日曜日, 9月 25, 2022
ホームイベント自然の中で現代アートを楽しむ展覧会『原泉アートデイズ!2021 〜相互作用〜』

自然の中で現代アートを楽しむ展覧会『原泉アートデイズ!2021 〜相互作用〜』

【アーツカウンシルしずおか】支援団体からのお知らせ

〜「原泉アートデイズ!2021」開催!〜
掛川市北部に位置する中山間地、500名ほどが居住する5つの集落を総称した呼び名である「原泉地区」にて、国内外の現代アーティストたちがアーティスト・イン・レジデンス(AIR)により滞在制作した作品を公開展示する展覧会型のアートイベントの4回目。地域内の旧茶工場や空き施設、空き家等を活用した会場が特徴的です。
原泉地区は、原“泉”という地名の通り泉が沸く地域であり、アーティストたちの、人や自然、現象などの要素とその相互作用から生まれる作品をお楽しみください。

【開催日程】2021年10月14日(木)〜11月28日(日)10:00-16:00 月・火・水休業
【開催場所】静岡県掛川市原泉地区全域 ※展示会場は受付にてご案内
 受付会場:(1)旧原泉第2製茶工場(掛川市萩間702) (2)旧田中屋(掛川市黒俣545-1)
【鑑賞料】自由(完全ドネーション制)
【内容】作品展示、パフォーマンス、ワークショップ、アートストア等
【H P】https://haraizumiart.com
【主催】原泉アートプロジェクト
【支援】アーツカウンシルしずおか

<「原泉アートデイズ!2021」の見どころはココ!>
(1)アーティストが滞在制作を行う「アーティスト・イン・レジデンス」を主軸に、全てのアーティストが原泉地区に滞在して制作した作品を展示します。​

自然の中で現代アートを楽しむ展覧会『原泉アートデイズ!2021 〜相互作用〜』のサブ画像1

(2)展覧会会場は全て、旧茶工場や空き寺、空き家などを活用します。
受付会場は広大な旧茶工場となっており、ここから作品鑑賞やショッピングを楽しむことができます。

自然の中で現代アートを楽しむ展覧会『原泉アートデイズ!2021 〜相互作用〜』のサブ画像2

(3)参加アーティストは海外作家も含む計12組。
第23回岡本太郎現代芸術賞で大賞である「TARO賞」を受賞した野々上聡人や、第24回展で入賞したみなみりょうへいを迎え、パフォーマンスを含む多様なジャンルのアーティストが、新作を発表します。
 中瀬千恵子、野々上聡人、ソノノチ、近藤愛子、安藝悟、Robin Owings、都築透、omedarida(中村優・薮下
穂)、井口貴夫、みなみりょうへい、弓塲勇作、松島家(松島誠、礼、花)

自然の中で現代アートを楽しむ展覧会『原泉アートデイズ!2021 〜相互作用〜』のサブ画像3

(4)おしゃれなレンタサイクルBRUNO BIKE(協力:ダイアテック 株式会社)で、自然の中でサイクリングを楽しみながらアート鑑賞を楽しめます。

自然の中で現代アートを楽しむ展覧会『原泉アートデイズ!2021 〜相互作用〜』のサブ画像4

  • アーツカウンシルしずおかについて

自然の中で現代アートを楽しむ展覧会『原泉アートデイズ!2021 〜相互作用〜』のサブ画像5

アーツカウンシルしずおかは、“視点をかえる 発想をひらく”をキャッチフレーズに、住民主体のアートプロジェクトの支援を中心として、創造性を活かして物事の見方に変化を促し、発想を広げるお手伝いをする組織です。(2021年1月静岡県文化財団内に設置)誰もが持っている創造力が活かされる道をひらき、まちづくりや観光、福祉、教育など社会の様々な分野においてイノベーションが生まれる創造的な地域づくりに貢献します。
https://artscouncil-shizuoka.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments