでいただいております。また、来場者が若手作家を支援する第一歩として、500円からのドネーション制入場料を設けることで、アートシーンへの理解と親近性を深める取組みを行っております。(*本アワードは、これまでに集まった寄付により運営、開催いたします。)WATOWA ART AWARDでは、これらを拡大するため、より多くのアーティストに発表の場を提供し、世界での活躍に向けた実戦的で継続的な支援を行って参ります。

国内アート市場の活性化を目指すWATOWA GALLERYのアートアワードに、ぜひご注目ください。

============================================================

開催概要

WATOWA ART AWARD 2022

アートプロジェクト・プロデュース集団 WATOWA GALLERYが主催する、
アーティスト支援と国内アートシーンの活性化を目的とした新たなアートアワード
http://www.watowa.jp/news/2022/06/post-10.html
 

審査員:
鬼頭健吾(アーティスト / 京都芸術大学大学院教授)、大庭大介(画家 / 京都芸術大学大学院准教授)、薄久保香(画家/アーティスト/東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻准教授)、山本浩貴(アーティスト / 文化研究者 / 金沢美術工芸大学講師)、椿昇(現代美術作家 / 京都芸術大学 教授 / 東京芸術大学 客員教授)、ヒロ杉山(アーティスト / WAVE プロデューサー /ENLIGHTMENT 代表)、山峰潤也(キュレーター/株式会社NYAW代表取締役/一般財団法人東京アートアクセラレーション)、久保田真帆(MAHO KUBOTA GALLERY ディレクター)、牧正大(MAKI Gallery オーナー)、芦川朋子(WAITINGROOM・オーナー / ディレクター)、千葉由美子(Yumiko Chiba Associates 代表取締役)、家入一真(株式会社 CAMPFIRE 代表)、草野隆史 (株式会社ブレインパッド 代表 代表取締役社長)、寺内俊博(西武・そごうアートディレクター)、小松隆宏(アートプロジェクト・プロデューサー / WATOWA INC.代表 / WATOWA GALLERY 代表・プロデューサー / 演出家) *15名 順不同

主催:
WATOWA GALLERY(WATOWA INC.)
Shibuya office elephant STUDIO
〒150-0002 東京都 渋谷区 渋谷 2-7-4 elephant STUDIO 3F
HP. http://www.watowa.jp IG. @watowagallery

問合せ先: gallery@watowa.jp *メールのみ

============================================================

募集要項

応募資格   募集および開催期間中に日本在住の20歳以上45歳以下の方

募集内容   未発表の平面作品(壁面設置可能な立体作品も可)
       1人または1グループにつき1作品
       500×400mm ~ 1500×1200mm / 厚さ30 ~ 300mm / 20kg 以内

応募方法   一次審査
       作品画像 / ポートフォリオ /規定応募用紙(ステイトメント、プロフィールなど) をメール送付
       2022年6月20日(月)~9月16日(金) 23時59分 必着
       *11月上旬にメールにて合否通知予定
       
       二次審査
       作品実物を送付  
       2022年11月9日(水)~11月13日(日) 必着
       *12月5日(月)にメール/SNSにてファイナリスト発表
       *応募方法は下記URLにてご確認ください。
       https://forms.gle/trjziQWXHc7vQzwT9

参加費    無料 *二次審査の作品送料のみ自己負担となります。

贈賞     ① グランプリ WATOWA GALLERY プロデュースによるソロエキシビジョン開催
         WATOWA GALLERYよりソロエキシビジョンに向けた制作協力金50万円
       ② 準グランプリ WATOWA GALLERY プロデュースによるグループエキシビジョン参加
       ③ 各審査員賞 審査員により異なる
       *入賞作品の購入、グループ展参加、作品へのフィードバックなど

審査     有識者 15名により選考

発表     「WATOWA ART AWARD 2022 EXHIBITION」にてグランプリ発表
       ファイナリスト作品展示・販売
       期間:2022年12月19日(月)~26日(月) 場所:調整中 決定次第websiteにて発表

============================================================

代表メッセージ

日本の若手アーティストの活動範囲を広げ、発表するチャンス、そして評価されるチャンスを作りたい。さらに、日本にはまだ根付きの浅いアートコレクターやキュレーターなどのサポーターへのタッチポイントを増やしたい。

経歴やジャンル、年齢は問わず、革新的なアイデアや新しいビジョンを見せてくれる、日本のアート界の未来を担う才能を発見し、サポー トしていきたい。WATOWA GALLERYは、アーティストがこれからの時代で活躍していくための基盤づくりとして、アーティスト一人では作り上げられないようなアートプロジェクトやアートエキジビジョンのプロデュース、空間演出などを手掛けていくと同時に、さらに、作品が世に出るチャンスをアーティストに提供し、その後も継続的な支援を行っていきます。

私たちと一緒に、新時代を作り上げませんか。挑戦し続けるあなたの作品を、私たちは求めています。

WATOWA GALLERY / WATOWA INC.代表
小松隆宏

============================================================

主催者情報

日本国内のアートシーンを活性化するアートアワード「WATOWA ART AWARD 2022」 のサブ画像2

WATOWA GALLERY(ワトワギャラリー)

WATOWA GALLERYは、現在の⽇本のストリートカルチャーやファッション、あるいは独創的かつ先進的なテクノロジーやジャパニーズフィロソフィーを取り⼊れた新しい感性を持つ若⼿の作家を中⼼に、アート・コミュニケーションの場を提供するアートプロジェクトプロデュース集団です。アートがファッションのように親しみやすいカルチャーとなり、ひとりひとりのライフスタイルに溶け込む社会を拓くため、新しい感覚のエキシビションや、アートプロジェクトのプロデュース・演出を⾏い、アートに触れるタッチポイントを拡⼤します。

現在も国内外で評価されている主要なアートムーブメントの多くは、ミュージアムの外で、そして多様なジャンルのアーティストと⽀援者との交流によって⽣まれています。わたしたちは特定のアートスペースを持たず、あらゆる空間をギャラリーと捉え、アートをミュージアムからコミュニティへ、都市へ、住空間へ開放し、ミュージアムの外からさまざまな分野のプロフェッショナルと横断的なアートプロジェクトを発信します。さらに、⽇本の若⼿アーティストの活躍と⽇本の若⼿コレクターの参⼊をサポートし、アーティストと⽀援者の交流を促進します。WATOWA GALLERYを媒介とした新しいコミュニケーションやコミュニティによって、次の時代のアートシーンを創造し、市場の活性化を⽬指します。 

HP. http://www.watowa.jp/news
IG. @watowagallery

CONTACT. info@watowa.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments